FC2ブログ

農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

ことしは

今年初めに、今年こそはうちの裏、北側の竹林を掃除しようと決めました。
毎日一本ずつ燃やすぞ~~チリも積もればという気持ちでの小さな目標。
今日まで、欠かさず実行しております。
しかも一本どころではなく、10本以上ずつ燃やしています。昨日は朝5時半から、17時まで。
ノコギリで指を切ったりもしていますが、
おかげで、ちょっとずつ面白いようにキレイになっていきます。


私が、この家に来たときに一番、敷地が雑然としている様子として目に付いたのが裏山の古竹の散在している状態でした。ここがすっきりしたら、何かが変わるのかも!と、期待して手を付けました。なんだか、風の通り方、、が変わったような・・・風水上、、どんな影響があるのかなあ。。


100_2776_1.jpg
手を付け始めた竹林の一部。もっと古竹が散在していたんです。
ちょっとビックリしたのは、凄く気になっていた所はうちの竹林ではないらしい。
ということは手を付けられる場所が限られている。
一生懸命、全部キレイにしてやろうとその気になったのにちょっとがっかり・・
所有者のお宅に頼んで、掃除させてもらうか。。何か腑に落ちないなあ



100_2780_2.jpg
少しずつキレイになって、高台のようになってここでお弁当を食べたい感じ。
もっと明るく、掃除したいのになあ。。



100_2774_2.jpg
鬱蒼としたシイタケのホダ木の所も、明るくなって、
ロウバイの良い香りと日差しの気持ちいいスペースになりました。


100_2775_2.jpg
細かい雑木をキレイにしたら、落ち葉の音が気持ちよい公園の散歩道のようになりました。

100_2770_1.jpg
お父ちゃんは、燃やしている竹の所で、一休み。


お父ちゃんと話すのですが、
「自然の中の生活」と一言で言うけれど、うちの周りなんかで、本当のホッタラカシの自然というのは、とっても居心地が悪いよね、、よく言っています。
里山暮らし、田舎生活というのは、
やっぱり、農家なり地元の人が、草刈りや雑木の整理をして、秩序のある自然の管理を気持ちよくしているから、とっても癒されるのだと思います。安心できる自然、居心地の良い癒しとはそう言うものではないか、と。
無秩序な荒れ地は、最近、見ていて疲れる気がするのです・・逆にエネルギーを吸い取られるような。。
これは、私個人の見解かも知れませんが、
自分の家の敷地だけでも、気持ちよい空間作りを実現できればいいなあと頑張りたい一年です。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。