農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

チーズ工房7

私の画用紙一枚のナグリ書きから、相談に乗っていただいた水道屋さん。
「建築」を全く知らない私たち、今考えると「自分たちで造る」なんて、程遠かったのかも。
あちこちに、プロの職人仕事を目の当たりにして、ただただ関心するのみの建築工程でした。

いろいろなアドバイスを頂き、知らないことを教えていただき、理解して下さり、図面を書いて下さり、施主の私たちより、ずっと作業工程やひょっとしたらこれからのことををもイメージされているのかもしれません。
建物って、こうやってできているんだ、と、本当に勉強になりました。
現場監督不在の中、いろいろな兼ね合いを調整していただき、普段やらない仕事までして下さり、どう感謝したら良いのかわからない仕事っぷりで、支えていただきました。
この建物に恥じないよう、もっともっと美味しいチーズをつくれるよう、頑張ろう、大好きな場所を大切にしていきたい、そんな宝物がうちの敷地にできました。

水道屋さん、軽量鉄骨やさん、左官屋さん、土間屋さん、ペンキ屋さん、資材屋さん、厨房設備屋さん、電気屋さん、ガス屋さん・・・・本当に本当にお世話になりました。

普段、牛関係のお医者さんや薬屋さんくらいしか来ないうちの敷地にいろいろな方が出入りして、人と接するっていいなぁと感じた工期中。
まだまだお客様を受け入れられるような体制ではありませんが、この工房ができたことによって人が集まってくれるようになると嬉しいです。

IMG_1026.jpg

使えるようになるまであとちょっと。
色々気を引き締めて、必要なものを準備しています。
諸先輩方、アドバイス、ご指導・ご鞭撻、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。