農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2010年02月の記事

春のお花

気がつけばクリスマスローズがたくさん花を付けています。
104_1051_1.jpg
でもやっぱり、道の向こう側に、下を向いて・・・こんなに立派に花をつけているんだから、そんなに恥ずかしがることないのに。。
104_1050_1.jpg

あとは、花壇に植えたいのを我慢して、いろんな鉢に寄せ植えをしました。まだ寒いから、鉢だと移動できますもんね。
104_1027_1.jpg
104_1046_1.jpg

初めてのアネモネ。
104_1047_1.jpg

紅梅もキレイです。
一年草で花壇を飾るのも良いけど、スーパーの野菜と同じで、季節感はよく分からなくなってしまいます。
季節ごとの野草や、花木がやっぱり良いですね。。
104_1053_1.jpg

ペンキを塗ったり、寄せ植えをしたりしている間、子ども達は独自の遊びで楽しんでいます。
今日は、木からぶら下がっているツタでブランコをしていた。。
104_1049_1.jpg

スポンサーサイト

たいそう

写真では伝わらなくてとても残念なのですが、

アイガモ達の、まるで体操をしているかのような身繕い、ずーっと見ていると、とっても面白いんです。

ちょうど、小学生達がラジオ体操をしているように、
ちゃんと、順序があって、みんなで同じような行動をしているように見えました。
凄い勢いで水浴びをそれぞれして、そのあと、入念に体中を頭や足を上手に使ってすみからすみまで丁寧に身繕い。
首がくねくね、背中の裏まで届かせて、胸はクチバシで、お腹は足で・・・こんな動きをするんだ・・と、感心させられます。

一羽がハネをバタバタ広げると、他の子達もあとに続き、本当に仲良しだなあ。。



104_1029_1.jpg
104_1038_1.jpg
104_1035_1.jpg
104_1030_1.jpg
104_1041_1.jpg

ミモザの木下に・・・

あまりに大きく育ったので、激しく剪定をしたら、花芽もたくさん切ってしまったらしく、なかなかお花を咲かせてくれないうちのミモザ。

104_1045_1.jpg

その下にベアグラスがこんもりしていて、のぞき込んでいるのはいーちゃん。
じつは、このベアグラスのうらに、うーちゃんがいて、
104_1042_1.jpg

いーちゃんも一緒に休息。
104_1044_1.jpg

いーちゃん・うーちゃんがいないのを見計らって、ベアグラスの下を見たら、発見!!!
卵が23個も!
104_1026_1.jpg

昨日、春の花達を植えようと、ここに座り込んだら、殺気だった鼻息がして、ネコじゃないし、なんだなんだと、見たら、うーちゃんが、卵を暖めていました。
おとといの午後から、うーちゃんが見あたらず、どこかで、迷子になったか、事故にでも遭ったかと随分心配したのです。「うーちゃんは、いつもぼーっとしているから、迷子にでもなったんだよ!」と言っていましたが、いやいや、うーちゃんは真面目だったんだ。
私達が変化に気づいたのは、それからなので、卵につき始めたのは、2月の18日です。

巣につくような行動は始めましたが、まだ100%の体制ではなさそうです。日中の3分の1と夜は、他の2羽と共に行動をしています。まだ、巣につく練習の様な感じ。いないときに卵をさわったけど、冷たかった・・・

それにしても、23個!!
卵を見かけなくなってから、(以前は、道ばたに産み落としていたので2こずつ発見していたのに・・)
1回、玄関の前に産み落としていたので、24個、これは2羽分でしょうね。ということで、およそ12日前からベアグラスのしたに産み続けていたわけだ。

春になって気温15度くらいになったら、もしかしたら、うーちゃんはヒナを孵してくれるかな~。。

たまご その後・・・

104_0990_1.jpg
ずっと孵化を楽しみにしていたアイガモの卵達。6個。
本気で、第一号孵化予定日の2月11日を待っていました。
暗くなってから、大きい懐中電灯を上向きにして、段ボールに穴を開けて光を搾った状態で観察を毎日続けていました。
血管が見えるとか、固まってきたとか、固定してきたとか、・・『たまごのひみつ』の本と比較し、日にちを換算して、今は中はこんな感じ!と子ども達と確認し合っていました。

予定日2日前、
  卵がかえった夢を見て、
予定日前日には、
  「卵から汁が出始めたーーーーーっ!!!!」と、大騒ぎし、
当日、
   卵が濡れてるものの何の変化もなく、
翌日、
   更に卵が濡れてべたべたした感じですが、軽くなった感じがし、
翌々日
  つまり、今日、更に更に軽くなってきた。そして、臭い。


 あと2日待ってみよう!と、今日まで待ちましたが、確信しました。
 ヒナは産まれまいと。


そして、どうしよう、どうしよう、、、、
   結果、勇気をだして、割ってみました。

雪に降る中、スコップを持って、裏庭へ。

穴を掘って葬ってあげるつもりで穴をほり、

いよいよ、「いくよ!」といって卵を石にぶつけると、

凄い勢いで 破裂!

あっけにとられて、数秒後、
よくよく見ると、ゆるーい感じでユデタマゴ状態~。。。

えーーーー。。??無精卵だったの???
もしくは早い段階で、へその緒的な部分が断絶されて、、生育をしていなかったって事だ~

そして、それを毎日毎日、欠かさず観察していたわけだ・・
特に第1号は、充実した感じがしていたんですが・・・あれは、黄身が固まっていたというだけか。。
そして、予定日前日の水分はあまりにタイミングよく、・・・中の気圧が相当高くなっていたのでしょうね。。「パンッ」という音にもビックリしました。

それにしても凄い爆発でした。
家の中で、くさった卵が飛び散らなくてよかった~危機一髪でした。

なんだか分かりませんが、大笑いでした。

そして、あと5つの卵、どうしよう。。
なんだか、臭いし、なあ。。

電気あんかじゃ、やっぱり無理かなあ。
あとは、卵4号が有望です。(と思いこんでいます。。ちなみに予定日は2月19日。乞うご期待?!)





最近の花壇、
ブラック系のパンジーやら、リーフばかりやら、で、くらーい花壇。
ミモザの花が咲き始めて、梅の花に春を感じ、春らしいお花を久々に買ってきました。
キンギョソウ、リナリア・・花が満開を過ぎたもので、次の花芽準備中のものもあり、50円、ガーベラは、何ともかわいくて、180円也。3股に咲いた葉ボタンは、昭和9年生まれのおじいちゃんからの頂き物。
はやく、植えてあげたいのに、お外は雪でちょっとがっかり。。

早く春よこい~

104_0994_1.jpg

104_0993_1.jpg

雪が降りました。

104_0925_1.jpg

あっという間に溶けちゃいましたが、ほんのちょっとだけ、雪の感じを味わいました。
うちの周りは、しっかり白くなりましたが、保育所の方はほとんど降っていないらしく、うちの車だけが雪を積んでいて、なんだか、えらく山の中に住んでいると思われそう。うちでは雨が降っていますが、ちょっと町へ向かうと、全然降っていないということも多々あります。


104_0908_1.jpg
カモちゃんの卵、屋根をかけたり気をつかったりして守ってあげていましたが、ここに定着はせず、また移動してしまいました。そして、とうとう今日は、探してみてもどこに産んだか見つけられませんでした。果たして産まなかったのか、隠すことを覚えたのか???

104_0910_1.jpg
卵の大きさの比較を。左が鶏卵、右がアイガモの卵です。大きい~

104_0927_1.jpg
全然関係ありませんが、昨年植えたケールとのあいのこ葉ボタンが今年も伸びています。こぼれ種から??!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。