農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2009年11月の記事

ユリが咲きました。

102_0520_1.jpg
チルド保存して、咲く時期をずらしたユリが咲きました。
9月に球根を植えて、11月の3日の文化祭に出展を考えていた鉢ですが、2週間、ずれ込みました。

102_0523_1.jpg
102_0522_1.jpg

この2ヶ月間、ほったらかしだったのに、よく咲いてくれました。
市民会館の講座でもらってきたユリの球根2色、13球を3つの鉢に植えました。
近所に、同じ講座に参加しているおばさまがいて、たまたま一緒に鉢を買って、同じタイミングで植えました。
彼女のユリは、もっと早く咲きました。そして、丈も伸びていて、花も立派に感じました。
毎朝、保育所に行くときに彼女の家の前を通るといつもおじさんが、水をあげていて、台風が来るとか、朝寒くなると聞けばいち早く家の中に入れ、とにかく手のかけ方が、うちのものとは違いました。
とにかく、私は、もっと水をあげればよかったなあ。。と咲く直前になって反省したものです。

文化祭で、20人くらいの講座参加者が鉢を持ち寄ったら、さぞかしおもしろかったろうなあ。。
葉っぱの色とか、茎の伸び方、芽の付き方、それぞれ違うんでしょうもんね。

とにかく、今回育てて、(ホッタラカシでしたが、、)
ユリっていいなあと、また、来年もゼッタイ球根を植えるぞーと思いました。
(でも、お花は鹿の、球根はイノシシの大好物なので、植える場所には細心の注意が必要なのです。)
スポンサーサイト

日曜日に

インド人のお客さまがうちに来ました。
去年も来てくれたお友達が、その友人達を連れて、遊びに来てくれたのです。
大人5人、子ども3人、総勢8名で、狭くて古いうちは相当賑やかで、本格的に床が抜けるかと思いました。
子どもちゃん達は、ちょうどうちの子ども達と同年代。
インドの幼稚園に通っていて、休みの間を利用して、こちらに来ている子もいて、おでこにビンディーというシールがついていたり、赤ちゃんなのにピアスやブレスレットをしていたり、うちの子達にとっては不思議な感じもしたと思います。
皆さん、ヒンドゥー教です。
男性3名は、日本で働いていて、IT、証券という、繊細な情報の中で仕事をしている方々です。
時々、土や、動物、自然といったものが恋しくなるんでしょうか。。

日本語も英語も堪能。
私が、「日本で技術を得て、インドへ帰るんだ~?」
と聞くと、即、否定して、
    「日本へ来る時点で、技術は持っているんです。その技術を使う環境は日本の方が良いんですが。」
と、あくまでも何でもかんでも日本の方が優れているという見方は、もう古いと考えているようです。
実際、もう日本の位置づけって、国際的な視野の中では、以前とは相当変わってきていますよね。
でも、混沌としたインドの国内の様子も強く認識してらっしゃいます。

うちでは、牛を見るのも楽しみの一つのようです。
インドでは、牛は神聖化されているし、生活の一部の風景でもありますもんね。。
匂いとか、懐かしいのでしょうか。

女性二人は、たくさんの料理を作ってくれました。
今回来た一人以外はみんなベジタリアンで、外食はほとんどできないそうです。
炊飯器2つ、圧力鍋、のほか、たくさんの調理器具や、食材・調味料を持ってきて、うちに来て最初から最後まで料理と後かたづけをやっていた感じです。
複数のカレー、ご飯も2種類、さらに生地を伸ばしてその場でチャパティーも焼いてくれました。
そのほか、サラダにデザート・・・
文化の違いなのかなあ、、日本人は、外に出て食べるときには、おにぎりと卵位で~ってうちだけかなあ。。日本人にはない文化なのか、どこでもきちんと食事をしたいという文化なのかしら。。どこかにキャンプに行く感覚かなあ~。

102_0513_2.jpg

とても慌ただしい一日でしたが、やっぱりいろんな文化に触れるというのはとても刺激になります。
特に子ども達には良い経験だっただろうなあ。
大人の男性が瞑想する様子や、食事の時に手で食べる様子など、身近な人の文化の違いや、肌の色の違いを自分の家の中で感じるという経験。不思議ですけどね。

アイガモの話

先日、だんな様は、地域の集まりで当番だったということで、カモ鍋を振る舞いました。とてもおいしいと大評判だったようです。
うちのカモたちの仲間達です。

このカモたちは、米を作っている友達の所で飼われていました。
合鴨農法での米作りを思い立ち、注文をしたら12羽のカモのヒナがゆうパックで送られてきたそうです。
初夏から盛夏にかけ、イネにつく害虫や、田んぼの雑草を食べてくれていましたが、大人になり、穂に米が実ってくると、大事なそのお米を食べてしまうそうです。
そのころに、田んぼから出し何の目的もなく、餌をやらなければならない毎日。やっぱり、生き物を飼うと言うことはそう簡単な事じゃありませんね。
そして、一般的な合鴨農法の通り、絞めて食す、命をいただいてきました。
以下、私はだんな様の話を聞いただけです。

仲間5人で、アイガモを絞める為に集まりました。作業は、2日間。
イノシシも既に何回もさばいている仲間達でしたが、アイガモは初めてだったそうです。
とがらせた針金で、首の頸椎の部分を挿すと、心臓は動いているけど、くたっとなってそこからは、方法に従って、さばいていったそうです。胸肉を一枚にするために・・のような手順がちゃんとあるそうです。酪農家を手伝う都会育ちの20代の女の子も、ちゃんとやり遂げたらしい。手順の本を読むのは、小学生の女の子、、この漢字読めないよ~とか言いながら、一人一羽ずつさばいたそうです。
とにかく大変だったのは、毛をむしる作業、、綿毛の様な羽毛がモワモワモワモワ、風上に移動しながらの作業だったそうです。

とにかく、やらなきゃ何も分からないよ。と言われました。
おっしゃるとおり、今の私には何も分からないんだと思います。想像もつきません。
手順を呼んでいた小学生の女の子は、イノシシの解体の時も最初から最後までずっとそばにいるような子で、解体中の内蔵を見て、「肉じゃがみたいだ」とか、表現していました。
こういう経験を自然にできるのは、やっぱり凄いことだと思います。


まだうちの子達は、
この2日間には参加しませんでした。
とにかくうちに残った3羽をかわいがってくれれば、よいなあと思います。


最初の頃は、寝ている姿も、食べている姿も見せませんでしたが、今は若干慣れたようで、
私達がいても餌をついばむようになってくれました。
102_0483_1.jpg
水が大好きで、タルに入って嬉しそうにしていたので、オレンジの入れ物にも水を入れてあげました。

102_0481_2.jpg
102_0503_2.jpg

うちでは、ハウスの骨組みをネットで囲って、扉を付けました。
102_0501_1.jpg

うし

102_0505_1.jpg

11月に入り、牛の出産ラッシュです。既に6頭産まれました。そのうち、今日のもですが2頭が死産でした。
なかなかお産は難しいものです。

このまえの日曜日の出来事。
だんな様が不在で、私が牛にお昼ご飯を食べさせて牛床の糞をさらっていたら、お産の気配のある母牛がいました。一定の間隔でいきんでいたので、ぷらぷら遊んでいた4歳の息子ちゃんを呼んで、手をつないで一緒に見ていました。なんとなく、これでいいのか?という感じだったので、息子ちゃんだけ薄暗い牛舎の中、母牛の尻もとに残し、おじいちゃんを呼びに行きました。

戻ってくると、息子ちゃんが大泣き。
どうしたの?と聞くと、
「うーん、うーん、ぱーん!って、なったの、じょじょじょーって、でたの~」
おかあさんおそい~、え~ん。と。

どうやら、牛が数回いきんで、破水し、羊水が流れ出したらしい。
そうこうしてたら、2度目の破水。風船状に膨らんで、ぱーんと割れて、茶色の液がどーっと出ました。
息子ちゃん、破水の様子を見るのは初めてだったので、なるほど、これをひとりぼっちで見ていたら、びっくりするだろうな。。

私達が大騒ぎしていたので、普段だったら様子見で「まだまだだろー」と悠長に構えているおじいちゃんが来て、手を突っ込んで確認してくれました。
すると、逆子であることを発見!
通常だと、前足から出て、頭が出るので、へその緒がきれて呼吸が始まっても空気が吸えますが、逆子だと、足から出てきて、へその緒が切れて呼吸が始まってしまっても頭はまだお腹の中なので、羊水を吸って溺死してしまいます。逆子の自然分娩はほぼ確実に死亡です。

こりゃ大変だと、そこから大急ぎで、だんな様を呼びに行き、
体制を整えて一気にひっぱり、無事出産。
通常きれいな白の部分が茶色に染まった仔牛が産まれました。
予定日を何日も過ぎていたので、お腹の中でウンチをしてしまっていて、羊水が汚れていたのだそうです。上の写真の仔牛がこのときの子で、息子ちゃんはパーちゃんと名付けました。

この出来事を、翌日の月曜日に保育所で所長先生と副所長先生に一番にお話ししたらしい。
あとで、先生達が、私に教えてくれました。
「モーちゃんがね、うーんうーんぱーんって、はすいしてね、おじいちゃんがてをつっこんでね、さかごだったの。」って、教えてくれましたよ~と。
息子ちゃん、よく、伝えられたな。。というか、よく、先生達は理解してくれたな~。
改めて、、一人で見ていて怖くて大泣きしたことも私が詳しく説明したら、先生も涙を拭きながら聞いてくれました。
息子ちゃんは、なんだかちょっと大変な経験をしたことで、お兄ちゃんになった感じでした。

このお話には続きがあって、
このパーちゃんのお母さん、本日産後4日目なのですが、獣医さんに見てもらった所、乳房4つのうち2つが管が通っておらず、ある意味奇形だとか。具合もよくなく、苦渋の決断で、屠場に出すことになりました。夜にお迎えが来て、ドナドナのように連れて行かれました。
「パーちゃんのお母さん、具合が悪くて、とじょうに連れて行かれるよ、お肉になって、○田屋スーパーに並ぶことになる。」と子ども達に伝えました。
お姉ちゃんは、一言「しょうがないんだよ。」と、大人のような感じで言いました。
息子ちゃんは、「しんだ?しんだ?」と。
うーん、おとなにとっても理解して納得するにはちょいと難儀なこと。
でも、子ども達には、ややこしくなくシンプルで自然なこととして、各々の段階で理解していくのでしょう。
おねえちゃんは、連れて行かれるとき、「かわいそう。」と、言いました。
これも、純粋な感情ですよね。


お産が多かったので、お仕事もその分イレギュラーが続き、
トラブルも少々多かったように感じます。

間もなく予定日なのに、おっぱいが張ってこないのでおかしいと思って獣医さんに見てもらったら、お腹の中がからっぽだった。今からまた種付けして10ヶ月タダ飯は食べさせられないから、市場に出す。とか、
逆子で死んでしまったとか、
産後のひだちが悪いとか、
9割の可能性でメスが出るはずの種で、オスが出てしまって、あらら、、とか、

なんだか、いろいろです。








アイガモ

今朝、5時起きで実家を出て、帰ってくると、
おうちに、アイガモが3羽いました。

今年アイガモ農法に挑戦したお友達が、農閑期に入るので、絞めます。ということで、だんな様がお手伝いに・・そこで連れてきてもらいました。アイガモは、マガモとアヒルとの雑種で、いつも鳴いているからナキアヒルとか、アヒルガモとかいわれているそうです。


最終的には11羽、ヒナのうちに1羽500円で購入したそうです。
田植えの時期に放して、雑草や害虫を食べてもらって、収穫が終わると、食用に処分されるものなんだそうです。
減農薬と、畜産的意味合いがメリットと、広まったようですが、食用としての価値はそんなに高くないようです。合鴨農法は自然農法だということはいわれていても、やっぱり、半年ほどで絞められてしまう実態というのは、よく知られていないと思います。
飼い主のお友達は、やっと餌やりから解放される~と、言っていました。これが現実でしょうか。
アイガモの飼育は難しいようです。(でも餌は何でも食べるそうで、ドッグフードでもそうめんでも~って。。)でも、自然に帰す、というか、野生に放しちゃうのは禁止されているそうです。
102_0463_1.jpg
102_0469_1.jpg
102_0464_1.jpg
102_0468_1.jpg

イタチやら、キツネやらにやられてしまう可能性もあります。あめちゃんも相当狙っています。
合鴨農法って・・・よく知ると複雑。

合唱祭

11月1日(日)夜、
実家へ2時間半ほどかけて実家へ子ども二人と行きました。
目的は3日の文化の日に公民館で行われた合唱祭への参加。
実に、7年ぶり?位の舞台に参加しました。
私のように久しぶりの友達が半分以上、と言っても10人という少人数での合唱ですが、いつものように無伴奏。
練習は私は楽譜をもらった9月に1回だけ、みんなはもう1回か2回やったのかなあ?と言う程度のほぼぶっつけ本番のステージでした。初めてみんなで合わせたのは当日ですもんね。。さすがだなあ。
衣装も、前日にタンスをひっくり返して黒い洋服を探したけど、納得行くものがなくて、(結婚する前のものから選ぼうとしてるんだもん、しょうがないよなあ・・)寝てるときに思い立って、出掛ける当日の早朝に布を裁断、ミシンをかけて作ったものでした。間に合ってよかった。まさに相変わらずのドロナワ生活だ。
102_0459_1.jpg
みんな、年頃のお姉さん達なので、黒いよそ行きな感じはとってもステキでした。

歌は3曲。久しぶりの私にとってはとっても難しかったですが、
本当に楽しいひとときでした。
歌が好き、とはいっても、自分で一人で歌ったり、歌われている合唱曲を聴くのと、自分が仲間と一緒に歌うのは全く違いますモンね。
やっぱり、合唱は、みんなで同じテンションで、ステージあがるとかっていう具体的な目標のものでうたうのが楽しいなあ~
当日の練習の時からしみじみ思って、時間が過ぎて、合唱の時間が終わっちゃうのが惜しく感じられました。小さいときに、食べ始めたアイスクリームが、半分過ぎた頃から終わってしまうことを予感しながら、「もっと食べたい~っ」て強烈に思っている感覚と同じ感じでした。

本番は、ホールの最前列に我が娘が股全開でふんぞり返って座っていて、友達の息子達もステージ上のママに解読不明なメッセージを送ったりしていて、友達が「ここで歌うのキッツー」とかって言ってるのが聞こえて、笑いをこらえるのが大変でした。

歌を歌っているときは、先生とか、みんなと、一体感を感じたときなのか、鳥肌がばんばん立つ感じが懐かしくて、これは、やっぱり脳みそにもよいんだろうなあと思いました。老後にも、ボケ防止に、みんなで歌を歌いたいなあ。。先生は本当に百歳を超えちゃうなあ・・・

ネイルアーチスト

102_0453_1.jpg
102_0454_1.jpg
102_0455_1.jpg
102_0452_1.jpg
102_0456_1.jpg

酪農家のうちには、定期的に削蹄師さんが来ます。
サクテイシさんとは、牛の爪を切るのをお仕事にしている人です。
刃物でそぎ落として、ヤスリをかけて、バーナーで焼いて・・・
放牧していないうちのような狭い場所に繋がれたウシ達は、歩き回らないのでどんどん爪が伸びます。変に伸びすぎたものは、立つときに足に負担をかけてしまうので、切らなければなりません。

写真を撮っても良いですか?と聞いたら、快く承諾。
「何に使うんですか?」といわれ、
「なかなかこんな仕事を見ることはありませんから~」と言ったら、
「そうですよね~ボクも、病院とかで、お仕事は?って聞かれると凄く困ります」
と言っていました。
「だから、ある意味ネイルアーティストですっていうんです」と。
ウンチで汚れないようにバケツをぶら下げていたり、いろんな工夫をしていて、向上心と改善・工夫をたくさんするアーティストなので、来るたびに小技を効かせて感心してしまいます。

いろんな仕事がありますよね。

最初、私が驚いたのは、
頻繁にうちに来る受精師さん。
これも立派なお仕事です。
牛の発情期を狙って、種付けするんです。種は、細長いスティック状の棒の中に入っていて、専用のタンクに入れて持ち運びされています。
牛の発情期を逃さないというのは、酪農家にとっては経営を左右する大事な仕事で、、種がついて妊娠してお産して初めてお乳を出すという仕事をしてくれることになるので、お腹の中が空っぽな状態というのは、損な状況な訳です。
牛の発情期の発見は、周期を日にちで換算するのも一つですが、目がぎらぎらしていたり、変な声で鳴いたり、やたら隣の牛に乗りたがったり・・と、いろんなサインがあります。

いろんな仕事がありますね~。。

焼き芋

ちょっと前になりますが、
落ち葉を集めて、焼き芋をしました。
都会じゃ、焚き火ができなくなったということなので、
今じゃ、イナカの風景ですかね。
しかも雨だったということもあり、家の軒下で・・・あくまでも芋に火を通すことが目的の焚き火です。


101_0449_1.jpg
101_0451_1.jpg

やっぱり仄かな火や、煙を見るのってなんか良いなあ・・・

話は変わりますが、
昨日、小学生がお寺に放火して全焼させたというニュースを見ました。
その動機が、ものが燃える所が見たかったというもの。
やっぱり、人間の本能には、火を扱っていたいという願望があるのでしょうか。。
ケモノは、火が嫌いなのにね。
うちでは、枯れ木や枯れ草、紙ゴミなどを火柱があがる位の勢いで燃やすこともあるのですが、だんな様も、火を見るとなんかいいよね~とよくいいます。

自然というのか、よくできたもので、月・火・水・木・金・日って、それぞれ、木にしろ、水にしろなんだホッとするものが並んでいますよね。
特にお金?!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。