農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2008年01月の記事

思いつきの作業

なぜか4つも記事を書いてしまいました。お暇だったら読んでね。

水仙たくさん咲いています。
142_4297_1.jpg

142_4296_1.jpg
梅の木も、もう間もなく開花を迎えることでしょう。


昨日は、バラの剪定と、竹笹藪の掃除(これが結構大変ですね、たいした範囲ではありませんが、放っておくとどんどん広がっていきます。キリがありません)をしました。どっちも、朝の時点ではやろうとは思っていなくて、行き当たりばったりでやり始めて後に引けない状態で結局やっちゃいました。
そして、本日も、行き当たりばったりで手を付けてしまった。
フォークリフトで荷を移動させるときに使うパレット。
最近、木製のワンウェイパレットがたくさんうちにあります。
要は使い捨て。。。飼料屋さんからエサを運んで来て、うちで処分しなければならない代物です。
間伐材で作られた割り箸でさえ、もったいないからマイ箸を携帯する人が増える中で、こんな大きいモノが使い捨てなんですね・・・しかも、結構良い木材でもあります。パイン材のような松です。
ということで、何かに使えるだろうな~と、釘を抜いたり、ノコギリで切ったりして再利用のために作業を行いました。
143_4301_1.jpg
こんな感じで利用されています。

ワンウェイと言うことで、うちに来た時点で割れたりして利用価値がなく、燃やされるのみ。
142_4299_1.jpg


143_4302_1.jpg
かける手間ほど、意味があるのかは分かりませんが、何かに使おうと思います。

今日は、夏みかんでジャムも作りましたよ。142_4291_1.jpg



142_4286_1.jpg
←度々ですが、この名前、やっぱり間違えていました。アークチトスではなく、ベニジオ・アークトティスでした。失礼!
スポンサーサイト

アルストロメリア

緑が少ない時期ですが、うちでは繁っている植物もあります。このアルストロメリア・プルケアは、ブラジル産の原種で、増えまくっています。どうやら通常お店で売っている草丈30cmほどのものとは若干異なるようです。うちの草丈は80cmです。
142_4292_1.jpg

どんどこ増えるので、掘り起こしてしまいました。耐寒性の球根がわっさわっさでてきました。何しろ増えるがママにしておりましたので・・・
142_4293_1.jpg

意を決して抜きまくった後は、アルストロメリアを立ち入り禁止にして柵をもうけました。ここまでしても、まだ、残っていた球根から葉っぱが生えてきています。
142_4294_1.jpg

本当に、増えます~


アスパラガスの実!

初めて見ました。珍しいモノでもないのかな。
そもそも、うちのアスパラガス自体、全然存在感がなくて、花が咲いても、人知れず・・・
お店で売っている食用のアスパラが、どの状態なのかもまだ私は知りません。
142_4289_1.jpg
赤い実。2つしかついてません。何かの間違いか、南天の実でも付いてるのかな?と思いました。物知りなだんな様もいい加減なことをブログにかいちゃだめだよ~とか言っていましたが、間違いなくアスパラの実のようです。

気づいたら、二人でおオサルのようになってました。結構高さがあって、しかもジャングルジムのような安定感はないのでぐらぐらです。キケン~
142_4285_1.jpg


142_4286_1.jpg

先日のアークチトスベニジオ・アークトティス咲きました。気分は春。。

根や芽が出てきてます

私の台所の窓辺には、今やジャングルと化して色んな植物が水にささっています。
もう、観賞用とは言えないでしょう。でも、日々の変化が楽しみでもあります。
ただの切り花として挿して退化していくモノももちろんありますが、だいたいは、根っこや芽が出てくるもの。昨年11月ゴロに挿した羽衣ジャスミンは、枯れもせずに(根っこは出していないくせに)もう花が開きそうです。
142_4265_1.jpg
お外のジャスミンはまだ赤い花芽しかないのに・・・アイビーも、どんどん根っこを伸ばして、嬉しいです。

142_4273_1.jpg
ヒアシンス。土入りの鉢にも2つ球根を植えましたが、水栽培の方が楽しみが大きいですね。ニョキニョキ根っこが伸びます。

142_4277_1.jpg
捨てられないバラの葉っぱも水に挿しといたら芽が出てる出てる!ってうれしがっていたけど、これって、冬剪定の時期を逃したって事かしら!!

そういえば、うちの薔薇たち、最近綺麗な葉っぱが出てきてます。ちょこっとふくらんでいた芽も、ニョキニョキ伸ばし始めたような・・・やっぱり南房総のうちは他の関東圏より温かいんですよね・・水仙も見頃だし。。
本には2月の半ばと書いてありましたが、思い立ったらやりましょうともかいてあったので、バラの冬剪定なるモノをやりました。
もちろん、切り落としたモノはすべて砂などに挿しまくりです。結構根っこがつくものですよ。(超貧乏性・・・)

花はいいなあ~

昨日は、色んな所で雪がたくさん降ったそうですがうちでは、一切降りませんでした。。
大雨で、外に出られず、子ども達と欲求不満気味。この降雨量で雪だったらうきうきして外で走り回ったのに。。

ニュースは腹の立つモノが多く、この先世の中はどうなっちゃうんだろうというものや、搾取されている私達の税金の行方に怒りを感じるモノや先の見えない年金の将来。。
やけにマイナス要素が気になります。それもこれも自分のうちの財務状況の内容に左右されているのでしょうか~???まっいっか。

そうそう、凄く気になっていると言えば、先日テレビで見たパンデミック・フルー…世界全体で1億5千万人の死者とWH0の予測もある新型インフルエンザの大流行。気になって図書号で本も借りてしまいました。
そもそも私ったら社会全体を刷新させるべくこういう終末論的考えが好きなのかしら・・・(危険)。そういえば、高校時代の定期試験の日には、電車の中で大地震が起きないかな~とか、考えたこともあったなああ。

このパンデミックが起これば社会システムが崩壊するくらいのパニックに陥るのでまずは自分と家族の身を守るべく生き抜くしかないのだ、というほどの事象が起こりうる、そのXデーは実際に迫っているのだ~みたいな内容で、実際米国はその非常事態を想定して訓練や予算組をしているのだとか。日本では、まだまだ具体的に政策として動いていないので、医療体制も崩壊し、社会自体が停滞してしまうとか。

大地震もそうですが、起きたら起きただ。と基本的にはおもっていますが、子ども達や家族のことを思うと、備蓄食糧やら個人で行う防御マニュアルなるものを熟読してしまいましたよ。

パンデミックと関係なく、この先30年、50年先のこと、想像できませんが、本気で貨幣価値が政策いかんでいじくられてしまうことも考えておかにゃならんでしょうか。
トルコのようにお札の貨幣単位に、0が7つも8つもついてて、1000円が1千万リラで、インフラ率も高く、気づいたら、0を幾つか切り捨てられてたとかいうことがあり得ますからね、、自分の貯蓄も目減りして、年金も激減とか平気で起こりえますよね。
とか、考えても仕方ないか。ローンも目減りするって事だし~


お花は良いわ~
息詰まった気持ちの時でも元気に咲いて手くれてて。。
142_4250_1.jpg

142_4251_1.jpg

あっちこちに埋め込んだ球根が花を咲かせてくれてます。混み合った所もあって、株分けしてあげなければなりませんが、、なかなか。それでもキレイにお花を咲かせてくれてありがたい限りです。

142_4257_1.jpg

サクラソウ。こぼれ種でこの時期自然に色んな所に出てきてくれます。
昨年仕掛けた種が花を咲かせてくれると本当に嬉しいですね。
今年は、タチアオイ等も色んな所に種をばらまいているので、春が待ち遠しい。

142_4249_1.jpg

鮮やかな緑が少ない中で、青々と健康的に育っているアイビーは本当に貴重です。
142_4248_1.jpg
アークチトスアークトティス、耐寒性が微妙で、葉っぱがみすぼらしくなっていますが、花の蕾が幾つか就いています。。頑張れ!って毎日温かい所に移動させてかわいがっています。

142_4246_1.jpg

忙しいっす

個人事業者である我が家では、3月中旬に向けて青色申告の為の作業が始まりました。
毎年、2月の後半頃から本気になって徹夜続きでやっている作業(恥・・)ですが、今年度は早めにやってしまおうと燃えております。
先取りして今までの自分より進歩していることが自覚できる時にはとても気分の良いモノです。それもこれも超夢中の編み物をやりたいため~
やることやってからじゃないと好きなことをできないように決めました。
だ・か・ら最優先は家事・育児、そして夕方の仔牛のエサやり、さらに青色申告の一年分の財務・資産管理の確定作業、お庭仕事は気になりますが最低限に・・・
その他にもご近所に集金に行ったり畑の竹藪を切ったり、
やることがいっぱいです。今まで家事・育児で精一杯だったことを考えると、とってもフットワークが軽くなったわ~


と、このテンションではなんですが、今日またネコが一匹死んでいました。昨日まで元気に跳ね回っていた子だったので、原因は分かりません。心臓発作かな・・近くにはあのどこのモノか分からない王様気取りのオスがつきまとっていました。ストーカーか!?
ということで、本日はこの子のお葬式も行いました。一番かわいがっていたし、ファンも多かった子だったので、とてもショックでした。


写真は、関係ありませんが、子ども達と行ったお散歩。近くのお堂へ。
142_4242_1.jpg
随分古い階段。登り切った上から下の道は見えませんね。。
142_4241_1.jpg
遠目に我が家を。

どんど焼き

本日は、我が家のどんど焼きの日でした。毎年16日の朝に行います。普通は14日の夜とか15日の朝だそうですが。
142_4211_1.jpg
↑まず、大きな脚立に登って、お飾りを下ろします。
我が家の注連縄は、御義父さんがワラで編んでダイダイを付けて作り、御義母さんが昆布・カブ・鮭・リンゴ・センス等をぶら下げて神棚を飾ります。
142_4213_1.jpg
↑子ども達は観客。
142_4216_1.jpg
↑床の間、お荒神様、井戸神様、お墓や牛舎、各ポイントにあげて置いたお飾りを回収して。
142_4220_1.jpg
↑激しく燃えます。
142_4226_1.jpg
↑傘は、灰が降ってくるためらしい。
142_4222_1.jpg
↑この火で、お餅を焼いて、みんなで食べます。この煙を浴びると風邪をひかず、この餅を食べると一年健康に、この灰を家の周りに撒くと火事にならないとか。センスであおいで応援してます。
142_4227_1.jpg
↑近所のあちこちから煙があがっていました。この辺じゃみんな、このタイミングのようです。

歌会始もやってましたね。本格的に今年が始まります。。遅っ

パンジーいっぱい

142_4230_1.jpg
↑黒っぽい色が入っていないので、欧米のブルーの目の方のイメージみたいでしょ。
142_4228_1.jpg
142_4229_1.jpg

↑すごい地味な色のビオラですが、周りに濃い色がないので、程良く存在感をアピールしていい感じです。

142_4233_1.jpg
↑実物は、もっとステキに見えましたが、、、。置いている場所も悪いんでしょうね。写真で客観的に見ると、こんなもんか。色んな色をごちゃ混ぜにすると、あんまりかわいくないですね。。。
142_4234_1.jpg

142_4238_1.jpg
↑先日作ったバッグの色違い。自分用に。相当気に入っています。だんな様は、ナウシカバッグと呼んでいます。ベルトに通すタイプにしたらね。どちらかというと魔女の宅急便のキキのバッグのような感じだと思うんですが。。。

ねこ

今日は雄ネコのすさまじいケンカの声で起きました。
年に何回か、サカリの時期に、メスを追い回すオス達の激しいケンカの時期があります。

そんな時期には、普段、うちの敷地では見かけない大きな雄ネコが何匹もやってきます。
142_4205_1.jpg
↑このネコも、どこかの雄ネコ。もはや我が物顔で,すっかりくつろいじゃって、毛繕いやら、背中を地面にスリスリしてたり。。
見るからに強そうだし、メス猫が多いハーレムのうちのボスを負かして、俺がキングさ☆ってか。
142_4204_1.jpg
↑あのネコ、うるさくてイヤになっちゃうわ~みたいな感じ。
142_4208_1.jpg
狙いはこの三毛猫ちゃん。いつの間にか接近。
142_4206_1.jpg
↑これが、一応うちのボス。先日亡くなったネコは、この子の親です。
侵入してきたどこかの雄ネコが幅をきかせているので、何か動きがあると、高い所へ上がります。なんだか、よわっちくなってしまったなあ。。。
142_4207_1.jpg
この子もオスなんですが、目が悪いのか、焦ると色んな所にぶつかって歩いています。ネコらしいしなやかな動きが全く見られないぶきっちょなヤツです。
ボクはボス争いには全く関係ありません~

やっとできた

まだ、編み物熱は冷めません。今回は長いな~(飽きっぽいんですが・・・)
年末年始の実家帰りの際にも編み物セットを持ち帰り、あいた時間に編んでいました。

今日は一日雨だったので、こんな日にははかどるな~と思っていても、実質的には子ども達と遊んでしまって、夜中に編むのでいつもと変わりませんね・・・
実家では、母が子どもの相手をしてくれたり、ここでは見られないアニメを一日中やっていたりするので、編み物がはかどった~。おかげでいつになく特番やら、紅白やら時代劇やらニュースすら見ない正月でした。

142_4201_1.jpg

同じようなモノばっかり編んでいるので代わり映えがありません。途中飽きてきたりもしますが、一気に行くと2日くらいで編めてしまいます。お尻が隠れるように、肩ひもバッテンで作ってみました。腰回りが暖かい。

141_4200_1.jpg

深緑のこれは、姉にあげるつもりで実家で編んでいましたが、超極太糸のため、しま部分の糸達とのバランスが全然取れず、編んではほどき…を繰り返し、やっと完成しました。
馴れてくると、慎重さがなくなるので、余計時間がかかったりします。
でも失敗は、上達への道だ!と思って、肥やしにしているわけです。遅くなって御免ね。
小さな肩掛けバッグは、お財布とティッシュだけが入るものをと思って、作ってみました。

まだまだ、モチーフをつなげたブランケットやら、バッグやら、あと、今度は棒編みでシンプルな子どものベストやらも作ってみたいと思っています。

141_4193_1.jpg

↑お友達が作っているカラー。この倍の量を頂きました。幸せ~

141_4196_1.jpg
お外じゃ気づかれずに咲いているビオラも台所に飾ってあげると、存在価値が急上昇です。
141_4194_1.jpg

なんだか・・・

いつも、私達の動向を見守っていた年老いたネコが死にそうです。
うちの十数匹の大集団のビッグママ的存在でした。ボスネコの母親なんです。
長毛なので分かりませんが触ってみると骨だけ、皮もあるのか分からないほどです。食べ物はもう受け付けず、どうしようもなく、せめて暖かい所に移動してあげるくらいです。
とても重い気持ちで一日を過ごし、

そして、夜には、産気づいた牛の様子がおかしいので、
確認するとどうやら頭から出てくるはずの仔牛が、おしりから出ようとしていると。こうなると逆子の難産なので急いで獣医さんに来てもらい、結局双子の死産でした。予定日より13日の早産で、何らかの原因でお腹の中で死んでしまったので、母胎が反応して産気づいたらしいです。

酪農家は、母牛の乳を搾るだけでなく、お産に対しても敏感に、対応しなくてはなりません。
予定日を把握し、早産や、遅れるお産もあるので、出産間近の牛の別扱いの管理、事故の予防に努めます。
基本的に大人の成牛は一年に一回のお産をさせることが好ましく、これをはずすと、乳量にも影響しますし、無駄飯を食わせることになるのです。なので、28日ごとの発情時期を見逃さず、人工授精をして、妊娠、そして出産。仔牛を産んだ後は、300日くらいお乳を出すために働いて、後の60日くらいは次のお産に備えてお休みしています。お産の後、すぐ次の妊娠をさせるべく人工授精のため発情を狙います。



うちの場合、年間60頭程度のお産があります。本当だったら元気に産まれるはずの仔牛が、死んで産まれてくること、また、元気に産まれても事故等で死んでしまうことも少なくありません。これが、人為的な事故だった場合、何とかできたのではないかと、反省すると同時に、何とも謙虚な気持ちになります。私でさえそうなので、だんな様にしてみれば、その積み重ねで、精神も鍛錬されているわけだ。
出てくる寸前まで生きていて、引っ張っている最中に目の前で死なせちゃう場合(へその緒が切れたのに呼吸できない等)、また、私達がいびきをかいて寝ている真夜中に産気づいて、お産を手伝ってあげれば十分助けられた命を無にする場合もあります。それでも、牽引・吸引器具やら、お産パターンの改良等で、以前より断然事故が減ったとは言いますが。
今日のケースは、事故ではないと思いますが・・明日、家畜保健所に検査してもらいます。


どうしようもない事故・死産の可能性って、結構高いなあ・・だから、人間の産婦人科の先生が減るわけだ。今は訴訟やらウルサイもんな~

牛ってば、とても狭い場所に、ずっと繋がれて、乳量を増やすために改良・工夫をさせられて、お乳は自分で踏んづけちゃうくらい肥大して、人間の都合で飼われている経済動物ですが、なんだか・・・

今日の死産の母牛も、これからお乳を出して働きます。本当は自分の仔牛に飲ませてあげるはずのお乳を人間が頂いてるんですよね。

牛乳に限らず、食べ物、ものって色んな背景があるものです。

スーパーで売られている牛乳のなんと安いことか・・・

厳しい糞尿処理政策やら、油代、えさ代の高騰、機械や設備の老朽化、肉牛市場価格の下落・・・酪農家の明るい未来を語れる要素が何もないね~と語り合った矢先だったので、ますます落ち込んじゃいますね。。。

冬の花

実家から戻った久しぶりの庭は、ランタナ、ヒポエステス、最期まで頑張っていたメドウセージが枯れ枯れになっていました。
とっても寒い冬に元気に生育して暑さにとろけちゃう植物もあれば、暑い夏に元気で、冬にとろけちゃう植物があったりして、なんだか不思議です。
今うちでもっぱら元気なのは、玄関先などのアブチロン、おきまりのパンジー、カレンデュラl、アリッサム、葉ボタン・・です。
あと、カルーナ。初めて購入しましたが、もう2ヶ月同じような状態。40cmくらいになるとか。141_4183_1.jpg


そして、ロウバイ。ぐらみすさまのブログで、ロウを塗ったような花の様子ということで記事が載っていて、どんな花なのだろうか、と思っていたら、うちにもありました。今年初めて知りました。花の香りも水仙のような良い香り。空気に馴染んでふんわり漂う程度だととても幸せな感じですが、家の中にずっと置いておくと気になって仕方ないくらい強いニオイです。でも春っぽくてスバラシイ。
141_4179_1.jpg

→こんな感じで咲いています。背景はサルが大集団で訪れるビワの木。141_4188_1.jpg

↓ロウバイ付近から見た畑の様子。
141_4191_1.jpg


今年初めて気が付いたと言えば、この夏みかんの木。毎年、ジャムを作るために買ったりもらいにいったりしていたのですが、うちのお墓付近からかろうじて見える裏山にたくさんなっていました。141_4192_1.jpg

明けました。

本日、千葉の家へ帰って参りました。
もう、今年も既に一週間が過ぎましたね。一年の五〇分の一が過ぎたと考えると、一年がなんと早いモノかと、驚くばかりです。
これからの寒い2月、3月を過ぎれば、たくさんの芽吹きとお花の季節の到来です。
春を心待ちに、どんな花々が咲くのか、楽しみに、この冬を乗り切りたいと思います。

10日ぶりの我が家は、穴ぼこだらけの居間の床が張り替えられていたりして、大きなサプライズがありました。
年末の大掃除もむなしく、実家から10日ルスをした家へ帰れば大量の荷物の整理と、真剣な掃除が待っています。でも、さっさと片づけたので、気持ちを切り替えねば。

ブログの更新ができなかった留守中に、見に来てくださっていた皆様、長らく音沙汰がなく済みませんでした。
いつも、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。