農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2009年07月の記事

また

2週間しか経っていないのに、東村山へ行って来ました。
土曜日に、高校の説明会。依頼されていた卒業生の話を無事、終えてきました。

お客さんは、中3の学生さんとそのご父兄。
並べてある椅子だけでも1200は越えていて、立ち見の人もたくさんいたので1500人は越えていたんじゃないかなあ・・・
空の椅子をみたら、超緊張して心臓が口から飛び出すんじゃないかと思って、いよいよお客様が満員になると直前まで頭が真っ白、校長先生や他の先生方と舞台脇で待機してる時も、手は震えるし過呼吸状態で失神するんじゃないかと思ったほどです。

いざ、紹介を受けて舞台に立つと、どっこいなぜか一切緊張せず、周りを見渡して、間違えもせず終了しました。あの感覚って何なんだろうか。みんなが真剣に自分を見ていて、一生懸命聞いてくれておもしろかったなあ。聴衆が、だれも雑談していなくて、緊張して真剣に一言も情報をもらさず欲しがっている所で、お話をするって、あんなにおもしろいことなんだ~。初めての経験かも。効く気がない人がいる集団の前で話す機会は結構ありましたが、今回のようなケースは貴重です。
だんな様によれば、千人以上はカボチャだよ。2~300人が一番緊張する。とのこと。

先生方は大半が入れ替わっていて、でも中には大好きだった先生もいて、本当に嬉しい日でした。みんな、私の名前を覚えてくれていて、本当に幸せだなあと思いました。
下の名前で呼んでいた先生が、教頭になっていたり、、校風も随分変わっていて、特色を持った学校になっていて、もう一回ここで高校生活を送りたいと思わせるような魅力的な学校になっていました。高校説明会もいい生徒を集めるために真剣に企画されていて、ある意味先生方は学校の営業マンのように学校のよさをアピールしていました。
今回卒業してから16年も経っている私を呼んでくれた一人の女の先生の色に、学校全体が変革していっている気がしました。3年時の担任だったこの先生、当時からインターナショナルな頭のきれる女版金八のような先生でした。信念を持って先生は時間をかけてこの学校を変えてきたんだろうと、明確に分かりました。こういう人こそ、本当の教育者なんだろう。凄い仕事をしているな。。。と心底、頭が下がりました。
高校の2009年の受験過去問題をもらって、中身を見たら、
こういう事を9年後、娘はどっぷりやってるんだ、と、なんだか具体的に大変な感じが押し寄せてきました。自分はとっくに終わって他人事だけど、今度は子ども達の心配をしていかなやいかんのだ~と切実に思ったりして・・・


↓お買い物してしまった苗たち。
リシマキア、ルドベキア、ヒューケラ、ツルハナナス、ベアグラス。
100_0231_1.jpg
100_0233_1.jpg

↓ルドベキア“チェリー・ブランディー”大株に育って欲しい~
100_0229_1.jpg
↓カゴは、Jマートで580円。剪定バサミや麻ヒモ、シャベルを入れて持ち歩きます。
100_0234_1.jpg



↓こちらは4年目のルドベキア。
100_0228_1.jpg

今年はまだ1つしか植えていないコリウス。例年は10苗近く買ってくるのに。。
100_0227_1.jpg


2泊して
帰ってきたら、ゆきちゃんが、様子がおかしい。
また、ずっとぐるぐる回っていて、餌やトイレにたどり着けないくらい。。
声もかれていて、私と子ども二人ルスしていて、寂しくて泣き続けたのかなあ。。。

だんな様曰く、都会で一人暮らしの人が癒しのために猫を飼うって聞くけど、人間はいいけど、ひとりぼっちでご主人を待ち続けるネコって、やっぱり可哀想だよね。。。と。











スポンサーサイト

テスト

写真がうまくいくか。
これから東村山へいくので、その前にできるか確認をば。

館山での写真とうちのポスト。
100_0127_1.jpg

白いベルガモット。ちょっとめずらしいかしら。
100_0200_3_1.jpg

アメリカフヨウ。見応え充分。欲しいなあ~
ハイビスカスの仲間。
100_0198_3_1.jpg

100_0199_3_1.jpg

先日もらったガイラルディアの八重咲き。ブルームレッド。渋くてステキです。
100_0211_3_1.jpg
宿根そうで、たくさん咲いているとシブかわいい。
100_0212_4_1.jpg

いろんな種類のフロックス。
100_0208_3_1.jpg

なんとか、写真を載っけられて、よかった~
以上、テストで一部の写真を載っけました。

館山へ移動学習に。

いろいろと予定がたて詰まってまして
こんなに出っぽなしじゃいけないと思いながらも本日、お出かけでした。

月1回、公民館でやっているお花の教室で、今日は移動教室。館山へバスに乗って行ってきました。
お花のといっても生け花ではなく、お庭を飾るほうで、先生は、80歳のおじいさま。大丈夫かな・・・今流行のお庭を学ぶというわけには行きませんが、何冊も本を出している園芸界の研究者です。

バスで館山へ移動し、公民館で1時間の講義をうけ、個人宅やお店の庭へ3カ所、あとは、前にハンギングバスケットの集まりでお友達になった昭和9年生まれのおじさまの育苗農園へ行きました。
他にも道の駅へ2カ所。おばさま方20名と、基本的にゆるゆるしたスケジュールでした。
オープンガーデンというように雑誌に載っているような完璧なものではありませんが、個人宅のお庭をじっくり見られて、いろいろと参考になりました。
個人宅ではほとんど写真を撮らず、
最後に行ったカメラやさんの中庭はあまりにも精度が高くて、(施工や園芸の専門業者も手入れしているそうで)写真を撮らずに目で見るのに必死でした。

ということで、写真は公民館や、道の駅のもの。



っってのっけようとしたら、
ブログ上で写真が30cm位の大きさになって・・
直そうと時間を費やしましたがどうにもならず、、
悔しい限りですが写真なしで投稿してしまいます。

ホント、超早起きしたのに電気製品に振り回されて、イヤな気分。
時間がもっと欲しい~

失礼しました。

最近なんだか・・・

先週7/4~6日まで実家にいっておりました。
土曜日に、小学校6年生の時から結婚するまで所属していた合唱団の同窓会があったのです。私は入団したのが遅いほうで、みんな低学年やら、入学前からのつきあいだったりして、相当楽しい集まりでした。
なかなか優秀な合唱団でして、都のアンサンブルコンテストで数々入賞し、度々全国大会にも出場し、毎年の合宿の他、福岡・広島・四国・長野・・果ては韓国への演奏旅行にもみんなで行った仲です。超久しぶりにあった人もいたけど、みんな全然変わっていなくて感動致しました。同級生は立派な落語家になっていたし、忙しくて会えなかったけど、私の跡を継いで??添乗員をやっている子もいました。時の経つのは早いもんだ。
7年ぶりに、合唱を3曲歌って、心から、また合唱団に入りたいと思いました。。。なかなかね。

嬉しいことに、ブログ、先生から教えてもらって見てるよ~っていわれて、、
そんな自覚はなかったので、(カウンターの数字がいくときは、良く入っているエロコメントの人達がせっせこアクセスしているのかと思ってた~)、、これから頑張ってブログの更新をしていこうと思いました。
ショックだったのは、全然使っていなかった携帯電話の使い方が分からなくなっていたこと。
友達の電話番号を登録することもままならず、電気製品を使いこなせなくて文句を言っているおばさま方の仲間入りをしてしまった・・・と相当な衝撃でした。
うちでは電波が入らないからと、逃げていましたが、イヤイヤ。がんばんべ。ブログへ投稿できると思えば、何とか持ち歩くかも。(ブログへの投稿は、下書き保存して、子どもちゃんの保育所へのお迎えの時に圏外から脱するので送信します。)

久々に、大好きな人達と会って、翌日日曜日。気をよくして吉祥寺にでも行こうと子ども達と電車に乗り、無事到着。しかし、あまりの人混みと、人々の速度の早さの中、子ども達の手を引いての移動にゲンナリして、駅ビルの外に出ることが出来ず、退散しました。
あそこにもここにも~と、楽しみにしてきたのですが、無念。
単身で来ればもっと適応できたのかな。。
以前より、人々の歩く速度が速くなった(ように感じた)のはびっくりしました。

そして、月曜日。
高校の時の先生と約束をしていて、学校近くの駅まで会いに行きました。
16年前に卒業した母校の入学説明会に、卒業生としての話をして欲しいと、事前に連絡をもらっていたのです。当初、「はあ~??なぜに私???」と思い、丁重にお断りしようと思っていました。
私が通った高校は、大学へ付属で、のエスカレーター式に進学率95%を誇る人気校。そこへ入学希望の中学生が千人近く集まる学校説明会だそうで・・・。通常呼ばれる卒業生は、現在弁護士やってますとか、裁判所のなんたら、、法曹界で活躍する人とか、ばりばりやっているキャリアウーマン的な人がほとんどのなかで、う~ン。
先生は私をかいかぶりすぎている。
のですが、原稿として文章に落としたらなんとかなってしまった。

卒業後の足跡を辿ってみて、添乗員の時は、ほんの2年ちょっとで、39カ国しかもリビアとか、エチオピアとか、トルクメニスタンやエストニア、トルコ・エジプト・ギリシャ・・・自分の口で、案内先を説明するという仕事をして、現在なぜ農家に嫁いだのか。みたいな。高校でえた経験がもとになって、、、みたいなシナリオです。
すっかり忘れていたことをいろいろ思い出し、
今現在の生活と見直し、胸を張って恩師に顔向けして、これからどうすべきか改めて考えるよいきっかけとなりました。
正直、大学時代の先生には、会うには勇気がいります。
これから、先生にこんなことやってるんです。と、連絡が取れるくらい、自信をもって今の場所、農家での仕事、その他にも可能性があれば、鍛錬していけばいいのだと、目標が持てました。(具体的にはまだまだ分かりませんが。)
なぜ農業なのか、的なことにも触れて考えました。自分自身や現実と向き合うのは、この年になると勇気がいりますが、ほんと、時々こんな機会は必要なのかも。

なんだか、最近こんな感じで、一ヶ月前には考えられなかった展開をしています。
先生との原稿のやりとりもやっているので、いつもと違った頭の使い方をしてます。脳トレってか。。
思えば、就職活動以来、自分とは、将来とは・・みたいな、自己分析とやらを繰り返して、せっせこ自分像みたいなものを作り上げていたような・・・
今回の作業もにたようなもんだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。