農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2009年05月の記事

なんで~・・・

カメラが壊れました。
一年で一番薔薇がきれいなこの時期になんで~・・・?
設定ボタンが概ねいかれてしまいました。なので、データの消去も、モードの設定も出来ません。
ということで、本日の写真がこのカメラの最後のお仕事と相成りました。


ぼやけていますがブルーベリーの実と、スモークツリーと薔薇。
165_6589_1.jpg
165_6590_1.jpg
165_6591_1.jpg
↑ピエール・ドゥ・ロンサール・・・色、形、葉、雰囲気、すべて理想的。。一番スキな薔薇かも。。

165_6592_1.jpg
165_6593_1.jpg
↑↓アンジェラ

165_6594_1.jpg
↓サマースノー“スプリング・バル”
165_6595_1.jpg



先日の国バラのお手伝いの際に、「ごほうびだよ、持っていき~(京都弁)」と、あの素敵なマナーハウスの前を飾っていた白い「ホワイト・メイディランド」を頂きました。
165_6596_1.jpg
送料もYUMEMIさんが。本当にうれしい!
どこに植えよう、、置き場所、一番生かせる所はどこだろう・・・・うちみたいにがちゃがちゃした場所だと白い薔薇って難しいなあ・・・
ジャンジャジャーン!




165_6597_1.jpg

スポンサーサイト

国バラ、行ってきました

第11回国際バラとガーデニングショウへ行ってきました。
17日の日曜日、自営業なのに何も混んでいる日に行かなくても・・・という感じですが、酪農ヘルパーさんが取れたのがこの日しかなく、
仕事の後、9時過ぎに千葉県富津市の自宅を出発、3時間弱かけて、埼玉県所沢市の西部ドームへ。途中実家に寄り、子ども達を実母に頼みました。



165_6571_1.jpg
165_6572_1.jpg
165_6573_1.jpg
165_6579_1.jpg

165_6580_1.jpg
165_6581_1.jpg
165_6582_1.jpg




実質滞在時間は、2時間弱・・・入場料はだんな様と2人で4000円、高いなあ・・・と思いつつ、楽しみにしていたのでしょうがない。
いろんな工夫の凝らされたガーデンを見るのも、薔薇の仕立て方を見るのも、ハンギングバスケットを見るのも楽しみ、グッズを見るのも楽しみ、本当に楽しみ満載なショウなのですが、一番の目的は京都から来ているYUMEMIさんの英国コテージの建ち並ぶビレッジと、底にいる皆さんに会えること。。
昨年は、設置から、撤収までお手伝いをさせていただいて、大変ながらもいい経験をさせていただきました。
去年は、ショウの始まる前から、撤収までだったので10日間くらいいたけど、今年は、家の仕事やら子ども達の事を考えると、昨年のようにはいかないと、お伝えし、お客として見に行きますと言ってました。
ところが、急遽、撤収のお手伝いをする事となり!!日帰りのつもりで来たので何の用意もありませんでしたが、子ども達も含めて、3人で2泊する事となりました。
YUMEMIさんのエリアは、今年は、外で、、電車を降りてすぐ目に入り、ガーデニングショウそのものの門も含めて、たくさんのコテージと中庭と、ガゼボと2階建ての大きめの建物。
お手伝いをした最終日は、いろいろな有名人がいたり、苗がたたき売りになっていたり、使用した苗の無料配布があったりして、もう諸々をご存知のおばさまがたが、どっと押し寄せてきたりするようです。
16時に行くやいなや、2階建てのマナーハウスの案内係をし、その後は、終了の指示を待って、どんどん撤収作業に入りました。苗などの整理、土・砂利の片づけ・・・・時間との闘いでいろんな事を無心にこなしていくわけです。

165_6586_1.jpg
165_6584_1.jpg
165_6588_1.jpg
気がついたら夜。。
まさか今年もこの醍醐味を味わえるとは思っても見ませんでした・・・

とりあえず

165_6517_1.jpg
↑畑のジャガイモの花
165_6519_1.jpg
↑クレマチス“ドクター・ルッペル”
164_6496_1.jpg
↑頂きましたオダマキ
165_6534_1.jpg
↑カクテル
165_6536_1.jpg
↑アンジェラ
165_6538_1.jpg
↑サマースノー
165_6539_1.jpg

164_6497_1.jpg
↑羽衣ジャスミン
165_6515_1.jpg
↑3年目のラミウム
165_6511_1.jpg
↑羽衣ジャスミン
165_6513_1.jpg
↑チャイブのネギ坊主
165_6520_1.jpg
↑カクテル
165_6521_1.jpg
↑ホスタ
165_6522_1.jpg

165_6523_1.jpg
↑白モッコウとタチアオイ
165_6524_1.jpg
↑グラハムトーマスと白いわすれな草
165_6506_1.jpg
↑スモークツリー
165_6509_1.jpg
↑ラムズイヤー
165_6510_1.jpg
↑アヤメ(ショウブ?ちがいがわからん)

薔薇が咲き始めました

2週間以上、間をあけてしまったので、写真が溜まってしまいました。
ゴールデンウィークも大昔のようです。
この2週間で、ネコのゆきちゃんは、目覚ましく状態が良くなりました。

以前は、食べられもせず、歩くときもぐるぐる回ってあちこちにぶつかり、大半を寝て過ごすようでしたが、、
ゴールデンウィークのはじめ、匂いがなんだか分かるようになり、柔らかいものだと少しずつ、でも一口ずつくるくる回りながら(お皿は動かしていないのに、見えないから探してしまうみたい。匂いもちゃんとは分かっていないのか、鼻が詰まっているからなのか??)、食べられるようになりました。
家の中の感覚も大分つかめてきたみたいで、ぶつかる頻度も少なくなってきました。
部屋と部屋の間に、30cm位の段差があって、ここを登る為に80cmくらいジャンプしたり、時々、ちょっとおかしげな行動を見せるときもあります。
目は相変わらず黒目がくりくりのまん丸。ぎゃくに愛くるしくてとってもかわいいです。
夜中に起こされるという難点は、私がネコトイレのある1階で寝るということで簡単にクリアしました。
1階だったら、自由にしていても何の問題もなく、わざわざ2階に連れて行って箱に入れるからガサゴソ夜中に起こすのですから・・・
もっとお世話が大変だと思って、トレイ付きの檻のようなケージや、キャリーバッグなども買いましたがだんだん楽になり、今では元気なネコちゃんと変わらないかも知れません。
ちょっと前、まだ、今ほど回復していないときは、お出かけの時バッグに入れて、連れて行ってました。よく、ペットを連れて車でお出かけされる様子を見ますけど、皆さん大変なのがほんの少しだけ分かりました。。飲食店は連れて入れないし、スーパーやデパートなどもダメ、かといって、暑い夏場に車内に置きっぱなしだと熱中症になっちゃうし、、いろいろ大変なんですね。。

ホントによくぞここまで元気になってくれました。ユキちゃん。。

本末転倒ですが、家族は、みんなインフルエンザっぽいです。
私が、一番にかかって最初に抜け出しました。2日間、節々が痛くて39度以上の熱が出てました。子ども達はその前にかるーく風邪気味って感じで終わっていたのかな、、二人とも元気で、夜、お食事を済ませて、私が横になっていたら、「おみずのむ?」って、おねえちゃんがコップで水を運んできてくれて、まねして弟君も、「はいおみず」って持ってきてくれて、2杯のお水。「きもちい?」って、おでこを冷やしてくれて、もうろうと気持ちいなあと思っていたら、水で濡らしたプリキュアやらトーマスやアンパンマンやらのハンカチをごっそりおでこにのっけてくれていました。あげくのはてには、ケーキを買ったときについてくる小さい蓄冷材を枕元に置いてくれて、翌朝弟君がいじくり回して中のジェル状のものが飛び出した状態で、布団の上に・・・弟君は、看護なのか遊びなのか??
お姉ちゃんは、すごいです。「お台所、全部洗っておいたからね。」って、すっかり、女の子です。涙が出ました。お姉ちゃんは、昨日13日で、6歳になりました。

お仕事をしている人はみんなそうなのでしょうが、酪農家は生き物相手で、毎日朝晩2回の搾乳作業と餌やりは必須なので、(やらないと乳房炎等々病気になってしまう/自然の状態よりはるかに多いお乳を出すようにされているので・・・)病気や怪我をすると、お仕事は本当に大変です。完全オフの日はありません。夏休みも冬休みも正月も土・日もないのです。
月に2回は酪農ヘルパーさんにお金を払って来て頂けて、餌やりをやってもらえます。そんな日もだんなさまは搾乳をやっています。
一人だけ、体調が悪いといえば、みんなでカバーし合って休ませてあげるということも御義父母達が健在な時なら出来ますが、今回みたいにみんなが具合が悪いとなったときには大変です。。
いったん風邪引くと、寒い冬場なんて、朝5時、熱があっても起きて行かなきゃならんし、なかなか治らないみたいです。
朝5時から、牛舎に入り、普段は、日中も往復2時間かけて乾草飼料をとりにいったり、糞尿の処理に追われたり、壊れた機械を直していたり、ほとんど休みません。

自営業はそういうものだというけれども、決まった休みがあったらなあ~

赤い薔薇、イングリッドバーグマンだったと・・・
薔薇が咲き始めて思いました。
薔薇を楽しむには、その周りの景観が大きく左右すると。。
この薔薇たちの植えてある場所は、洗濯干場の所です。
この薔薇の上に洗濯物がぶら下がっています。やっぱり、よくないです。
他の薔薇も後ろ側にツゲの木や松、和風な雑多な所に可愛らしい薔薇を植えてあっても、その薔薇の価値は半分に落ちてしまう感じ。よく分かりました。
建物や、植裁、雰囲気のあるところに植えてあれば、わーステキってなるけど、生い茂った畑のはじっことか、仮植えだからと洗濯干場の下に植えたら可哀想だ。
かといってありそうでないんです。日当たりが良くて水はけが良くて、適度な日陰があって、という場所が。こんなに土地は広いのに~。開墾せねば。
全体を考えて、植えねば。
165_6504_1.jpg
165_6525_1.jpg
165_6532_1.jpg
165_6533_1.jpg
165_6535_1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。