農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2007年10月の記事

本日の創作品。

本日完成させたもの2つ。
焼き目を入れた苗boxと、緑の背板。
緑の方は、以前作った既に花壇で使っているものとほぼ同じものを、又作りました。
boxは、色んな所に転がっている廃材で何かできないかしらと、目的もなく作成。私より、だんな様が気に入られたご様子。極めてシンプルな箱でしたが、だんな様が持ち手の穴を開けてくれました。
黒ポットの育成苗入れに良いかも。
135_3591_1.jpg


135_3592_1.jpg
ニワナズナがよく合ってます。
スポンサーサイト

お土産

先日、だんな様が大雨の中行ってきた機械の展示会のお土産

ジャ~ン!
135_3587_1.jpg
これは何でしょう??

答えは、土壌酸湿度測定器です。
135_3588_1.jpg


うちは、牛とともに牛のウンコに囲まれた特殊な環境にありまして、空気中の浮遊有機物もさることながら(衣料品やビデオテープもよくカビるし、革製品も傷みやすいので怖くて買えません)や、たんまり牛糞土壌の土の酸性度がとても高いのです。ということで、購入赤玉土ではなく元来のうちの土を使うとき、更に長年置いている土も酸性化が進む為(と思っているため)、苦土石灰を混ぜたりして中和しています。

でも実際の所、うちの土ってどれだけスッパミがあるのかは分かっていないので、なんとなく、元気な花は土に合う花、駄目なものはダメと諦めておりましたが・・・

ホヤホヤのウンコ、熟成させた製品牛糞、花壇のそれぞれ、購入した赤玉土、時間の経過している鉢の土。色々と計測してみることにします。

135_3589_1.jpg

見せびらかすのが先で、まだ使っておりません。
駄目じゃあないか・・宝の持ち腐れになりそうだ







あちらこちらでセンニチコウがピークを迎えております。
135_3583_1.jpg

135_3585_1.jpg

そろそろドライフラワーにする分を収穫しなければ・・・・

モチツキ

再び昨日のお話。
うちから2km(車で3分?)くらいの所に市民の森という場所があります。遊具は何もありませんが、桜の木に囲まれた芝生の広場でボール遊びにはもってこいの場所です。。昨日は、ここを管理している森林組合が催した収穫祭に行って来ました。お義父さんがお手伝いしているということで。芝生ではおじいさん達がグランドゴルフを。。プログラムといったらそれぐらい。無料の、けんちん汁と、お赤飯と枝豆と、お餅に焼き芋・・お腹が弾けるくらい頂いて遊んで参りました。第一回の催し物ということで、認知度が低く、たくさんの参加者はいませんでしたが、子どもを遊ばせるには十分。天気も良くて、楽しかったです。
135_3574_1.jpg


下にはブラックバスがたくさんいる戸面原ダムが。もうしばらくすると、少々の紅葉が楽しめそうです。
135_3573_1.jpg


ちょいと顔をだしただんな様は、良い餌食となりモチツキの主要人物と化しておりました(手前)。誰もが認めるイベントやさんなので、彼が現れると場が明るくなります。
135_3580_1.jpg

台風一過

遅ればせながら、昨日の写真をup致します。

台風が行ってしまった翌日の朝の空気。
雨が続いて悶々としていたあとの、爽やかな澄み切った空気。
今日は色々やるぞ~って、やる気満々、そして体が軽くなるのがとても不思議です。
いつもの3倍くらい動いても大丈夫。
135_3562_1.jpg

135_3564_1.jpg
ヒメツルソバも輝いております。
135_3565_1.jpg
↑日差しによって植物が活き活きと見えて素敵ですわ。


それにしても、お空が青くて気持ちがよい日でした。
135_3570_1.jpg

だんな様が作ってくれたブランコ第二弾。私が用事で出かけ、子ども達を預けた日に即席で、作ってました。子ども達は父様が大好きです。
135_3571_1.jpg
ここまでしっかり茂っていると、雑草のセイタカアワダチソウもキレイに見えますね。
ブランコ第一作目は、家の中の梁からぶら下がっています。子ども達の愛用品。

買った苗と挿した苗

先日買った苗と、本日挿した苗。
後日参加するイベント準備のため。というか、暇つぶしっ!?
こんなことやってる農家の嫁って・・・
子守りだけだともの足りず、かといって牛舎のお仕事やその他家の周りの事をやるにはお子さま達が母探しをしてしまうので・・・今の時期はま、いいか。
135_3544_1.jpg

↑左側葉ボタンまでが概ね購入した苗。右側が挿した苗。
こんな挿し方しても、挿せるわけがなく、目的は、イベントの時にこんな感じで苗達(根っこが出ていなくても)を飾りのために使えるかな~と思って試しの意味も込めて。枯れずに発根してくれればもうけモン。
意味が分からないでしょうが、また詳しくは後日、説明いたします。アメジストセージなんか、花付きで発根しないですね。
購入苗、左側のとんがった葉っぱの紫色のコルジリネ属アトロプルプレアレッドスターCordyline australisは、ジョイフルで約@600円、もうひとつのグリーンの葉っぱ、コンシンネは、激安八百屋さんで、約@60円、同じくらいのサイズで雰囲気も同じ感じで、値段がこんなにも違うんですね~
複雑な気分でう~ん・・・
135_3546_1.jpg

は虫類の皮膚のようなコリウスの葉っぱは、発根するでしょう。ミントと同じく凄い生命力です。どれがどんだけ挿せるかな~ま、こんな実験も園芸の楽しみです。
135_3553_1.jpg

値札もこんなに。
ちゃくちゃくと、準備をしているようですが、これがなかなか。
なんか、中途半端はいやだし、主体となっているだんな様(仕入れは全部だんな様の選択!!)と、扱い商品から、価格に関しても微妙に私の意見と違うっちゅうことで、何かというとちょっとした喧嘩を私がふっかけてしまうので、こりゃいかん、と、このイベントには関わらないことにしようかとも思ったりして。
でも、場所取りのための申請書は私の名前でだんな様は出しているので、これまた、関わらないとしゃくだしな~。。。
と、自問自答した結果、何を言われようが自分なりに一生懸命参加してみようと思います。こんな感じで、やっとやる気が出てきたさなか。
ガーデニング用品の販売。商品につきましては、今度の月曜日に最後の納品があります。本番前に値札付けを済ませたいので、全て箱から出してできれば陳列までイメージしてみたいのですが・・・
演出方法、これまただんな様とだんな様と意見が食い違い、困ったモンです。
いずれにせよ、仕事以外の趣味の所で共同作業ができるっていうのはいいことですかな。





135_3548_1.jpg
↑オステオスペルマム、元気に咲いていてくれます。
135_3550_1.jpg
↑チェリーセージが、元気になってきました。
135_3549_1.jpg
↑セリンセの葉っぱが着々と成長しています。
135_3552_1.jpg
↑カラスウリも色づいて。

ザクロ

気がついたら、ザクロの実が5つほどぶら下がっていました。
ザクロの木の周辺は、うちの縁側からよく見える場所なのですが、混沌としておりまして、どれがザクロの枝か分からなくなっております。かろうじて、実がぶら下がっているやつが、ザクロだぞ!みたいな・・・カラスウリ、スモモ、ウメ・・・なんだかジャングルです。その状態を写真に撮ればよかったな。
実だけを撮りました。135_3529_1.jpg

古代ギリシャあたりでは、「カルタゴ(現チュニジア)のリンゴ」って呼ばれていたらしいけどリンゴというより写真で見るとなんだか、固い皮に守られた葡萄みたい。ツブツブがたっくさん、ということで、地中海周辺ではイチジクとならんで、豊穣の象徴で重要な果実だったようです。神話なんかにもよく出てきますね。
135_3531_1.jpg
しかし、うちでは誰にも相手にされないかわいそうなホッタラカシの果実!
ザクロは、古代ペルシャ時代から今のイランのザグロス山脈でたくさん作られていますが、その辺に行くと、ザクロがあっちこっちに売っていて、ジュースもどこでも飲めるんです。現地ガイドさんは、女性にうってつけ!と、飲め飲めうるさいほどでした。何やら、種に女性ホルモンのエストロゲンを含んでいて、種ごとしぼってあるここのジュースは、女性のホルモンバランスをよくし、更年期障害や、豊胸にいいんだぞ、といっていました。おまけにハゲに悩む男性にもうってつけと。女性が地味な色のスカーフを夏でも被らされるシーア派イスラムの国では、男女が親しくするのを厳しく規制していましたが、市場でビシバシ痴漢にあうほどセクシャルホルモンバランスが乱れてましたよ~。ザクロのとりすぎじゃろか。関係ないか。
135_3532_1.jpg



135_3527_1.jpg

全然関係ないけど、敷地の入り口。どうにか、簡単にでも雰囲気を変えてみたいと常々思っています。牧場マキバ風の柵をちょっと立ててみるとか、枕木で門的ななんかを作ってみるとか・・
全ては妄想なんですが、実用的な理由付けはなくていいんですが、雰囲気作りだけでもどうにかしたいな~

うちの入り口付近から、こんな素敵な空が望めます。
135_3537_1.jpg

秋も足早に去っていくんだろうな~
切なし。

生姜!

生姜を収穫しました。
といっても、植えたのはひいお祖母ちゃんとお義母さん。
いよいよ固くなって、もう遅いくらいかもしれないよ、と言われて生姜を抜かせて頂きました。
その量、約2kg。
135_3520_2.jpg

1ヶ月前にはお義父さんがラッキョビンいっぱいに新生姜の甘酢づけ(ガリ)を作ってました。おいしく頂いています。
その上さらに2kgの生姜をどうしよう・・・生姜って料理でチビチビ使う程度を店で買ってそれでも腐らせてしまうことさえあるのに~ということで、色んなレシピを調べ、吟味した結果、生姜糖を作りました。
今回は、試しということで使ったのは1kg分。残りは、お料理に使う生姜として常温保存分と、長く保存がきく冷凍保存。解凍すると、風味が落ちるそうなので、そのまま冷凍したものを料理する時に凍ったまますり下ろして使うそうです。

生姜糖は、水につけてあく抜きしたものを熱湯でゆでこぼし、生姜と同量(今回は1kg)の砂糖で煮詰めました。煮詰め始めて1時間もかからなかったかな。そのあとグラニュー糖をまぶして天日で干しました。
135_3524_1.jpg

135_3525_1.jpg
カリカリに乾いて、カラカラと音がするほどになりました。とってもおいしくできました。

胃を強くするとか、ノドによいとか、リュウマチによいとか、あらゆる炎症にも効くそうです。どこまで本当か分かりませんが、とりあえず佐伯チズ氏が美肌のためにいいのよ~と、絞り汁を持ち歩いてたり、ヨーグルトに入れて食べてるとかって話を聞いているんで、頑張って食べようと思ってます。
確かに体がほてってきて、血行が良くなってる気はしますよ!
そして、癖になるおいしさ。保存分を少なくしてもっと生姜糖を作れば良かったかな。
来年は、もっとたくさん植えて、たっくさん、生姜糖を作ることにします!

ブログについて:今日は文章が長いよ~

135_3517_1.jpg

定期的に覗いて頂いている皆様、時々ご覧になっている方々、いつも本当にありがとうございます!特にコメントを下さります方々、励みになっております!
いや~本当に便利な時代ですね~。逆にコワイ気もしますが、こんな田舎から発信しているたわいもない情報を、基本的には地球の裏側からでも覗くことができるって、大変な時代です。

ブログって、すごいですよね。簡単で、色んな情報に満ちていて、利用の仕方次第で、色んな効果を発揮できる・・・
でも、私は、まだスタンスが確立できず、なんだか咀嚼不良のような状態でブログを書き込んでいる毎日です。
こんな問題定義をするに至ったきっかけは、ともさかりえちゃんブログ。新たなブログ女王?とかっていつも芸能人ブログの上位に入るということで、覗いてみたんです。毎日の出来事をユルユルと書いていらっしゃるんですが、樋口可南子さんが言っていたみたいに不思議と癖になるんです。お弁当のこと、息子氏のこと、公園で遊んだり、撮影の事にも触れていたりして、、なんだか隣のお姉さんが、芸能人だったら!みたいな感じで、とても身近に感じるものでした。芸能人の方の日常って、とても興味あるし、しかも家庭持ちで、子どもまでいる。午前中に、息子氏と公園で遊んで、昼食を食べて、午後からお仕事!とかって、とても理想的ですが・・大変だろうな~来年は大河の篤姫にも出演するみたいだし、暴れん坊ママ?でいや~な会長さん役とかやっているみたいだし。。
ブログが個人レベルでとても盛んになって、絶対に普通じゃ見えてこない個人の日常生活が明らかになりましたね。絶対知り合いになり得なかった人と交流できたり、映像付きで、顔も知らない人の生活や家の中のことが覗けるようになったりして。コワイのは、テレビと同じで、いいとこどりの映像や表現を丸飲みして、あら~今時のフツ~の生活標準ってこんな感じ!??ってショックを受けること・・・よくあります。

ともさかりえちゃんブログに人気があるのは、芸能人という特殊性を生かしてて、さらに生活をしている様子を凡人に近い形で表現しているからでしょうね、、悩んだり、嬉しかったりしたことを優しげに自分を励ましながら書いてるので、性格の良さがにじみ出てます。自分のお友達みたいな感覚になっちゃいます。

この機会に、色んな人のブログを覗いてみました。ガーデニングをキーワードに見てみたんですが、お花だけって人ってあんまりいませんよね。趣味で、縫い物をやってます、お菓子づくりをやっています、とか、ワンコ・ネコネタで興味深いもの・・・いろいろです。ガーデニング専門のものももちろんあって、もうセミプロ級みたいな。本格的に打ち込んでいる人のものは、何気ない書き込みでもとても興味深かったりします。ガーデニングや趣味で、お金を稼いでる人もいてうらやまひ~

は~。さてさて、自分の「農家でガーデニング」ブログ。はやくも4ヶ月近く経ちます。秋になり、植物の生長も停滞気味。それだけをネタにするには、きつい時期になってきましたね。ここで、色々考えるわけです。うちの特性は??環境の特殊性をネタにする必要はないんですが、やっぱりね、人の分からない情報を発信していけば興味深いものにはなると思うんですが・・なかなかね~。写真を撮るところといえば、お花を中心としたキレイどころ。農業を営んでいる様子を暴露するとなれば、必然的に雑然とした感じを伝えることになります。それも大事ですがね。。今の効率的で、スッキリとしたものこそ美徳みたいな世の中に、逆行するがごとくこんな場所も存在してますよ~みたいな。
そもそも学生のころから頭にはいずれ田舎で暮らしたいと思ってました。だから、社会人になって、初ボーナスで購入したいと思ったのが、軽トラック・・!?結局古いスカイブルーの幌ジムニーを買ったんですが・・・
農業への憧れは~1997年に行った東アフリカのウガンダで、確か95年以降に発行された米ドル以外使用できないとかいう政策があって、持っていた米ドルが全て紙切れ状態ということでとても困ったんです。現在の貨幣経済の中で、産まれたときからお金で何でも買える世の中しか知らない私は、本当に驚いたし、コワイと思ったんです。何も買えない事に。お金が何の価値もなくただの紙切れになってしまう可能性があることに。平和な世の中が当たり前ではないこと、政治のさじ加減で、どんな世の中にでもなり得ること。ちょうど、そういう事を考える時期だったんだろうな~
現在、カロリーベースで食料自給率4割を切ったとか。。当たり前に食べ物をお店で買う社会ですが、何らか問題が発生したときにとても脆弱な世の中です。といった所から、最終的に就農は頭に入れていました。

135_3508_1.jpg

といっても酪農業は大変です。ウシの乳を搾って出荷する。基本はこれだけですが、付随して、色んな仕事があります。そして収入と支出のバランスがとれなくってきています。
一昔前には潤った時期もあったようですが、牛肉が輸入されるようになり、生産技術も向上したのでウシ一頭ずつの価格が大幅に下がったり、牛乳の値段が安すぎる!そして、かかるコストは原油高で燃料代がかなり上がり、糞尿処理施設へも投資(今までは、空き地に撒いてたからただだったのに)。搾乳した牛乳の保冷タンクやパイプライン、牛舎の施設や、機械の老朽化、メインテナンスにもコストがかかります。だんだんやめる酪農家が増えれば、特殊性があがり、部品も高くなってきます。。。あ~大変な状態だ・・・
牛乳も輸入される日がくるのかな。既に中国への輸出は始まっているみたいだし。。周りでも酪農をやめるという声をボチボチ聞き始めています。

ってなんでブログの話をしていてこうなっちゃうんだろ。
もっと生活の色んなことをネタにおもしろブログを目指そうってことから始まったのに。
135_3512_1.jpg
↑右下の豆粒二つは我が子ども達。いい遊び場です。

子育ても一つのネタですが・・女の人って、結婚とか出産とかで、人生の方向性が随分変わるものです。もちろんそれでもお仕事を続けている人はたくさんいるけど、でも、子育てって、それだけで立派な仕事になるぐらい大事なことですよね。だから、仕事と子育てを両立している人って、神業のように感じますよ。
でも、今の時代ぐらいなのかなあ・・べったり子育てをする母親が生息してるのって・・・戦中戦後の、義母さん、ひい義祖母ちゃんの時代は同居している上世代が子どもの面倒を見て、若い母親は、畑仕事で忙しかったんだもんね。ひょっとして昔から、幼児は人に任せて母親は働くってのが自然だったのかもっ!う~ん、とすると親の子育てノイローゼやヘンテコな虐待はありえないか。。4歳と2歳の子どもといると、色んな事に制限されて、自分が何を目的に何を積み重ねてきたかを忘れてしまったりしてしまいます。いよいよ来年からは4歳の娘も保育所に入所します。だんだん子育てから解放されて行くのでしょうが、まっただ中にいると、この巻き戻せない大事な時間を、自分が束縛されているように感じることさえあって、変な個人主義や自己実現を求める価値観の弊害で、母親である前に一人の人間ですから~みたいなね、、子どもの寝顔を見ながら自己反省をするんですよね。子持ちの皆さんはどうやって、乗り切ってるんじゃろか。仕事持ちの母さま方はこんな反省ないんだろか。

135_3518_1.jpg
↑2年かけてのびたアイビーは壁を這い上がってきました。10年経ったら家を覆っちゃうかな?

ガーデニングはぼちぼち続けていきたいと思います。だんな様は、下手の横好きでも、何でも10年続ければ、何かにはなっているよと言います。そういえば、10年続けてる趣味って??あるかな~~ピアノ!合唱!やってたやってた。。10年続けて好きなもので今もやりたいけど、今現在やってない~悔しいな。。今現在の時点で何にもなっていないではないか!“継続こそ力なり”って言葉は本当ですね。何もかんもを中途半端でやめてしまっている私は、今までなんだったんだろ~って最近自己嫌悪に陥ります。頭が暇なんだろうな~仕事も続けてれば違う自分になれていたかもとかね。全てが中途半端じゃのう。何度も言いますが、女の人って、同様になっちゃいますよね、結婚して子ども産んだら!?現代はそうでもない??えっ!?わたし、女の厄年がずるずると続くんだよな~そんな時期ですね。
最近の脳内議論。議題は上記のような感じ。

以前は、もっといろいろやってみたいってもんがたくさんあったのにな~。
今のところ、情熱を持って打ち込める趣味っていえるもの、ガーデニングぐらいなんですもの。


とりあえず、もうしばらく、これからもよろしくお願いいたします!!
長いこと失礼いたしました。

害虫にやられたバラ

昨日、作業が終了してから発見した地植えのバラです。
真っ白でしょ。卵状のものがびっしり。石灰か片栗粉みたいに真っ白。
134_3496_1.jpg

↓左下から右上に伸びている枝2mにも渡り、びっしり。バラシロカイガラムシなのかな???
134_3499_1.jpg

↓根っこから掘り起こして、水場で洗い落とそうと試みましたが、こびりついているのと、広範囲に渡りすぎて、断念。白くなっている部分(左側の概ね半分)を切り落としました。廃棄です!

135_3505_1.jpg

↓切り落として残ったのは若い枝たち。びっしり白くなっていたのは、古い枝でした。年取っている枝の方がおいしいのか?表面がざらざらして卵をつけやすいのか?なんか意味があるのかしら?
すっきり寂しくなりましたが、あのままほっといたら、株全体が枯れてしまったでしょう。
135_3506_1.jpg



↓ミセバヤ。最初にうちで咲いた花を見たときは、多肉な葉っぱからは想像できない華やかさで、本当に驚きました。花を知らなかったので、まさか咲くとは思ってもいなかったですし。
“ミセバヤ”って名前はお花の優美な様子に「誰に見せようか」という意味だそうです。これから葉っぱは、紅葉して赤くなります。

135_3503_1.jpg

本日の作業

今日は暖かかったですね。起きたときはものすごく寒くて、タートルネックにフリースという冬の格好をしましたが、10時を過ぎた頃から、半袖になってお外仕事にいそしみました。暑かった~
15時頃には、ミンミンゼミが鳴いていました。
四季の空気って気温は勿論、ニオイや音、日差しの傾きや強さ、湿度、それぞれの具合で、感じていますよね。
秋の今だったら、キンモクセイの香り、乾いた感じ、空の高さ、傾いた日差し、夕焼けの赤さ。特徴を言ったらこんな感じです。更にうちでは、夏の間ゴーゴーうるさかった牛舎の扇風機が止められ、静かな空気に、切なさをも感じるのです。そんななか、ミンミンゼミが鳴いていたので、変な感じ。その裏で、アマガエルも鳴いていました。う~ん、へんな感じ。。そりゃ狂い咲きもするわ。って桜も咲いてましたよ。
134_3481_1.jpg


朝から金魚の水槽を二つ洗い、槇の垣根から大きくはみ出していたジンジャーの葉っぱを切りました。2m以上の大きな葉っぱ達、一輪車三台分にもなって、たいそうすっきり致しました。
134_3477_1.jpg


↓近頃の午後の日差しといえば、こんな感じ。
リュウゼツランも防寒してあげなくてはいけませんね。どこにどーしようか。。とりあえず下駄箱の上に置こうかな。
134_3490_1.jpg


夕方、実家からもらってきたバラの植え替えをしました。
あんまり枝の更新もされていない古株なので勢いがなく、このままだと来春花を見るのも難しそうだな~と思ってはいたんです。でも、見て見ぬ振りをしてました。でも、今日は、なんだかバラが助けて~って言っているような気がして・・・。同じ鉢に菊が茂っていたりして、これじゃ栄養不足にもなるし、根っこも遠慮がちになるよな~。さらに、バラシロカイガラムシと思われるフジツボのような付着物と、さらに枝いっぱいにその卵?真っ白な卵みたいなものが石灰を振ったようにびっしりくっついていました。歯ブラシでこそげ落とせばいいとはいうものの、幼虫は這い上がってくるとか。このびっしり卵、どうしたらよいか分からなかったが、ホースの水とタワシで洗い流しました。その作業を、8鉢。大変でした。手が血だらけでした。
終わった~と思って、水をあげて、今日手をつけなかった地に下ろした大株のバラをふと見たら、こいつが一番ひどかった。根元から枝先まで、一番太い枝にびっしり白い卵。どうしよう。明日考えるか。切るしかないかな・・・





↓いただきものの赤いゼラニウムが咲きました。
134_3487_1.jpg


134_3485_1.jpg
↑ユーリオプスデージー。ガーデニング初期の頃、なんだか気に入って植えてしまいましたが、今春立ち退きを願って、掘り起こそうとしたら、思いっきり根付いていて、植え直して、他の場所で花を咲かせようとしていたので、切り捨てることもできず、悲しくも諦めざるを得ませんでした。オンシツコナジラミみたいなムシもたくさんつくしな~この黄色もなんだかな~と思いつつ、花壇の一部を大きく占めています。

ガーデンシクラメン・アメジストセージなど

ガーデンシクラメン、かわいいですね。今年ははやりなのでしょうか。どの苗売り場でも必ず置いていますね。色も、白、赤、ピンクどれもこれもかわいいです。
134_3471_1.jpg

134_3470_1.jpg
↑マガリが咲いています。剪定をもっと早めにやってあげれば、もっとしっかり芽をつけたのでしょうか。
134_3472_1.jpg
↑ゼラニウムとベロペロネ。
134_3473_1.jpg
↑主に挿し芽やら、こぼれ種の元手のかかっていない花壇。色がぐちゃぐちゃです。オレンジの黄花コスモスがなければもっとまとまった感じになるんでしょうか。
134_3474_1.jpg
↑大株のアメジストセージ。
134_3475_1.jpg
↑この株の裏で、ひっそり存在している花達。
前方に背の高いものが占領して、いけない花壇ですね。まさかこんなに大きくなるとは・・・忘れていました。毎年失敗してしまいます。これらの親苗は3年前に購入したもの。
134_3469_1.jpg
↑どんどん大きくなるベニバナ。

トケイソウ・ダリア・ヒメツルソバ

トケイソウは、頑張りますね~。特に肥料も施すことなく、ほっったらかしで、申し訳なくなるほどです。そろそろ来年に向けて、お手入れしてあげなくてはいけないんでしょうかね。
134_3461_1.jpg
↑カマキリがいるの、分かりますでしょうか。
134_3443_1.jpg
↑一日に2~3個花をつけます。
134_3456_1.jpg
↑ダリアが元気になってきました。初夏に60円ぐらいで購入したものがまだまだ元気です。
134_3460_1.jpg

134_3453_1.jpg
↑クフェアも、まだ元気です。
134_3463_1.jpg
↑コリウスは、調子に乗って増やしすぎました。成功なのか失敗なのか。。この下で埋もれてしまった植物があるに違いない。何が植えられていたか忘れてしまった・・
134_3455_1.jpg
↑これからシクラメンが元気になるな~と思いつつ、手前のピンクのトレニアはこぼれ種が発芽し、今日から咲き始めた若手です。トレニアは色んな所から芽が出てます。
134_3444_1.jpg
↑ヒメツルソバは、赤く色づき始めました。近所から拾ってきてとっつかせたものです。先日ジョイフルで苗一つ300円位で売っていました。渋めの苗は何でも299円で売っている気がする。
134_3450_1.jpg
↑先日60円で購入したコンシンネ。青年の木みたいな観葉植物の挿し芽でしょうね。どんな成長をするんでしょうか。うまくいけば大きくなるでしょうか。

庭いじり、ペンキ塗り、お料理教室、種・・

今日は、一日よく動きました~。
まず、昨日購入したガーデンシクラメンに植え替え。終わりつつあるニチニチソウやジニアを他の場所へ移動。
134_3439_1.jpg

134_3441_1.jpg


さらに、ペンキ塗り。
134_3428_1.jpg
↑うちの娘はペンキ塗りが大好き。必ず手伝ってくれます。でも、いいようにこき使われてもいます。「ちょっと水持ってきて~」とか、「刷毛を洗っておいて~」って頼むと、上機嫌でやってくれます。
134_3429_1.jpg


午後から、お料理教室。といっても先生がたいてい作ってくれて、私達は談話を楽しみながら頂くお食事会!簡単、おいしく、見栄えがよいレシピを教えてくれるし、目からうろこのアドバイスもあり、ためになります。メインはチキン、ハロウィン向きのメニューでした。アメリカでは普通だそうですが、ハーブを利かせたソルティーなチキンに添えるソースが、甘いクランベリー!?頂いたらなるほど、おいしかったです。ポテトサラダにレーズンやリンゴを入れる感覚?今回はほうれん草のクリームソースCreamed Spinach等も添えて頂きました。
134_3432_1.jpg

134_3433_1.jpg


まき種その後・・・
タチアオイの芽が出てきました。
こんな風に根っこが出てくるんだ~
134_3436_1.jpg

134_3438_1.jpg
↑根っこの長さに驚きました。今日、発芽に気がついたのに、夕方には、根っこが4cm以上!
134_3435_1.jpg



優秀なベニバナさんです↓
134_3434_1.jpg

ジョイフル本田へ行ってきました。

うちから車で30分、君津にあるジョイフル本田へ行って来ました。
目的は、彫刻刀。なんで?

って、消しゴムではんこを作り始めたのでした。
昨日は、01234589の数字を、普通の消しゴム(柔らかくて削りづらい)を中途半端に切って作り、ちゃんとやるには道具が必要だ!ということで、彫刻刀とトレーシングペーパー、4Bの鉛筆を買いに行きました。そして百均の店を覗いたら、はんこ用の固い消しゴムも見つけて帰ってきました。
134_3423_1.jpg
はんこインク台は、実家近くの専門店で購入。実際にやることはあるだろうか??と不安に思いながらも、買っちゃったんですね。
こんなに早く利用することになろうとは!よかったよかった。

134_3425_1.jpg
値札を百以上作る予定。

134_3421_1.jpg
↑ラッキーなことに、図書号で(私が住んでいる市には図書館がなく、公民館等にある小さな図書室もしくは循環図書車を利用)本を発見。

宝物たち
↑目的は、これらを市の産業祭で、販売するのだ~
といっても、客層がこの辺りのおばあちゃんが多いので、到底売れるとは思いませんが、とにかくこういうものがこの辺の店には売っていないので、(ドイトとか、×マートとか、しゃれたホームセンターがありません。だいたい農具なんかが中心で。・・かろうじてニトリがあるか・・)だんな様が出店してみようと申し込んで場所をとりました。11月中旬ですが、どうなることやら。
最近のギフトショーでもまた大量に仕入れてきたらしいので、値札100枚じゃ足りなかったりして・・・
だんな様曰く、「売れなくっていいんだよ、うちで使えるから!」ってどこで使うんじゃ!?



ジョイフルに行って、また種を買ってしまいました。苗は、ガーデンシクラメンを買ったのみ!完全に種にはまってます。
(先週撒いたベニバナが、90%くらいの確率で芽が出てしまいました。
 大丈夫かな・・・コワー)
134_3426_1.jpg

姫キンギョソウと、今まで思ってたらキンギョソウでしたね・・しかも2袋。失敗・・・


種まきなど

種まき、いったん終了いたしました。
来年の春が楽しみです。その前に、苗たちが冬を越せるか。。
134_3416_1.jpg
もっとたくさんのトレーになるかと思いましたが、思ったほどではありませんでした。先週に撒いたトレーを右側の棚に入れて置いたら、カビっぽくなってしまっていたので、日中はなるたけ日を当てるために外に出すことにしました。
134_3415_1.jpg
↑4歳の娘も種まきをすると言って、オシロイバナの種を自分で採ってきて、一緒にトレーに埋めました。水をやったあと、明日の分の水も用意し、明日は早起きするらしい。(トトロの影響かしら??)

134_3418_1.jpg
↑フェリシアの芽。先週の木曜日に撒いたもので、他にベニバナと、スイートピーの芽が既に出てきました!嬉しいけど、逆にヤバイって気になってます。(このスピードで発育するとしたらば、この6×6のトレーからすぐに出さなきゃいけないか?!いよいよ置き場所の確保が困難に…)

かわって、こちらはタチアオイの芽。
道の真ん中のわずかな土の所に出ていたものを確保しました。そのままだと、踏まれて大きくなれないので・・・
134_3408_1.jpg
↑葉っぱの大きさは2cm位、根っこは既に5cm位になっています。タチアオイは、花茎が2m近くのノッポさんなので、根っこは牛蒡のように地下深く伸びるそうです。なので移植が難しい・・・今年は、ヘンテコな所から出ているタチアオイの芽を深い発泡スチロール箱で養殖してみようと思い、たくさん土から上げてみましたが、果たして成功するかどうか・・・
134_3411_1.jpg
↑この時期で、健全なタチアオイの株はこんな感じ。葉っぱが10cm以上のものも珍しくありません。これは、2年目に花が咲くというらしいので昨年落ちた種の苗なのかしら??
タチアオイ、種も撒いてみました。


134_3409_1.jpg
↑こちらは、実家近くにお住まいでこちらにちょくちょくコメントを頂くぐらみすさまから頂いたジキタリス等々。フェンネルも、オダマキも今のところ、生きております。冬の寒さ対策の避難をしやすいよう、黒ポットに大半を移植しました。気が早かったかな・・
134_3406_1.jpg
そうそう、うちのジキタリスは、頂いたもののようにこんもりとしておらず、幾つかは、消え果て、先日まで元気だったものも、なんだか勢いを消し、残り数枚の葉っぱもあやしい状態になってきました。ダンゴムシか、なんかにやられてしまったのだろうか・・・根っこはなんだかパイナップルのようにゴツゴツしているんですね。

↓報告が遅れておりましたが、鹿児島から帰ったら、あんなに頑張っていたアシナガバチがすっかり消え失せていました。一体どこに分散したんだろう。
134_3419_1.jpg

庭の花、山、果樹園

うちのお花は、相変わらずです。
特に増えたものはなく、ぼちぼち疲れ切って消えていくお花たちを見ながら、夏も終わったな~と、寂しく思っています。ジニア、トレニア、ニチニチソウ等は盛夏には、これでもかというほど毎日次々に花を咲かせていましたが、エネルギーを使い果たしたかなあ。お疲れさまです。トレニアと、ジニアは種を採って、撒いてみますね。実験です。

133_3386_1.jpg
↑こちらは・・・茂ってますね~宿根アサガオは梅の木を食い尽くしそうな勢いです。アメジストセージは今一番元気な花です。まだまだこれからという株もたくさんあります。あまりに勢いがいいから昨年、今春と挿しまくったのです。カラスウリまで絡みついてますね~羽衣ジャスミンも絡んでいるので、もう何がなんだか・・シーズンオフしたら、アサガオをほどいてあげなくてはなりませぬ。
133_3376_1.jpg
↑ここでもアメジストセージが元気です。
133_3388_1.jpg
↑盛夏には身を潜めていたダリアが勢いづいてきました。弱って駄目になりかけた株もあります。水のやり過ぎかしら~
133_3387_1.jpg
↑まだ、タマスダレがキレイに咲いています。アラ~、こんなに花の時期が長かったかしら・・??悪者と思いこんでいた存在を味方にしたいと思い直したら、とってもいいヤツに思えてきてますよ。

夕方に家の周りの散歩に出ました。近所のおうちのコスモスがとってもキレイです。うちの方を眺めて。建物がたくさんあるのはほとんど牛糞のための保管とか、乾燥とかの施設です。↓
133_3395_1.jpg

うちは北側に山をしょっていて、冬は北風を遮ってくれるので暖かいと言われてます。この山、高宕山(330m)系で、沢登りや登山をするお客さんがよく訪れるのですが、昨日、この高宕山で7歳の女の子の転落死亡事故があったそうです。本当に痛ましい。とてもショックでした。うちの子も、4歳になる前に頂上まで行ったんです。地元人のだんな様の先導だったので途中はケモノ道みたいな所を突き進んだりして、かなりワイルドで面白いルートですが、このような事故があると、気を引き締めねばと、身が締まりました。。。


母屋では甥っ子達が遊びに来ていて、大はしゃぎ。家が壊れそうな勢いなので、雨がやんだのを見計らって外に連れ出しました。
133_3396_1.jpg

↓コスモスのキレイなお宅は、趣味で果樹をたくさん植えています。サクランボ、桃、葡萄、リンゴ、梨、ブルーベリー、栗・・色々あり、おすそ分けをして頂いています。果実はちゃんと袋詰めしたり、手をかけているのですが、サルが取りに来るので、段々装備が充実し、今では、ネットに覆われ、それでもやられてしまうと、足元にビリビリ電気が入るワイヤーで囲ってあります。
133_3397_1.jpg

あ、そうそう。うちのおサルは、あれ以来でてきません。ろくなエサにありつけないので、居場所をうつしたのでしょうか。





鹿児島の祖母の庭の青い花、これなんでしょうね~??
ニーレンベルギアでもなし、シホウカでもなし??
名前が分かりません。ただ、繁殖力が強いらしく、付近のほとんどのお宅の庭に咲いていました。日本画やら、うちわの和風な絵にありそうな花です。
133_3352_1.jpg

何からやろうか・・・

133_3327_1.jpg
133_3360_1.jpg
5泊6日の鹿児島、その後実家へ3泊したので、一週間以上のお留守でございました。
鹿児島への目的は、母方・父方両祖母に会うこと。2人とも元気でなによりでした。
滞在先は今年96歳になる母方の祖母宅。祖母はケアにも通ってますが、基本的には一人暮らしで、元気です。耳も、目も悪くないので、普通に会話をして、70歳代みたいな印象を受けます・4歳・2歳の子どもの遊び相手にもなってくれて、若いなあと思います。
133_3351_1.jpg

133_3350_1.jpg
関東大震災も、第2次世界大戦やその後の食糧難も経験してきた明治生まれのお祖母ちゃんが、今、穏やかに生活できて本当に良かったと思います。逆に、これから60年、私自身が生きていくのがどんな時代になるんかいな??!と不安ちょっぴり感じたりして・・・
133_3353_1.jpg
↑お祖母ちゃんの庭。庭に出るのが楽しみだって。こんな感じもいいな~

滞在中は霧島温泉へ行ったり、市内へ出たり、楽しい旅行はあっという間に過ぎちゃいますね・・・
133_3340_1.jpg
↑霧島高千穂牧場。ここは宮崎県か。

そうそう、父方の実家を訪ねた際、ちょっとした工事をやっていて、畳を剥がしていた状態。↓
133_3336_1.jpg
こんな大きな木柱が入っているんですね。始めて見ました。古い家はしっかりしているわけだ。

鹿児島は両祖父母がいるということで、小さい頃から夏休みに行っていた場所です。田舎って、無条件にかわいがってもらえて、毎日がイベントで、子どもの頃は何の心配もなく過ごせた場所なので、とても居心地よく、素敵な時間を過ごせました。涙ぽろぽろ別れはつらく、又来るよと約束して東京へ。

鹿児島は連日30度以上、暑い日が続きましたが、東京は東村山の実家では、寒かったですね。疲れもた体にムチを打ち、子どもにつき合って近くの公園やら買い物やらに・・・あとは、アニメ三昧か。千葉では民放2局とNHKがせいぜいですが、東村山ではJ・COMとやらを契約していて朝から晩までアニメ・映画見放題ですわ。いいんだか、悪いんだか・・・
そうそう、楽しみにしていたのはブログを通して??(というより、とても素敵なお庭なので、散歩がてら注目していたお宅の奥様。)知り合いになりましたぐらみすさま(私の実家から歩いて5分の所にお住まい)から、ジキタリス苗やら、ハブランサスの種やら、その他色々頂きに伺った日もありました。
(早速、植え替えましたよ!)

帰ってからは、お部屋の掃除・大物洗濯等々に追われ、さあ、種まき!!と、いうことで育苗トレーに撒きました。その前に大事だったのは、ネコや子ども達にイタズラされないように確保する場所を作ること。育苗トレーには油性ペンで植物名を記入すること。一応やってみました。あと、今までやってなかった専用土を使いました。これで、私的発芽率が倍以上にアップしたはず。
種まきは、うきうき気分で本当に楽しいです。スイートピーやセリンセ、ベニバナ等の大きなしっかりした種は特に発芽率が高いようなイメージがあるし、管理方法も楽なような気がしたんで、真っ先に撒きました。あとは、ガイラルディア、フェリシア、カスミソウなどで本日終了。また後日の楽しみということで、中断いたしました。

畑では、お義父さんが、土を耕し、牛糞やら石灰を入れてキレイになっていました。ここは今までゴーヤや、キュウリやトタン板が転がっていたのに・・・
何を植えるんだろう。楽しみです。
133_3362_1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。