農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

おためし

最近のチーズ売り場って、とても広くなっていますよね。
チーズを作るようになって、ナチュラルチーズしか目に入らなくなっていたのですが、蔵王の研修にいって、プロセス業界のおもしろさに目覚め、ちょっと購入してみました。
研修のメンバーは、プロセスの商品開発や研究や製造をしている仲間もいて、色んな話を聞けて刺激を受けたのです。。
美味しさや、トレンドや、消費者ニーズを追求したものが棚に並ぶわけです。そう思うと、情報の宝庫。
塩分や、甘さ、食感はもちろん、最近はフルーツやナッツ、シーズニング入りなどなど色んなものが出ています。求めているから並んでる、だから食べてみようというわけです。
値段は本当にお手頃。明治さんなんて、ほんとうにプロセスといいながらも、食感も味も本格派なものがたくさんでています。
面白いものは、スイーツ系。この機会に食べ比べてみました。



このほかにもレモンやら・・



マンゴーは仲間達が絶賛で、私も便乗。
果肉も入ってて、食感もやわらかで、おいし~。6pより高いだけあります。
それでも一箱298円。。これだけ美味しくて、この値段だったら、いいですね。



クリームチーズ系は、最近フロマージュ・フレをずっと試作しているので、
クリームチーズとの違いや、サワーチーズ、フロマージュ・ブラン、マスカルポーネ、挙げ句の果てにはクロテッドクリームなどなど、、違いはなんなのか、説明するにも自分の中で体系が成り立っておらず、
脂肪分の違いや硬さ、酸味の違いを実感したくて買いました。
マスカルポーネもラムレーズンがあって、今の流行なのでしょう。。
なめらかで美味しくて、定番のティラミスを作りました。



タルタルは、先日のブルサンと食べ比べたくて購入。
お味は、ブルサンの方が好みでした。
タルタル自体はフランスのブランドらしいですが、製造は長野県にあるフランス系の会社のようだけど、総発売元が千代田区のフランス系会社、発売元がチェスコ・・・と、ややこしいことになってます。



ドイツのこちらは、柔らか生チーズですが、とくに種類は書いておらず、ナチュラルチーズという現材料名だけでした。輸入品だからなのか、14ポイント以上とか、8ポイント以上とか、日本のJAS法に基づいた表示の必要性はないのでしょうか。
クランベリー文化になじみがないので、ちょっと食べやすいとは思わないお味でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。