農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2009年10月の記事

タイヤがついた靴

今度の土曜日、10月10日は子ども達の運動会の予定です。
年長さんの娘は、応援合戦で大太鼓を叩く役で、年少さんの息子は、かわいいハネをつけてトンボになって踊りをするために毎日練習を頑張っています。
今週は猛烈な勢いの台風が接近しているということでずっと雨マークが続いていて、練習の予定がくるっちゃうだろうに・・・と少々心配しています。

二人ともリレーで走る予定で、ずっと園庭で練習してまして、お姉ちゃんはクラスで2番目、弟はクラスで一番だそう。
弟君は、「クツにタイヤがくっついているから、はやいんだよ~」
と、本気で言っています。
101_0370_2.jpg
「このあいだ、サンダルで行ったら、○○ちゃんにぬかされちゃって、やっぱりタイヤのクツじゃなきゃ!」って。おいおい~。。トミカですから。。見せかけのタイヤですから・・・

最近の子供靴はすごいですね。。
年少さんのクラスでも、「あたち、きのう、ちゅんちょくかってもらったの~」って言うので、なんだ??
と思ったら、某メーカーさんの瞬足というシリーズのクツのこと。
これは時計と反対周りでトラックを走る競技向きのクツということで、左右対称でなく、両足左側にスパイク的イボイボがついています。
101_0369_2.jpg
お姉ちゃんのクラスは3分の1以上が瞬足を履いています。

リレーが速くなるだろうなあ・・・オリンピックの水泳競技での水着“レーザーレーサー”のように、これのおかげでタイムが極端に速くなるということはないんでしょうが、今の子ども達は、いたれりつくせりだなあ・・・とつくづく思いました。
靴屋さんを見てみると、直線コースに強いクツというのも売っていたりして。
私が小さいときにはどんなクツを履いていたかなあ・・
ゴムダンが上手にできるように、先の細いクツを買ってもらったこともあったかなあ~
でも今のクツよりよっぽどちゃちいものだったような。

先生も知ってか知らぬか、みんなを裸足で走らせたこともありました。
ここで順位が入れ替わったら相当面白い実験だったんですが・・・(結果はよく分かりません~)




スポンサーサイト

最近のお花たち

一ヶ月以上、ご無沙汰しました。
今日はため込んだ写真を載っけました。9つくらいかなあ、、記事をのっけました。
ちょくちょく見てくださっていた皆様、すみませんでした。。


101_0331_1.jpg
スジスジのフィットニアは、寄せ植えに使うと全体が引き締まってかっこよいです。

101_0323_1.jpg
トラディスカンチアは、2年目。ツユクサの仲間だけあって、強いです。とっつきやすいので挿してたくさん増やしました。

101_0324_1.jpg
このコバノランタナは、引っこ抜いたしだれ桜の所に植えていたもので、直後、枯れてしまいました。


101_0359_1.jpg
タンクの前は、こぼれ種で発芽したナスタチウムがたくさんになってしまいました。


101_0348_1.jpg
大好きなクリーム色のジニアがまだまだ蕾をもっています。


101_0349_2.jpg
西洋ニンジンボク、淡い紫のお花をたくさん付けています。葉っぱがハーブ的な香りをさせています。

お月見

101_0345_1.jpg

おとといの夜、中秋の名月。
近所のお子さん達がたくさん来てくれました。今は、親御さんも一緒です。
外で賑やかな声がして、「なんだなんだ??」って思っていたら、たくさんのお子さん達が~

ここら辺の?お月見の風習は子ども達が、各家に上がっているお団子をこっそり食べに行くというもの。だんな様が子どもの頃は、こそっと取りに行って、お団子を食べて数日後にお皿をこっそり返しに行ったとか、途中でのどが渇いて、あそこの家にはお茶が上がってたとか、この家はサトイモがあがっていてはずれとか、子ども達でワキアイアイ、スリルを楽しんだらしいです。
 
今は、ハロウィーンのように、堂々と行って、包んであるお菓子をもらってくるという風習になっているみたいです。
お月見の夜、うちの子達はわけわからぬという感じで、私もたくさんの子ども達にびっくりしましたが、なんだかとても嬉しかったです。

いただきもの

時々、突拍子もないものをもらうことがあります。
今回のこれらも。
鋸南の閉館してしまったフラワーセンターへ片づけの手伝いに行った友達がもらって、うちへ持ってきてくれました。
使い道や保管場所等、明確ではありませんが、ぼちぼち。。

鉢カバーや、ハンギングワイヤー、鉢スタンドなどです。

101_0341_1.jpg
101_0342_1.jpg
101_0343_1.jpg

鉢を入れたらいい感じにもなりました。しまい込まないでガンガン使った方がいいんでしょうね。
101_0346_1.jpg

何か気になるものがありましたら、お声をおかけ下さい!差し上げます~

商品として仕入れたものでしょうが、小売りの商売をするって、本当に大変だと思います。
在庫して、売り切れない可能性もあり。。。
お花も、お野菜でさえ、直売所に持っていって売れないこともあり、一生懸命作ってもお金に全てが換えることは出来ないと考えると、本当に大変ですよね。。
幸い、酪農業は、搾った牛乳を全て無駄にすることなく集乳車にもっていってもらえて乳料メーカーさんに買い取ってもらえるので、経費はたくさんかかっていますが、幸せなことだと思います。
直売所での農産物のように、消費者の顔色をうかがって値段を下げ、にもかかわらず全てが売り切れるとは限らないと思うと、何かおかしい感じすらします。



101_0339_1.jpg
全く関係ないのですが、最近プランターで育てたベビーリーフを食べています。ルッコラ、ビート、しゃれたレタスの3種類です。塩基が強い野菜なのか、ナトリウム??味が濃くて驚きました。
自分で作ったものを食べられるというのは本当に幸せなことです。でも規模は遊び程度で。。。

うちでは、もうほとんど野菜を作っているとは言えない農家なのですが、それでも、
冬にほうれん草は、泣きたくなるくらい毎日毎日3束分くらい・・・作っていたり、
長ネギ、白菜、キュウリ、ジャガイモ、ピーマン・・・位はおじいちゃんが片手間にやってます。
でもサルや、イノシシ、ネコの被害も気にしなければならないので、手間がかかります。





玄関

玄関前にあったしだれ桜が、昨年頃から枯れ始めて、今年はいよいよ木肌にキノコみたいなものも生えてきて、木の枝には虫がたくさん食って木くずがひっきりなしに降ってくる状態になっていました。
なので、とても心苦しかったのですが、ノコギリで切り倒しました。そして、だんな様が切り株を重機で引っこ抜いてくれました。
私が、羽衣ジャスミンを這わせてしまったからだろうか・・・とか、ここに薔薇が植えられたらなとチラッと思ったのが伝わっちゃのかなあとか、原因を模索したりもしましたが、枯れてしまった後ではどうにも。。。
ということで、玄関前入り口は現在ぐじゃぐじゃです。

玄関の中。
白いペンキを塗りました。
玄関は、居間まで荷物置き場みたいになっていたのですが、私がもらしたクレームにめずらしく反応しただんな様が逆切れ状態で荷物を全部移動させたのをきっかけに、ペンキを塗ってしまいました。
101_0337_1.jpg

古い駅舎の待合室みたいになってしまいましたが、今までのモノオキと全く違う、お気に入りお空間になりました。
となると、調子に乗ってトイレも、お風呂の脱衣所周辺も台所もです。
たいした変化は感じられない程度です。気づかない人がほとんどかも。
でも、私にとっては、なぜかウキウキ。明るくなって、トイレのカビっぽいクロスは真っ白。
増築部分の木の部分限定で塗りました。さすがに70年前の木の部分には手は入れられません。
日本の木目を重視する文化と、何でもかんでもペンキを塗る欧米文化の違いを認識しました。


基本的に好きにやらせていただいているのですが、築70年近くの我が家。
親戚のいろんな方々が時折、ここで過ごした昔話などをしてくださり、歴史を持っているたてものなんだなあと思うこともあり、ペンキなどはどうかとも今まで思っておりましたが。。。
ダイナミックなリフォームをして素敵な古民家暮らしをされている方もいらっしゃるようですが、過去をしらない全く関係のない物件の方が好き放題できるんでしょうね。

鳥居

前に作ったアーチもどき。
サマースノーがいい感じに伸びてきて来年には素敵な薔薇のアーチができるだろうと思うと楽しみです。

このアーチもどきを作って1ヶ月くらいたった頃の話。
腰の曲がったひいおばあちゃん、いつもカマを杖代わりに下を向いて歩いています。
立ち止まって腰を伸ばしたら、この白いへんてこりんなものが目に入って、
「いつのまに、こんな鳥居ができたんだい?」と、言いました。
時々、しゃれっ気のあることをポソっと言います。
干している布団に張り紙をして「ネコ、あがるべからず」とか、本気なのか冗談なのか。。。
とても頭のいいひい祖母ちゃんです。

101_0322_1.jpg

今頃になってガンガン咲いているペンタス。うちの居間からよく見える場所に咲いています。
101_0356_1.jpg

ポリゴナム

2年前に小学校の校庭の隅から持ち帰り、増やしてしまったポリゴナム。
いつの間にか壁を覆ってしまいました。

101_0364_2.jpg
フウセンカズラもいいかんじです。

101_0365_2.jpg

こちらは、ユリの球根10球を植えたもの。
本来なら6月開花のものですが、チルド保存をして11月開花に合わせて調整したもの。
お花の教室でもらってきた百合です。11月の文化祭に出展予定ですがどうなるでしょうか。
2種類5球ずつ、見た目は同じ球根でしたが、成長具合はまちまちです。
101_0363_2.jpg

ちょっと変わった葉っぱのミモザ。ヒョロヒョロで格好悪かったですが、ようやくミモザらしい雰囲気の木になってきました。来春は花が楽しめそうです。
101_0362_2.jpg

餌小屋まわり

今年度は、今までに比べてほとんど植物を買わなかった気がします。
その分、こぼれ種で立派に育ったものや、挿し芽で増やしたもの、季節ごとに毎年咲く木などを楽しみました。今はフヨウがきれいに咲いています。
例年は、このフヨウ、葉っぱを青虫に相当食われて少々見苦しい感じですが、今年は、かなり剪定をして、薔薇の薬散布の時についでに防虫していたのがきいたせいか、今、きれいに咲いています。

101_0357_1.jpg
101_0329_1.jpg
101_0330_1.jpg
これら以外にも、ずらーっと鉢が並んでいるんです・・・

ねこ~

久々元気なネコちゃん達です。
さくらちゃん、みんな元気だよ~

101_0354_1.jpg
すっかり元気なゆきちゃんです。
近頃じゃ、家の中でマーキングを始め、変な声で鳴きつづけたり~
あめちゃんは、ケナゲで本当にかわいいです。
お客さんの膝の上でもかまわず上がり込んで、ゴロゴロしながら寝ちゃったりしてます。
101_0350_1.jpg
101_0351_1.jpg
101_0353_1.jpg

こちらはにゃんにゃん。
遠からず近からず、うちの様子を伺っています。
101_0328_1.jpg

チェーンソー

もうずっと前の話になりますが、
ポポーの実をとった2日後、ずっと気になっていた倒木を細かく切りました。

うちは、基本的に放っておくと1m級に伸びる草地に囲まれ、住居の北側には山をしょっていて、竹林や雑木と草に覆われています。
木々は手が付けられないくらいに育っていて、裏山は台風などで倒れた10m以上ある竹が無造作に絡み合っていたりします。こういったものは一つ一つ気にし出すときりがなく・・・
101_0333_1.jpg



2ヶ月か3ヶ月前、細い木が多分虫にやられて自然に倒れていました。
牛の餌やりの度に毎日通る場所、さらには、お荒神様をまつる小さなほこらへ道をふさいでしまうということで掃除しなければと気にしつつ放置してしまってました。

101_0336_1.jpg

このお荒神様は、ひいお祖母ちゃん以下、何か大事な試験や長距離の旅行の無事をお願いすると助けてくれると、大事にしているのです。

やらなきゃね~とだんな様と話していて、
女手でセコセコ、ノコギリで頑張るつもりでいたら、それじゃ無理だよ、って言われて、だったら男手でやってよ~と、そんなやりとりを何回かして、いつもどおりやっぱりラチがあかないので、
自分でノコギリで切断を試みました。一日仕事になっちゃうなあ・・と、観念して取りかかったていたら、だんな様がチェーンソー片手に来て、
全ての作業をほんの5分ほどでやってしまいました。
101_0334_1.jpg


なんだよ、こんなに簡単なのか!!と、ぶったまげるほどあっけなかったです。
でも、さすがにチェーンソーは使いたくないと思いました。
板きれを切る丸ノコはいけるけど・・・。チェーンソーは、女一人じゃホームセンターで購入できませんよね。。
101_0335_1.jpg


草刈り機を使うか使わないかで作業効率が随分違いますが、
チェーンソーや、ショベルカー、フォークリフト等、使いこなしちゃう女の人もいるんだろうけど、自分の中の一線が越えられないものってやっぱりありますよね。

住居の裏の山は、岩盤の上の土が薄いらしいので、あまり木々を放っておくと、木ごと剥がれてしまう可能性もあるらしい。最近は鉄砲水も多いので、要注意です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。