農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2008年06月の記事

ハンギングバスケット、うちのお花たち

先週の土曜日に、1時間かけて袖ヶ浦のハンノキさんに、ハンギングバスケットを作りにいってきました。このお店は、ここらじゃ手に入らないような珍しい苗がどっさりあって、オーナーの管理も行き届いて状態もとてもよいので、見ていてとても楽しく、気持ちのよいお店です。お店の写真を取り損ねましたが~。。

↓こちらは、作った日当日の写真。まだ、草花が下向いてます。
翌日の朝には、徐々に太陽に向かって上を向き始めていて、たくましさを感じさせます。
左側の黒葉は、テラス・メープル。サントリーのテラスシリーズ、イポメアです。サツマイモの葉っぱです。中央、黄色い葉っぱで、中心部がグリーンがかったものは、スウェディッシュアイビー。名前はアイビーですが、シソ科なので、コリウスに近い気がします。後は、アルテナンテラ、プレクトランサスミントリーフを上部に。そして、黒っぽいコリウスのブロンズカンプとブラックマジック2種を使いました。ポツポツ濃いピンクの花は、千日小鈴です。計11の苗を使用。相当こんもりしてくるはず☆
151_5197_2.jpg
↓写真がぶれており乱れた感じがしますが、5日間経った本日の様子。写真より実物の方が落ち着いて見えます。やっぱり、“線”の草を入れたらよかったなあ・・と客観的に写真を見ると感じます。千日小鈴がいい感じにちりばめられて目立つようになってきました。
さあ、イポメアを入れたことが吉と出るか、凶と出るか・・・黒葉が綺麗なので思わず使ってしまいましたが、バランス悪くどんどん大きくなる予感~う~ん、、
意外とスウェディッシュアイビーやコリウスの存在感がないのは、挿し芽をするために、先端部分をカットしたためです。結構やっちゃいました。。でも、早いうちに切ってあげれば、だらーんとならず、こんもりといい感じに生育してくれるんではないかと希望も込めてです。
1ヶ月後にどうなってくるかが勝負です。毎日かわいがってあげて、観察してっていう管理の経過次第でも状態が変わってくるようです。
152_5218_1.jpg


↓こちらは、ポスト下。日に日にジャングルになっていきます。
お気に入りは、レックスベゴニア。二年目です。下心をだして増やしてみようと、昨年、株分けを変な時期にやって一つは失敗、こちらもあやしげでしたが、無事冬を越し、立派に育ってくれました。葉っぱを虫に食われていますが、ご愛敬。
151_5190_2.jpg


↓ハンギングアイアン左のは、斑入りのブドウ葉。3鉢頂きました。ずっっと欲しかったので、本当に嬉しかったです。実がなるのかなあ・・・バッカスが喜びます♪
151_5194_2.jpg

↓大好きなダリアの一人。名前は、、忘れてもうた・・・
152_5211_1.jpg


↓アルストロメリア。野生化しております。花瓶に挿すとステキなんです。もっと花期が長ければいいのにな~
152_5212_1.jpg


↓コリウス。ガンガン伸びるので、いくつも挿し芽を作って増殖中です。
152_5214_1.jpg

↓ラミウムもあちらこちらに使わせて頂いて、こういうシソ科の植物に随分助けられています。
昨年は、花をほとんど見ませんでしたが、今年は、色んな所でたくさんの花を咲かせてくださってます。

152_5215_1.jpg


↓デュランタ。とても可愛いですが、葉っぱがとてもつやつやで健康的、、増殖するととってもナチュラルテイストですね、きっと。どこに植えたらいいのかしら~

152_5216_1.jpg


152_5220_1.jpg
↑ニゲラ。涼しげなブルーのお花はもう終わり、黒い種を入れた風船の状態になってしまった。この状態も鑑賞の価値がありますが、やっぱり、お花を撮っておけばよかった・・・
152_5221_1.jpg

152_5225_1.jpg


スポンサーサイト

うちのお花たち 牛

最近、めっきり花壇を触っていません。
昨年冬からのビオラもまだそのままのものもあります。
それでも、けなげにみんな生育していて、かわいいものです。とても癒されます。
151_5172_1.jpg

窓から見えるお花。タチアオイが咲いています。
ここ数年、花が終わってからそうそうに掃除してしまっているので、種があまり根付かず、例年よりもだんだんと株が減ってきてしまいました。反省。でも、このタチアオイ、ピークを過ぎると、葉っぱが茶色くなり、花の後の種の部分も茶色くなり、見た目があまりよろしくないんですよね。。。

151_5174_1.jpg
この花壇の中で一番色の濃いアイビーゼラニウム。
とっても気に入っています。アイビーのような葉っぱもとても可愛い。セメントでできたローマンテラコッタ風の鉢に入れているのですが、寄せ植えより、単植でこういう鉢がいいですよね。見応えもあるし、手入れもラクちん。
151_5175_1.jpg
この花壇は、まだ植え込んでいない育苗ポットがそのまま置きっぱなしで、もう1ヶ月も経ってしまいました。そのくせ、こんもり繁り始めていたりして、とても馴染んできてしまってます。


151_5173_1.jpg
この時期は、やはりアジサイが一番ですね。
うちには、大きな株のアジサイがたくさんあります。ホントは、集中して株を植えてあれば見応えがあるのでしょうが、空いている場所にぽつんぽつんと、植えてあるので、鑑賞価値が半分ぐらいになっているでしょうか。
カシワバアジサイもいい感じで咲いています。

こちらは、G様に昨年頂きました斑入りのガクアジサイ。
色もシックで大変気に入っています。
151_5177_1.jpg


151_5180_1.jpg
これまたほったらかしの牛舎の所の花壇。
昨年からのダリアが、元気に咲いてくれたプランターを置きました。やっぱり、ダリア大好きです。
151_5181_1.jpg
昨年からのダリアは8つの株がいい感じに花を咲かせました。しかも、60円で購入したんだったよな~。2周りくらい大きくなって、優秀!!

151_5185_1.jpg
ほとんど売れなかった寄せ植え達。
グリーンものが大半なので、商品価値はそんなに落ちないので問題ありません。
ただ、置き場所がね・・・。枕木を敷いてもらったここも、以前よりは大分改善してますが、大雨が降ると水たまりができて、車の往来で、泥はねが。。。早々移動しなければ。

うちではありませんが、下の家で(そちらも酪農家)放牧しているも~ちゃん達。見ていると自然とほほえんでしまいます。何とも幸せそう。。。やっぱり、狭い梁場に繋がれているのはかわいそうですね。
151_5187_1.jpg


日に焼けました~

4回目のフリーマーケット、昨日一人で行ってきました。
曇っていたからと日焼け対策を何にもしなかったら、首が赤黒く焼けました。イタイ!!!

結果は、売り上げ的に言えば、前回の3分の1程度。
いい気になっていた所だったので、調子に乗るなという事かも知れません。

151_5168_1.jpg

2区画で出て、極力、搬出用のコンテナやブルーシートや、段ボールをおかずに雑然とさせないようにしました。
あまりにすっきりさせすぎたのか、フリーマーケットなので、ごちゃごちゃしている中から、掘り出し物を探し出す方がよいのかしら・・・雑然とおいておく方が特売感があるのかしら・・
ディスプレーの事を色々反省しましたが、、
県民の日でもありました。
道の駅なのですが、お土産やさんもガラガラでした。県民の日は、色んな所で入場料が無料で入れるので、お客さんががここには来ないのではないか、と言う人もいました。
私は、考えたのは、ガソリン代があがった影響が大きく、この時期、特に目的のない南房総には中途半端に圏外からは来ないのではないか。。と。県民は無料に逃げちゃうし。
春先は、暖かいのと、お花を見に来るのでお客さんがとても多いのです。
この時期は厳しいかも。

151_5171_1.jpg

曇りでしたが、紫外線は強かったようで、首が真っ赤に焼けてしまいました。
何年も出店しているおばさんが、一番売れなかったといっていました。
今までより断然お客さんは少なかったですが、色んな人と、いろんな話ができたので、やっぱり面白かったです。


だんな様曰く、継続することに意味があると。
いずれ、自分の家で何かできたらいいねえ、と漠然と夢を語り合うだんな様と私ですが、何もせずにいきなりお店を出してもよっぽど惹きつけるものがないと、形にして、継続できないだろうということも、フリーマーケットで出店してイタイほど分かります。
リピーターがついても、同じような品揃えでは、毎回次々色んなものは買ってもらえないでしょうし、道の駅のようなお土産目当てのお財布のヒモが緩い状態の皆様でさえ、買い控えているなあ・・と(手にとってさんざん迷って、相当な値引きを提案しても、あげくに買わないで置いていくケースが今回とても多かった・・・)
夢みるお店やさんですが、うちの環境や、状況で、相当なお金と時間・エネルギーを投資して、やることじゃないですね。せいぜい月一で、人のいる所に出ていってやって、楽しいワクワク感を満たして、あとは、牛さんのお世話を一生懸命する程度がちょうどよいかも。。



話は変わりますが、
フリマの前に、夜子ども達と準備をしてましたら、夜8時頃、蛍を見ました。
初めて見たので、とても感動しました。普段は、夜に敢えてフラフラすることがないので、この辺に蛍が出ると知っていましたが、見たことがありませんでした。
フワフワと漂っている仄かな光に、感動した事が、不思議でした。
豆電球のような小さな光ですが、それが自然のものだと頭で認識しているからでしょう。。。色んなイルミネーションや、電気・ライトアップとは違って、生き物のムシだからなんでしょうか。

学生時代に、ルワンダに絶滅危惧種のマウンテンゴリラを密林をかき分けていきながら見に行きました。この目的のルワンダは、実質滞在が半日だったのですが、そこまで行くのに、ケニア・タンザニア・ウガンダと経由して行ったのです。。
動物園でゴリラを見ても、ふ~ん、という程度、狭い所で毎日かわいそうだなあと、ちょっと悲しい感じですが、生息状態そのものでジャングルにいるものを身近で見たためか、本当にカンドウしました。
話がずれましたが、蛍を見た時の感動には、若干ゴリラに共通した感じを受けました。

都市で生活していると、下に上下水道やガス管が通ったアスファルトで覆われた土地が当たり前で、人工的に整備された環境に慣れてしまいますが、
私が今生活させてもらっているこの田舎などでは、細菌や微生物を始め、ムシ、動物・・・渦巻く生態系の中に家を建てさせて頂いてるんだなあと実感することがあります。。
というのは、大発生している蟻の大群とか、植えている花の鉢をどけたときのダンゴムシやらの集団やら、家に入り込んでくるたくさんの虫たち、裏山でごそごそするイノシシやオサル、狸やキジや、ウサギや、、、
蛍を見たときの安心感や、マウンテンゴリラを見たときの涙が出ちゃう感じっていうのは、動物の一種としての自分が“自然”の一部であることを感じることができた証拠なんでしょうね。
家族やら、自然やらを本当に大事にしなきゃと思う瞬間でもあります。

明日はフリーマーケット~

151_5166_1.jpg

よくもまあ懲りずに・・・
って、懲りてる場合じゃありません。
“なんかやりたい病”にとりつかれ、日々充実した毎日を送っております。
ということで、ここんとこ、水曜日は集中ミシン日で、8個バッグを作り、木曜日は、お花を仕入れて寄せ植えづくり、金曜日はディスプレー用の棚づくり、本日も寄せ植え・棚づくり。。。
楽しいですわ☆
あと、今日は、午後から、うちから30分の鴨川で、加藤登紀子さんの主催するあわのわのイベントに行って来ました。
出店の数は、15位でしょうか、衣類・小物・アクセサリー・食べ物・・・
全てかなりアースコンシャスチックでございました。
最近私が傾倒しているYU・ME・MIワールドは、アジアン・ジャパニーズテイストを意識的に除くヨーロッパの世界ですが、本日のイベントは、かなりのアジアンテイスト。。
以前は、お~っとかってグッズを買ってみたりしましたが、、趣向が変わったのかすぐに飛びつかなくなりましたわ。
大人になったてことでしょうか。。。
購入したのは、植物の苗~♪藍染めに使う“藍”と、綿実のなる“綿”の苗を買ってきました。
そして、子ども達と手作りオーガニックケーキなるものを頂きました。
加藤登紀子子さんの自然王国という場所なんですが、ちょっと有名な大山の棚田という田んぼが近くにあり、田んぼのオーナー制度なんかがあって、稲刈りの季節などには、都会からベンツやBMWに乗った人々が列をなして、里山目指してやってくる場所です。今回始めていきました。

さて。
私は、又、明日の準備~♪。
もう夕飯は作ったから、あと、も~ちゃんの餌をあげて、
値札付けと詰め込み。。
楽しみ☆

また

151_5134_1.jpg



突然ですが、
京都へ行って来ました。
しかも、金夜出の日曜早朝帰りの夜行バス。
実質土曜日のみ、の1day京都です。

YU・ME・MI Factoryのモギトリセールに
色んなお店の、品揃え、値段、販売車、ディスプレーの様子・・・を見に行ったのです。
まるで、雑貨屋さんを始めるかのように。。
そう。気分は、雑貨屋さん創業準備!
ワクワクで、何もかもが価値を持つ情報で、とっても面白いものでした。
更に、色んなオーナーさんともお話をする機会もあり、充実してました。

って、

資本も時間もコンテンツもないのに、、、
冷静に考えれば当たり前のそんなことが,
イタイほどよく分かり、
このフワフワしたユメミ気分から、今回京都に行くことによって魂がやっと現実に戻ってきました。

モギトリセール、今回は、179店舗の出店。
それぞれが、色んな府県の町で、素敵なセンスの店をもって切磋琢磨しているお店ばかりです。
雰囲気も、品揃えもとても可愛い。。
といっても写真が一枚もなくてごめんなさい。使い捨てでばかりガンガン撮っていました。

そんな素敵なモギトリセールも途中で退散し、
もう一つの大きな目的の長岡京にあるflower garden HANAKOさんへ。
ずーっと行きたかったお店です。ずーっと会いたかったHANAKOさんです。お店は17時までだったのですが、事前に電話連絡して、17時過ぎに到着、他のお客さんもいまして、とっても快く迎えてくださり感激でした。
HANAKOさんは、モギトリセールのようなこだわりのあるショップさんの集まるロハスフェスタで、ディスプレイグランプリ大賞を受賞しているお店で、驚異的な集客力を持つカリスマワーキングマザーと、紹介されます。
151_5120_1.jpg

151_5112_1.jpg

151_5114_1.jpg

今回行ったのお店は、自宅のガレージにつくられた1号店。昨年に、おしゃれなモールに2号店も出していますが、やはり興味があったのは自宅ショップの方。驚くほど閑静な住宅街にありました。
YU・ME・MI製の小屋などでディスプレーし、もう何年目になるのでしょうか、植物も昔からという感じで、とっても馴染んでいました。とてもセンスが良いのですが、スタッフさん曰く戦場のあと・・と、いつでも雑然としていると言っていました。販売苗の場所、植え込みのための土の場所、おしゃれなディスプレー空間がメリハリあって、良いと思いました。おしゃれすぎず、整いすぎておらず、若干の雑然としている感じがとても居心地良いと感じました。
オーナーは、とっても忙しい方だろうに、時間外に初めていった私のような客にも、ベンチに座って1時間もお話ししてくださいました。とっても魅力的な、ポジティブな人間力に溢れた女性でした。あんな人になりたい~と、思ってしまいました。シビアな話もしてくれたり、とても為になりました。

とにかく、充実した1day京都でした。

モギトリで、GETしたカゴ。
151_5136_1.jpg

色んな人と出会えた記念に、大事にしたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。