農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2009年02月の記事

ハンギングバスケット

2ヶ月前に作ったハンギングバスケット。
こんな感じになっています!こんもり。
162_6244_1.jpg
162_6245_1.jpg
162_6246_1.jpg

リース型のH・Bは、現在あまり調子が良くありません。
良い状態を保つのは少々難しいのかも。
162_6240_1.jpg
スポンサーサイト

J・G

昨年大晦日に頂いてきて、何度か植え替えを繰り返し、落ち着いて来ていますが、他の薔薇たちと比べて、発芽の感じが鈍いような気がしていました。
根っこを充実させるためかなあ、と、様子を観察していましたが、やっといい感じに芽が膨らんできました。一番あたらしいシュートも、一月中頃には切ってあげて、誘引も仮にですがしてあげました。
ここの建物の壁をどうにかしてみたいとも思っているので、仮なわけです。
(後ろの壁の色をかえようか、古木材で、何か作ろうか、、
数年後に、立派に花をつけたジェームズ・ギャルウェイを想像しながら、あそこの空間をどうにかしたいと、妄想するのが楽しいものです。

162_6242_1.jpg

162_6243_1.jpg
一番高い枝には、立派な枝が伸び始めています。

おはな

寒いのもあって、、ほとんど外の土いじりをしていませんが、ホッタラカシのビオラや葉ボタンはどんどん株を大きくしていってます。
昨年末に作った花壇、本当にホッタラカシで、春になればもっとこんもり、雑草も手伝って土が見えなくなることでしょう。。
162_6253_1.jpg



162_6252_1.jpg
クリスマスローズも、ハコベにまみれて、人知れず咲いています。
162_6247_1.jpg
こんなにかわいい顔をしているのに、どうして下を向いているのでしょうか。。

162_6237_1.jpg
昨年10月末に作った寄せ植えはまだ健在です。
162_6241_1.jpg
ジェームズ・ギャルウェイの株元には、鉢をずらりと並べてお気に入りのスペースになりました。


162_6234_1.jpg
162_6235_1.jpg
うちで、いろんな場所にこぼれ種から繁っているスミレ。



162_6254_1.jpg
162_6255_1.jpg

ミモザは雨に濡れて頭を垂れています。

雨の日

本日、また雨です。
162_6230_1.jpg
↑この写真の石、もうこの状態で1ヶ月以上経ちます。
最初見たとき???と思いましたが、自然のいたずらでした。
牛糞の糞尿処理に使用するもみ殻の山に置かれた石、その上から雨垂れが落ちて、強い雨風の日の翌日からずっとこんな状態です。

これを見て、地球の地形の成り立ち考えたりしました。
凝灰石でできているトルコのカッパドキアとか、中東の石灰石や砂岩で出来ている岩盤は、もろかったり、溶けやすかったりで、日本のように山が木々に覆われていなかったりもするので、浸食されて地形を形成されるようで、、何らか、地層の成り立ちから上部に固い岩盤があれば、上からの重みと圧力、雨を防ぐ屋根の役割にもなって、へんてこりんな形になるんですよね!!
すんごく単純なモデルですが、大変なひらめきを感じたような気がした石ころでした。

この石ころ一つで、世界一周の気分で豊かな気持ちになってます。感謝。

162_6231_1.jpg
この石ころがあるのは、搾乳牛(稼いでいるウシ達)のいる牛舎からちょっと離れたお休み中(乾乳中)の牛や、これから大人になる育成牛↑がいる牛舎へ行く途中。毎日の往復の中で、色々な発見があります。

このウシ達から見える風景はこんな感じ。
162_6232_1.jpg
今日は、雨だったので、牛の餌を食べる音と、雨だれが聞こえるだけのとても静かな空気です。
周りを見ても誰もいません。人の気配も感じません。時々この奥に住む数件の家の車が通るくらいです。
だんな様は、ここで育ったので、この静かな空気を特別な者と思わないようですが、人の往来の絶えない商店街で育った私は、時々凄く貴重な空間なのかしらと思うときがあります。
実家では、隣の家との間が数十センチ、寝ていたベッドの向こう側に隣の家のベランダの人気を感じるような場所でした。多分、最近では、夜空の星を鑑賞しようなんて外に出ていたら、不審者だとマンションの人とかから通報されちゃいそうだし、焚き火ももってのほか、ピアノの練習も気を使いそうです。
だから、人っ子一人いなくて、自然の中で、大声で歌ったり、変な格好をして立ち止まって写真を撮りまくったりしても全く問題ない空間ってもしかしたら貴重なのかもなあ・・・

田舎へ行こう!とかって、見知らぬ人が、田舎の道で、ふらふらしてたら、やっぱり不審者だし、これは住まわせてもらえているという敷地の特権ですね、、、ありがたや。。。

小さな自然の発見に感動できる年頃になりました。

南房パラダイスへ行ってきました

2週間ぶりの更新となりました。
2月中に何とか頑張らなければと始めた青色申告の確定作業は、私も手伝わせてもらって6年目となるので、徹夜もホンノ数日で終わってしまいました。以前は、一ヶ月近くだらだらとだんな様とケンカしながらやっていましたが、効率よく、ルーティン化したおかげです!
以前は、毎年毎年苦しんで作業をし、終了したら反省も整理もなしに放置していた所を、毎年躓く所や、忘れちゃ行けない所を一カ所に書き込み・・・当たり前のことをやるようになったら、あっという間に終わるもんですね。。。イヤなものも立ち向かえばそんなにイヤでなくなる事って結構あるのかも知れません。

本日は、3歳の息子君のちびっこくらぶの遠足で館山の南房パラダイスへ行ってきました。

162_6222_1.jpg
写真は何とも南の島的な感じがしますが、気温は最高8度、北風が強く、耳が痛いくらいに寒い日で御座いました。
温室の中に植物、鳥、外にも小動物がいるという遊びスポットです。
子ども達は、温室の植物も、鳥も蝶も、さらりと通り過ぎ、園内にあるすべり台で、時間を過ごしました。お友達と、元気に遊ぶのが一番楽しいようです。バスで1時間もかけていったのに・・・

温室の中には、夏の間にお世話になった身近な植物たちや、見たこともないもの、名前しか知らないもの、、、ゆっくり見たらもっと面白いだろうに・・・という植物がたくさんありました。
暖かいときに無謀にもジョイフルさんで購入して、冬の5度以下でダメにしてしまったたくさんの植物たちが、温室の中で元気に大きく育っている様子もたくさん見ました。おかげで、無計画に越冬できない植物を買うのはもうやめようと、強く思いました。


羅列で失礼します。
162_6218_1.jpg
たわわに実ったパパイヤ。

162_6212_1.jpg
162_6214_1.jpg
ブーゲンビリア。たくさん咲いているとキレイです。地中海沿岸の白壁の家と青い空に本当に似合います。
162_6216_1.jpg
アカバセンニチコウ。こんな風に大きくなるんだ・・・一株をホンノちょっと植えてもかわいそうだったなあ。。。
162_6221_1.jpg
カトレアもキレイだなあ
162_6209_1.jpg
162_6210_1.jpg

ちょっと変わった植裁だなあ・・と微妙な所もありましたが、、
久々の小旅行という感じで楽しかったです。
熱帯地域に行った感じでした。






我が家のパンジーたち。今年は、ブルー系が多いです。
162_6207_1.jpg
162_6205_1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。