農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2008年05月の記事

今日は遠足でした

本日は、娘の保育所の遠足。
弟と3人で千葉市動物公園へ行って参りました。レッサーパンダの風太くんのいる所です。

2台の大型バスで1時間半、写真は、なかなかうまく撮れず、一枚もありませんが、人間観察をするニオイもスゴイ臭いオランウータンと、バスタオルをショールのようにかけるゴリラが、見ていておもしろかったです。
子どもは、自由行動のため散り散りになったお友達を発見するのが目的かのように、動物より、“あ、××ちゃん!!”って何のために、ここまで来たのか・・

行事続きのため、若干疲れ気味で、帰ってきてちょっとぐったり。
そんでもって、小腹が空いて、こんな時に食べたいものといえば!
毎朝食べているパンなのです。胃が疲れていて、何も食べたくないときでもこのパンだけは食べられる~
そうそう、妊娠中とか、気持ち悪いときに、味の素とか、化学調味料とか、保存料に体が敏感になった時期があって、胃が焼けるという感じを認識したことがありますが、このパンは、体に馴染んで、体にやさしいという気がします。
うちでは、ほとんど休むことなくこの4年半毎週配達してもらっています。国産小麦・天然酵母で焼いてくれます。ちなみに、一本400円。毎週3本。娘達も、このパンで育ちました。離乳食が完了した頃、よく、このパンを食べていたのですが、これ以外のパンは食べないことがありました。やっぱり、違うんだね~って言ってました。
150_5094_1.jpg

発酵食品、って感じで、生きてるってかんじがして、日にちが経っても、ボソボソに固くはならず、もっちり・しっとり、舌の奥からジュワッと唾がでるような旨みがあります。
焼きたては、フワフワでとても美味しいですが、一週間位おいた方がおいしいとだんな様と言いながら食べています。

これに塗るのは、自家製のジャム。。
150_5095_1.jpg
左からうちの畑で採れたイチゴのジャム、うちの夏みかんのジャム、そして、最近ハマっている“バナナとオレンジとバラのジャム”。これは、バラとガーデニングショウで一日お手伝いをしたスコーン屋さんで売っていたジャムを参考に自家製で作ったもの。やはり販売していたものとは微妙に違いますが充分美味しくできました。国バラの会場では、色んなブースでバラのジャムが売られていてとても気になっていましたが値段が高くて諦めていました。一瓶作るのにどれくらいの花びらがいるんでしょうか。今回は、マガリというとても香りの強いバラの花を4つ分使いましたが、充分香りが出て、又、必ず作ろうと思います。
そして最後に一番右側は頂いたブルーベリーのジャムです。

パンもそうですが、やっぱり、手作りのものが良いですね。美味しいです。変なものが入ってないし、ホンモノって感じがします。だんな様のベーコンもしかりです。


話は変わって、本日のツリガネソウ。
ピンクも咲き始めました。
151_5101_1.jpg

白もあります。
151_5106_1.jpg


最近は、グランドカバー的な植物が増えています。
ワイヤープランツ・プミラ・ビンカマジョール・アジュガ・ラミウム・グレコマ・・・
150_5098_1.jpg

セダムもとっても増えています。今はセダム類もお花の季節です。
151_5104_1.jpg




151_5105_1.jpg

このマルバストラムもグランドカバーなのかしら、、這いながら広がっていきますが、ハンギングにも良いらしいですが・・これは、昨年からうちにあるもので2年目です。冬も常緑でした。今は、たくさんの蕾を付けています。
151_5102_1.jpg
このアイビーゼラニュームも下に植えちゃえばどんどこ広がるんでしょうね。。

最後に4年目の大好きなマジョラム。
151_5109_1.jpg
一番好きな香りのする植物です。


スポンサーサイト

やだ~

だんな様が、娘達にそ~っと近づいてきて“じゃ~ん!!”ってもってきたホネ。
“ぎゃーーーー!!”ってみんなで退散しましたが、、。。。(無言)

イノシシの下あごだそうです。
2年くらい前に近くの川のそばに野垂れ死んでいたイノシシのもので、用事があってそこに行ったそうで、おっこちてたとか。なんで拾ってくるかなあ。。
なかなか絵になってるでしょ??っとかって、水道の枕木の上に置いちゃいました。。

うちでは、みんな『もののけ姫』の愛好者だというのに・・まったく。。

150_5081_1.jpg


気を取り直して
お花の写真。
昨日の、ツリガネソウ。今日は、又たくさん開花しました。
150_5075_1.jpg


こちらは、似たような感じですが、青花ホタルブクロ。
先日の国バラで購入したものです。薔薇は買いませんでしたが・・・
うちでは、白いホタルブクロがたくさん咲いて、雑草扱いなんですが、咲いているとやっぱりステキ。
更に、深い紫色のホタルブクロ、これが増えたらいいなあ。。という願望もあって、買ってしまいました。
150_5076_1.jpg


150_5079_1.jpg
クレマチス第2弾です。購入時、咲ききってもうお花は拝めないかと思いましたが、また立派に咲いてくれました。まだつぼみが付いています。
うちでも、いけるかなあ~☆

最近のうちのお花

東村山から帰り、台風の影響をもろに受けたうちの庭は、少々荒れておりました。
まずお掃除からやったのですが、なかなかぱっとしません。
やっぱり、イベント用の仕立て上げられたガーデン達のそばに一週間近くいたからでしょうか。

うちのバラは、思ったより咲いていなくてがっかり。
あとは、やっぱり、実家で昨年もらってきたものが多く、、手入れの行き届かない状態で古木でして、勢いがあまりないんですよね。。専門の人が管理すれば、もっとどうにかなったのかな~
しかも、動物がいるから、薬剤は撒きたくない、という逃げもありまして、ムシを手で捕るくらいしかやっていなかったのがいけないのかな。。
はずかしくて、写真にもあげられない状態です。。。。

そんななか、昨年に購入したピエール・ドゥ・ロンサール、アンジェラ、マガリ、ニュードーンはいい感じになってきております。やっぱり、バラの年齢も関係しているのかなあ、奥が深いですね。
150_5056_1.jpg


もっと、お花が付いたらいいのにな・・・
害虫過多のうちの環境じゃ、バラは難しいのでしょうか。
近頃、昨年のダリアがまた、青々と伸びてきていて、バラより愛すべきはダリアかも!という気になってます。といっても球根に対して、なんの管理もしていないので、どんな花が咲くかは不明です。

この空間も、どうにかしたいなあ。。↓
150_5072_1.jpg

150_5063_1.jpg
G様より頂いたジキタリス、これがあるだけで、雰囲気が違いますよ☆
150_5065_1.jpg
ポストの下は、なんの手入れもせず、ジャングル化。
150_5067_1.jpg
ここは、こぼれ種のカレンデュラが旺盛にはびこってしまいました。
150_5070_1.jpg

二年越しのツリガネソウ。こんなに立派な花が咲きました。ものすごい楽しみです。種から育てて、途中、雑草のアワダチソウと勘違いして廃棄した苗もいくつかありました・・もったいなかったなあ、こんなに咲くならもっとちゃんと管理しておけばよかった。。
150_5049_1.jpg
御義母さんのアママリス。毎年、必ず綺麗に咲いてくれて、手間もかからずえらいなあ。
150_5050_1.jpg

何の工夫もありませんが、シンプルな空間に、こういう鉢をぽつんとおいているような感じがいい気もします。

国バラ2

第10回国際バラとガーデニングショウ。
私の実家、東村山に近い(接続がよければ電車で15分ほど?)西武ドームで、開催されるということで、だんな様がちょっとした御縁のある、YU・ME・MI FACTORYさんにコンタクトをとり、今回のお手伝いという機会を得られました。京都から来ることもあり、一人でもスタッフが多い方がよいだろう、そして、何より庭造りの背景を知れる(YU・ME・MIさんは、第6回国バラのガーデニングコンテストの大賞を受賞しており、以降毎年、デザイナーズガーデンの一つとして毎回参加しています。特に、昨年のフランスの小さな村は、BSの放映の一部にもあり、規模も大きかった~)ということで、私はまさか本当に加われるとは思っておらず、作業日の3日前に連絡をして、現実化したものでした。

ショウは、5月14日(水)から19(月)の6日間。
お手伝いに出向いたのは、11日から13日の設営準備と、19日の撤収。中一日、関係者の他ブースでもお手伝いをしました。
なんとも幸せだったのは、一番の見頃を迎えている花達に囲まれて、また、それらがディスプレイされていく様子を間近で見られたこと。。(逆に、房総の実家に戻ったときの自分の庭とのギャップの大きさにがっかりした程度も大きかったですが・・・)
花達がとってもステキに仕立てられていく様子が、ビックリするほどシンプルな手順で、もしかしたら自分にもできるかも!!って、今まで遠巻きに感じていた事を身近に思えたことも大きな収穫でした。
149_4990_1.jpg

朝の7時には現場に到着。
スタッフさん達は、意外と少なく、スタッフの方が二人、職人さん2人、私も含め、女性のお手伝いが4人だったり・・主に皆さん京都からで、すでに前日からドームに入り、大物はだいたい搬入してありました。
私は、現場の設置(木・塀・芝・・・)の手伝いや、用具などの荷物管理、花の植え込み、水やり、ペンキ塗り、など、意外と色々なお仕事に携われ、筋肉痛にも見舞われるくらい体を酷使しました。

こちらの大きな石やアンティーク雑貨類はほとんどにおいて本場英国から持ってきています。建物は、作ったものですが・・
149_5000_1.jpg

植え込みは、京都から連れてきた植物たち。ロベリア・ブライダルベール・ラベンダー・アジサイ・シロタエギク・ワイヤープランツ・ロータス・シュガーヴァイン・黒いクローバー・可愛いバーベナ・・・
ナチュラルな、どう植えてもケンカし得ない花達をどんどん配置していきました。
花達が、入ることにより、素敵な建物がよりいっそう活き活きしてきて、植物のチカラを感じざるを得ませんでした。また、ナチュラル素材である石、鉄、芝(も含まれるか・・)、苔、これらをうまく利用し、小物も使った演出で、とても自然な感じに仕上がっていく様子がとてもよく分かりました。
150_5003_1.jpg


150_5007_1.jpg

ロベリアは小花がしだれる雰囲気のある花ですが、今回、幾つかの苗で水切れのもの、蒸れたものがあり、イベントには管理が難しいな~と思いました。ハンギングバスケットに使っている人もいましたが、やっぱり、完全に綺麗な状態のものは少なかったように感じます。

150_5011_1.jpg
壁や塀、石の上、屋根の上、木戸の上、ちょっとした隙間に苔ものっけて作業はとっても面白かったです。最終日には完全に馴染んでましたよ。

150_5014_1.jpg
ほぼ完成した様子

150_5032_1.jpg
これは、私がお客さんとして行った15日の様子。人もたくさん~


↓こちらは、お手伝いではなく、国バラの様子。。
149_4995_1.jpg
もう一カ所ウェルカムガーデンに設置されたYU・ME・MI製のコテージ。こんなのがうちにあればな~

150_5005_1.jpg
窓にかかったアンティークレースとランプの光。こういう感じがたまりません。今回、お手伝いしたYU・ME・MIさんのエリアでは、バラは、中庭1本、外壁に2本の合計3本かな・・しかもこれ!という品種を持ってきているのではなく、イメージで、会場内のもののなかから調達してきてました。でも、その場所にぴったりのもので、さすが~と感じ入ってしまいました。
後は、外壁にとても趣のあるよじれの入った藤の古木と、ツタウルシかなあ、アイビーではないとてもワイルドなうちの電柱に絡みついているものをわざわざ山からはがしてきて貼り付けました。
こういう演出が、効いているんでしょうね。

150_5021_1.jpg
アンティークのレース・小物・リネン雑貨等々のお店。色々欲しかった・・
150_5020_1.jpg
特にこのバッグ、可愛かったな~。とりあえず、写真を撮らせてもらいました。でも、私が気になっていたショールも、このバッグも、初日のはじめの方に売れてしまったとか。スゴイ勢い!

この販売ブースとなっている小屋は、90マン円で販売。
幾つか、予約済みになっていました。

150_5010_1.jpg
こちらは、お花のお店と、リネン・雑貨の共同ブース。かわいい・・お店のオーナーさんは、京都の方と、群馬の方。お二人とも私と同年代じゃないかなあ。。
皆さん、超パワフル。しかも、単身遠くから来て、一週間近くホテルに滞在。イベント中は、お店を開けられないので、なだれ込むお客さん達の相手をしながら、トイレに行くことも難しいような状態だったと思います。6日間毎日。。お昼ご飯はどうしていたのかなあ・・熱出した日もあったって行ってたしなあ・・ほんと、脱帽です。しかも、みんなとても可愛い方々でした。

こちらは、YU・ME・MIブースのすぐ後ろのガーデン。コンテストの大賞を受賞したお庭です。
バラの誘引されている感じも本当に自然。アーチにバラをくっつけたまんま運んだかのようです。実際は、現場で誘引したのですが・・
150_5024_1.jpg

150_5023_1.jpg

150_5026_1.jpg
仰々しくきちんとした庭より、こんなラフな感じの方が、見ていて楽しかったです。

最終日には、有名人がいっぱい!

写真撮影をしているケイ山田さんに遭遇。舞い上がって私は、変なビームを出していたらしく、話しかけて頂きました。今度の日曜日にここの庭を造る様子がテレビ放映されるそうです。いつか、BARAKURAを目指して蓼科まで行きますからね~
とても感じのよい先生でした。
150_5046 コピー_1

150_5047_2.jpg
ということは、いらっしゃるかも!と憧れの吉谷さんのお庭の前に行ったら、案の定。。いましたよ~。美しい。しかも、背が高くて足が長い・・なんのこっちゃ。
お庭はそっちのけで、有名人巡りをしてしまいました。

150_5048 コピー_1
玉崎氏とも。。

撤収前に最後の営業だったのかな。最終日の16時過ぎでしたから。

とにかく、皆さんにお世話になり、お手伝いをさせて頂きました。

酪農一本の毎日に夢をいただいた心地です。
この刺激を何か次に生かすべく、ワクワクの灯火を燃やし続けられたらな~☆







行って参りました!!!!!

行ってきました~“国際バラとガーデニングショウ”

とりあえず、簡単な報告を☆詳しくは、後日改めてということで・・・
149_4992_1.jpg
↑設置の最中は、トラックが会場に入り、工事現場のような場所も・・・販売ブースはまだガラガラ。

150_5018_1.jpg

150_5014_1.jpg

150_5013_1.jpg

150_5006_1.jpg
↑まだ、作業途中の中庭。ステキです。

思ったより、少人数で作り上げていく現場にびっくり。私も、屋根の上に登ったり、お花の植え込みを手伝わせて頂いたり、、
なにより、ガーデンのコンテストの大賞のお庭の前でのお仕事。最終日には、吉谷桂子さんや、玉崎氏、ケイ山田さん・・ご自身のお庭の前に皆さんいらっしゃって、一般のお客さんとお話したり。私も一緒に写真を撮ってもらいました。プロの方々の特別なオーラを感じ、エネルギーを頂けた(勘違いか?!)という経験が何より貴重でした。もちろん、第一線で活躍されているYU・ME・MI Factryさんの現場の一人に加われたことが何よりの幸運!!!
ホント、感謝の一週間でした。

詳しい事は、また後日。

突然ですが、東村山へ。

実家へ、参ります。
目的は、
・明治生まれの祖母が鹿児島から来ている のと、
・国際バラとガーデニングショウのYU・ME・MI Factoryさんのブース設営のお手伝いに!!!
 
国バラのお手伝いは、本日急遽決まり、明日東京へ。
YUMEMIさんは、今年はイギリス湖水地方をウェルカムガーデンに作り上げる予定です。
ワクワク☆

子ども達を連れての里帰りとなります。
保育所の先生方、本当に申し訳ありません。
自分の中では、勉強・研修という位置づけで、行って参ります。

149_4987_1.jpg
うちでもバラが咲き始めました。来週一週間で見頃を迎えるでしょうか。天気は悪そうですね。

149_4989_1.jpg
試作品のペットボトル入れと手帳カバー。可愛くできましたが、まだまだ改善の余地有り☆

手作りベーコン!

だんな様の趣味の一つに“ベーコンづくり”っちゅうものがあります。
いつもは、年末暮れのおしせまった頃お歳暮の意味も込めて作るのですが、おととい、どなたかにお渡しするためにまた、大量に作りました。
最近は、とても美味しいです。
塩加減、熟成の具合、スモークの具合、固さ・・・総体的に美味しいと思います。
以前は、辛かったり、固かったり、、イノシシだったり(ワナにかかったものをヤリで殺生し、骨抜きして熟成させ、調味料につけ込みスモーク!)・・・折角の代物に、丁寧にご遠慮申し上げたこともありました。でも、最近は、本当に美味しいのを作ってくれます。

149_4940_1.jpg
桜の木を切って、
149_4939_1.jpg
細かくチップ状に。プロパンガスの上にドラム缶というセッティング。
149_4942_1.jpg
こんな感じで、2枚ぶら下げて、
149_4947_1.jpg
約15時間、80℃の温度でスモークします。
今回は、お昼から始めて明け方まで。夜中にも温度の確認をします。
149_4965_1.jpg
いいにおい~!!
149_4966_1.jpg
よくわからない包丁で、切り分けます。(まな板は、御義父さんの車のボンネット☆)
149_4967_1.jpg
おいしそうでしょ!?

149_4963_1.jpg
完成♪


今回のも、美味しくできましたよ~

場所確保の続きとロバ

随分前から、掃除をしたり、砂利を置いたりして場所確保したいと思っていた場所に枕木を置いてもらいました。
フリーマーケットに参加するようになって、とにかく、作業する場所、確保する場所が必要と言うことを認識しました。確保する場所に、屋根がなく、地べたにそのまま寄せ植えをした鉢を置けば、雨の後鉢も植物も泥ハネで汚れてしまい、これじゃいかんと、テーブルの上に並べて屋根のない所においておいたら、上から振ってくる木の枝やら種やら、花やらで、寄せ植えが汚れてしまう・・ということで、なんとか、屋根があり、高さがある所を作りました。
ここは、もう1ヶ月以上前から、U字溝を掃除し、水はけをよくして、いらないものも移動してなんとか使える空間にしたいと思っていた所です。
だんな様が動けば、2時間もかからずにユンボで整地、ならして、枕木を持ってきて敷いてくれました。
あとは、屋根が半分飛んでいってしまっているので、どうにか直していきたいと思います。

149_4982_1.jpg


148_4840_1.jpg
←作業前。

色々、作業していると、繋いだヒモをはずして勝手に散歩しているロバのパセリが、「かまって~」とでも言うように私の後をくっついて歩いて、何ともカワイイ。
ロバは、ギリシャや南仏、モロッコ・チュニジア、地中海の周りから、中央アジアに至るまで、労働力として健在で、馬力が強いので、重い荷物を提げられて、人まで乗っちゃったりして、軽トラックのように使われています。頭がいいんだと思います。いつも何か考えている感じ。
ご希望に答えて、上に乗って、散歩しちゃいましたよ。軽い乗馬。鞍ナシで結構楽しめました。

149_4975_1.jpg

149_4976_1.jpg


その後、ほっといたら、ひいお祖母ちゃんの畑に入り込んで、泥棒ロバになってました・・・
149_4980_1.jpg
嬉しそうに“ウッシッシ”みたいな感じで歯を剥き出して唇を上下に開けて、「イ~」ってやってました。おかし~

羽衣ジャスミン・シャクヤクなど

我が家の3年目の羽衣ジャスミン。
アイビーもそうですが、私は、壁に這う植物が大好きです。建物がいまいちでも植物が絡んで演出してくれていると、それだけで、目を引くいい感じの雰囲気が醸し出されるような気がします。
でも、ここまでくると・・・2年後、3年後はどうなってしまっているのでしょうか。
冬の間も常緑だし、大好きな壁のぼりの性質。。剪定もしなくホッタラカシでここまで来てしまいました。お花の付き方も半端じゃありません。この花芽の数を見てください。。4月の半ばから、6月ゴロまでお花のみならず、香りも楽しめます。。
149_4961_1.jpg



149_4959_1.jpg
昨日のシャクヤクの花が開き始めました。このくらいの開き具合ですと、一見バラなのかしらとも思いますよね。

149_4958_1.jpg
濃紫のスイトピー。

149_4981_1.jpg
4つ葉のクローバー+お花。お花はよくあるレンゲの花でした。

149_4979_1.jpg
ロベリアの青いお花。もっとこんもり、頑張って~

かわい~

昨日の夕方発見した子猫。
149_4952_1.jpg

今期、初めて遭遇した健康な子猫です。うちにいる10匹以上のメス猫たちはそれぞれお腹が大きかったのですが、いつの間にかどこかで産んでいるらしく、元気に育たない割合の方が高いらしく、最近はなかなかお目にかかれませんでした。そんな中、発見した子猫ちゃん。かわい~

子の親ネコ、そのまた親ネコが、うちの周りのネコの中でも人間を恐れていないので、安心している様子で子ネコを見せてくれます。人間嫌いの親ネコだと、私達が発見してしまうと、どこかにひっこしてしまいます。
149_4950_1.jpg
149_4932_1.jpg
149_4933_1.jpg
149_4929_1.jpg
↑これが親ネコの親。子猫のお祖母ちゃん。
149_4948_1.jpg
母親左。右は多分父親・・・

とにかく、元気に成長することを祈ります。

149_4938_1.jpg
うちの唯一のコッコも元気に散歩してます。ほほえましい。

149_4946_1.jpg
お花は、ラミウムの花がとてもきれいに咲いています。
バラの蕾もたくさん付いて膨らみつつありますが、

↓こちらはシャクヤク。これも開花が楽しみです。149_4934_1.jpg

フリーマーケット

今回は、だんな様も参戦。
持っていった商品も多かったので、どんな売り場になるかというイメージもないまま当日です。全てを並べ出してから、こうじゃなかったね、、「これから移動する~?」「今更無理でしょ・・」みたいな感じで、やってました。

前日までの雨!ず~っと雲行きをものすごい気にしながら、当日を迎え、だんな様との会話は「雨降るかな~」って天気の話が8割でした。二人で話しても天気は変わらないのに・・・


149_4926_1.jpg

今回は、だんな様のアイアングッズを持っていって、色んなお客さん達との会話も弾みました。だんな様は、この台にもなる箱を作ったり、緑のペンキを塗ったり当日前夜までやってましたよ。こういう準備も文化祭の準備みたいで楽しいですよね・・この年になっても~
149_4927_1.jpg


149_4925_1.jpg
一人でこぢんまりとやるのと違い、だんな様との参戦は雑然とした感じを隠せません。

今回は、お花や寄せ植えより、手作りバッグ達がよく売れました。
ミニバラや寄せ植えなどのお花は、桜の咲く頃。これから春が来るぞ~という肌寒い空気の中の暖かな日差しを心地よく感じるころの方が売れますね。
今の時期って、日に日に植物が大きくなって、うちの花壇も草ですが、ジャングルみたいになりつつあり、これから花壇の行方をどうしよう・・と言う時期なので、明確な夏の花壇のイメージができていない限り余分な苗を雑然と購入することは控えるように感じます。(私がそうです・・)

袋は、当日の朝に作り上げたものも含め、二つの麻バッグが真っ先に売れました。人気商品です!

こんな雑然とした所に来て頂いたお客様、ありがとうございました!!
なかなかゆっくりご対応できず、心苦しい面も多々ありますが、とても嬉しかったです~

3回目のフリマの前日

フリーマーケット出店の前は、少々気ぜわしくなります。あれもこれもやりたい、やらねば・・と、なんだか使命感にとらわれるのです。
なので、逆に色んな雑務がはかどるし、億劫じゃなくなります。

そんなフリマの前日、大型連休で泊まりに来ていたおばさん達と、裏山探検へ。
あれも、これもとやることが頭の中は山積みでしたが、裏山にクマガイソウとコウモリを見に行こう!という誘いに乗り、長靴を引っかけていざ探検へ。楽々洞穴まで行けるよ~というだんな様の情報にだまされ、(毎日タケノコや畑荒らしに出てくるイノシシが地形をめちゃめちゃにしてしまっているため、唯一獣道だけが進める道で、小雨の後で滑るし、60°を越える急な斜面と絡まるツタや草、倒れた木、わけ分からないムシやら苔やら・・で)極めて困難な冒険でした。
戻る頃には泥だらけ。子どもに怒られそうなくらいになってしまいました。
149_4912_1.jpg

結局、目的地までたどり着けず、“何がラクラクだよ~”とブーイング。
うちのすぐ裏です。夜中によくバリバリと、イノシシが竹を踏む音が聞こえるんですが、それと同じ音を立てながらの冒険でした。
でも、自生のエビネが見られたり、色んな珍しい植物が見られたし面白かったです。
149_4915_1.jpg
マムシソウ??
葉っぱもなんだかいい感じ。

149_4910_1.jpg


↓話は変わりますが、これは、うちのエビネ。株分けのタイミングをいつも逃してしまい、ぎゅうぎゅうな感じになってしまってます。
149_4922_1.jpg




149_4924_2.jpg

冒険から帰り、値札付け、積み込み、ついでにおうちの周りのお花でミニブーケを作ったりして、夕方に準備を終えました。
その後、ご飯を食べ、シャワーを浴びて、寝ればいいのに、、諦めきれずに麻バッグを編み始めたりして・・・
前回、麻ヒモで編んだバッグが一番に売れたんです。(以前ブログで紹介したシンプルな麻バッグが!)

購入苗等

最近、とても可愛いな~と思い、一気に6苗購入してしまいました。
ピレア・グラウカ
148_4896_1.jpg
自分用にも、こんもりと大きく育ててあげたいです。挿し芽も簡単そう☆

148_4894_1.jpg
↑先日の購入苗で早速寄せ植え。

148_4892_1.jpg
3軒での買い出しの成果。

148_4891_1.jpg
↑楽しみにしていた初のバラはカクテルでした。これから楽しみです~

縫い物

最近は、もっぱら、朝・夕にちょこっとウシのお手伝い。
明るい日中は、土いじりをし、夜の寝静まった時間にミシンがけを~という生活パターンです。
ミシンは、相変わらず言うことを聞く良い子ちゃんで、私も5日に一回は、油を差してあげています。


娘ちゃんのスカートやエプロンも、試作してみたり、作っている時にも次に作りたいものを考えながら、あれもこれも作ってみたくて、寝る間が惜しいくらい・・・いつ熱が冷めるかな~
この3週間で作った袋達の写真をずらり。

写真は、グラニーバッグ。前回のフリマで、売れたので、色違いを作りました。
タックを入れたりして、一番手間がかかっています。
149_4901_1.jpg

149_4905_1.jpg
表も裏もパッチワーク風です。
149_4904_1.jpg
安い布で超シンプルですが、かわいくできました。
149_4903_1.jpg
また、お気に入りのポーチをつくってしまいました。でも、この形は、思ったほど売れませんでした。自分が気に入っているから、いっか~
149_4902_1.jpg
ヒモの長い肩掛けバッグ。腰あたりに袋口がきます。意外と使いやすく、上品な形。
149_4906_1.jpg
149_4907_1.jpg
小さい弁当袋と巾着。ブルーのチェックは、小さい袋なので、弟くんが持つとカワイイ。
148_4900_1.jpg
手作りマスク達。手芸店で、売っていたキットを娘がほしがり購入。違う布でたくさん作っちゃいました。子ども達は大喜び。

自己満足ですが、とても楽しい時間です。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。