農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

先日産まれたメスの逆子の仔牛。
金曜日に、なくなりました。

どこまで書けるのか。
ブログという特性上、明確には表現できませんが、
牧場の様子を伝えたいという目的から触れたいと思います。

水曜日、仔牛は朝に逆子で産まれました。
お産が始まる母胎の様子も何だかいつもと違い、普段出ていない膜のようなものが出ていました。
(それが何だったのかは解明していません)

異常に気づいたのは、仔牛の初乳の飲みが悪かったことから。
ということで、いつもと違うという感覚はみんなが持っていました。
単に食欲のない仔牛もいるので様子を伺っていました。
それが金曜日の早朝には息が荒く、首があげられない状態に。そのため、すぐに獣医さんに電話をし、来てもらいました。
肛門から調べてみると、腸がつながっていない可能性があると。
便や通常あるはずの粘液がないと。

仔牛の息は荒く、お腹はぱんぱんに膨張しています。
結局助けられず、午後に、細かく調べて頂きました。

やはり腸が途中で切れている状態。

症状としては先天的な腸閉鎖ということになり、そのような場合合併症状もあるということで、手術等を行っても助けられなかっただろうと。

傍らで見ていて、生物の身体は、本当に精密で緻密で、正常な状態が奇跡のようだと思いました。神秘的でさえあります。
一つ一つの器官が、よくぞその機能を担って発達してこの世に誕生してくるのだろう、と。

御義父さんはもう50年も牛飼いをしています。
毎年40産近くを何十年も積み重ねています。

数々のお産の中には色々なケースがあったことも教えてくれます。

どうか、
生き物が、
みんなの喜びの中で、
幸せな形で誕生し、
成長していくことを、
願うばかりです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。