農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2007年08月の記事

牛舎の手伝い

この時期、毎年だんな様は農協専属の稲刈りオペレーターとして、色んなタンボを転々と、稲刈り作業にいそしんでいます。早朝の牛舎の仕事を終えると、そのままその日担当の稲刈り先へ。19時過ぎまで帰ってきません。
ということで、このところ、毎日夕方からの牛舎の仕事を手伝っています。お昼ご飯を食べた後、夕食を作ってしまい、16時から牛舎へ。子牛の掃除と餌やり、母さん牛達の飼槽の掃除、乾牧草・配合飼料などの餌やりです。
この間、二人の子ども達はというと、牛舎や母屋を思うままに動き回っています。いったん牛舎へ出てしまうと、ゴミやウンコまみれになってしまい、そのまま家へ上がると私に憤怒されるが分かっているので、ずっとお外で遊んでます。
ウシ
↑搾乳用の母さんウシが35頭が並んでます。先ほどお産がまたありまして、1頭増えました。
手伝い
↑18時半を過ぎると暗くなりますね。トラックの荷台に乗って移動するのが大好きです。
手伝い
↑自分なりにお仕事をしているつもりらしいです。小さい台車を押しながら、配合飼料の餌やりをする私の後を追っかけて真似っこで、一頭一頭の前で台車を止めて全てに餌をあげるフリをします。まだ、おしゃべりもできないおチビさんのくせに、真剣に一生懸命仕草は本当にかわいく、久々に見ていて胸にキュンとくる愛おしさです。頼もしいですが、今だけでしょうね。
一輪車
↑昨日ぶっ壊れて足が一本取れてしまった一輪車を早朝だんな様が直してくれました。溶接技術があったりして、たいていのものは直してしまうので尊敬しています。10年来使っていなくてネズミに配線をかじられて動かなかった2槽式の洗濯機も直してしまって、現在も私は5年間使ってます。
ネコ
↑最近、ネコの間でホウキの上に座るのがはやっているらしいんです。







多肉
↑多肉さん。どんどん増えてます。
タメ

バラ新芽
↑おととい剪定したバラ達、新芽を出し始めました。すぐ反応してくれて嬉しいです。
バジル
↑シソ科のバジル。




カメ
↑先日のカメさんは、こんな感じでおさまりました。2日間餌を食べませんでしたが、今日あたりからモリモリ食べてくれて、見ていて飽きません。


夕方のお仕事を手伝って疲れているいるせいか、デザートづくりを3日間続けています。おとといは卵とバターのスポンジケーキに生クリームをたっぷりとつけて。昨日はトルコやアラブのライスプリン(上新粉と牛乳・砂糖の簡単プリン)、本日は、豆乳プリン(豆乳・牛乳・砂糖・ゼラチンの超簡単プリン)と。いつもより、食事の量も多くったって、この時期だけで3kg位体重が落ちます。驚異的!
豆乳プリン

スポンサーサイト

トケイソウ・ハナツルクサ・赤ウシ

トケイソウ、本当にスタミナのある花ですね。毎日エネルギッシュな花をつけて、スパイシーな香りもさせ、ツルを伸ばして、とても働き者です。残念ながら開花一日で終わってしまう儚い花で、せめて写真か、植物絵画ででも保存をしたくなるドラマチックな美しさです。
トケイソウ


ハナツルクサAptenia cordifolia。本当は痩せ地が好きなようですが、うちのウンコたっぷりの肥沃な地にも咲いてくれています。花付きはあまりよくありません。
ハナツルクサ

↓ワイヤープランツに、もっとわさわさ茂って欲しいのですが、なかなか伸びません。あまり地質が合わないのかな?
ワイヤープランツ

↓ハゲイトウの鮮やかな色は、遠くからでもよく目立つ。
ハゲイトウ


↓プラムの木。今年は全然実がならなかったな~ってよく見たら、こんなに苔がついて・・・昨年まではたくさんの実をつけていたのに。苔のせいでもないかな?
プラム

↓肉桂cinnamon treeです。根っこを香辛料として使います。義父さんは、梅酒を作るときに香りづけに使ってます。昭和12年、義母さんの誕生の記念に植えたそうです。紙封筒に入れられてうちに来たそうですが、今では15m近くあります。
ニッキ


↓どこかにいいお嫁さんはいないかな~。たったひとりじゃ寂しい…
コッコ

↓そういえばうちの主役のウシさん達を紹介していないことに改めて気づきました。後日、アップいたします。
だんな様のお気に入りの赤ホル母さんです。これ一頭が赤毛、あとは黒白のホルスです。本当はもっと美牛な気が…横顔を写せば良かった。
赤

↓昨日のホオヅキヘリカメムシの卵。キレイに整列している様子が不思議な感じ。
カメムシの卵

カメムシ

ピーマンを畑に取りにに行きました。
もごうとしたら、何やらたくさん。
カメムシ

カメムシ

↑ホオズキヘリカメムシです。ナス・ピーマン・トウガラシなどに寄生します。うまく写真に撮れませんでしたが葉の裏に卵もたくさん産み付けられていました。
無農薬で、健康的と言えばそれまでですが、やっぱり、ムシだらけって・・・。。
カメムシと言えばクッサイやつですが、それはアオクサカメムシのことです。
だんな様はへったれむしと、アオクサカメムシは違うと言っていましたが、どうなんでしょう。一般的にはカメムシをへったれむしというようですが。。(だんな様曰く、ヘッタレムシはミイデラゴミムシ〈図鑑で調べた〉で、おそわれるとプップッって、ケムリを出して逃げていくとか。ご存じですか??)






コリウス
↑コリウスの葉っぱ。は虫類の皮膚みたいですね。綺麗なんだか、グロいんだか。
コリウス花
↑シソの花によく似てる、と思っていたら、やっぱり、シソ科でした。シソ科コリウス属。和名は錦紫蘇ともいうんだそうです。
ダリア
↑又咲き始めました。
チェリーセージ
↑4年目。冬でもいつでも咲いています。大きくなりすぎて、しょっちゅう剪定してます。
初雪

↑ハツユキカズラは、暑さが一段落して、元気が出てきました。
しゅっこんあさがお
↑宿根アサガオ。やっと本格的に花が咲き始めました。葉っぱが茂りすぎるのはウシのウンコで窒素分の多い環境だからでしょうね。
マガリ
↑夏中もずっと咲かせ続けてしまいましたが、やっぱり秋の剪定をした方が良いんでしょうね。。?

油代、高いですね。。

車の油代、今更ながらですが高いですね。以前は満タンに入れて5千数百円だったのですが、先日GSで、7千数百円に。徐々に上がってどんどん上がって、困ってしまいます。うちは農家なので、トラクター・ユンボ・ショベル、ダンプに草刈り機、色々と燃料が必要不可欠なので大変です。田舎では玄関先から目的地までほとんど車での移動なので、できるだけ外出しないように心がけています。うちには自転車もないし、最寄り駅まで車で(!)20分だし、いかにうちの敷地内での楽しみを増やすか。ということで、庭いじりにいそしむわけです。
関係ありませんが、義母さん達と話していたら、定期購読で有無を言わさず配達され続けていた農協の機関誌や、酪農専門誌は誰も読んでいないことが発覚。大家族だと、誰かが必要なんじゃないかと思ってて、実は誰も使っていないのに手つかずで放置されている物事が多々あります。そうかといって動かしてしまうと後から大問題になったり・・・色々気遣いがものを言います。会話も大事ですよね。ということで、月々計3000円近く、誰も読まない雑誌類のために口座から引き落とされていたんですよね。早速とめよう。
細かく見直せば、色んな浪費が発覚するだろうけど、あんまりネチネチし始めると、風で飛んでくウシの乾牧草のロスとか、自然相手に逆らえないどうしようもない浪費のようなものに気疲れしてしまうので、そのへんはど~んとかまえて、こんなモンだって事にしないとね。体だけ大事に、けがや事故に遭えば、どうしようもないですから・・・ハイ。




玄関
↑気づいたら玄関ももじゃもじゃになりつつあります。遅く種まきしたロベリアがまだ元気です。
ニチニチソウ
↑ニチニチソウが大繁栄です。
ランタナ
↑頂きもののコバノ(小葉の)ランタナLantana montevidensis。真夏はほとんど動きを見せませんでしたが若干暑さが引いてきた最近、枝を伸ばし始めました。頂いたお宅では、春先から初夏まで土手いっぱいにこの花を咲かせていて、薔薇との相性も良いし、品よくかわいく、とても気に入ってしまいました。どんどん伸びて根付いて欲しいです。

ペチュニア
↑とても欲しかったクリーム色のペチュニアが地味に咲いています。
カスミソウ
↑気づいたらこぼれ種からのカスミソウが咲いていました。
直挿し
↑摘心して直に土に挿しただけのコリウスが無事、根付いたようです。ガチガチの土の所でよく頑張った。

↓本日のだんな様の獲物です。タンボから連れ帰りました。クサガメの幼体のゼニガメでしょうか。
にゃんにゃん

カメ
↑甲良の長さ5.3cm。2歳の息子の手のひらにすっぽり。
トミカ
↑トミカにも乗っちゃうよ。
カメ
↑ちゃんと指があったり、すっっっごいかわいい。顔を出したり引っ込めたり、尻尾やら、手足の動かす様子もかわいい。
でも、サルモネラ菌なんかに気をつけないといけないんですよね

浜金谷へ

ついさっきの出来事。
お風呂で小さなムカデが大発生していました。20匹以上、殺戮いたしました。お風呂掃除用のスプレーの底でつぶしまくりです。3cmほどの大きさでどこから入ってくるのかが不思議です。髪の毛を洗うために目をつぶるのが怖かったです。もういないなって安心しても、ボディーソープやシャンプーのボトルを持ち上げると数匹ゾロゾロって・・・挿されると痛いんです。パジャマを着てからもしばらくどっかにいるんでは?と不快でした。
これは毎年の出来事で、ここへ嫁いで、もう5年目になります。だいたい1年周期で繰り返し起こる現象なので子どもの成長記録等々を含め、5年日記につけるようにしました。5年分を書く欄が見開きページで見られるようになる日記帳なので、特に不快な出来事など、毎年恒例の事はそろそろだな!と心の準備ができるようになったので、冷静に対処できるようになりました。羽アリの大発生や、多数のゴキブリが部屋の中で飛び交う繁殖期、本棚がカビる時期・・・以前はいちいちだんな様になんでゴキブリが飛んでくるんだ~って怒ってましたが、今はただ子ども達を守るために冷静になりました。


前置きが長かったですが、本日、浜金谷の市営プールへ行って来ました。本当は鴨川のプールへ行こうと思っていたら、残念ながら昨日で終了。調べて今日までやっている市営プールへ。受付に行ったら午前中で本年度のプールは終了なので1時間ほどですが・・・と言われましたが、ここまで来て子ども達に諦めさせる自信はなかったので、短時間でしたが思いっきり楽しみました。
例のごとく、ここもガラガラ。最終日だというのに、こんなに空いているなんて・・・実家の東村山辺りだったら、日曜日でもあるし、絶対混でて芋洗い状態でしょうに。人口密度の低さと、水に対する執着心のなさを痛感いたします。

プール

この浜金谷は、南房総と、三浦半島の久里浜を35分で結ぶフェリーの発着所になっている場所です。プールはガラガラなのに、目と鼻の先のフェリー乗り場のレストラン・土産物屋を覗いたらたくさんの人人人でした。

帰る前にここに併設している“内房フラワー”という温室を覗いてみました。ここは、以前は有料のフラワーパークだったらしいのですが、その後は苗・花の植物屋さんです。
内房フラワー

内房フラワー

内房フラワー

木立ベゴ
↑植物が色々ありましたが、先日のベゴニアネタもあり、木立ベゴニアの写真を撮りました。ホワイトフラミンゴという種類だそうです。
レックス
↑レックスベゴニアも。先日ジョイフルで買わなかったらここで買っちゃっただろうな。でも、苗の状態は、ジョイフルものの方が良くてよかった。
プル
↑1ヶ月ほど前に訪れたときは、この写真のハウスの奥の方が全部、カラジュームだらけで圧巻でした。最近のカラジューム流行りの裏方さん的存在なんでしょうね。今も一部カラジューム。
プルメリア

↑今はプルメリアというキョウチクトウ科の観葉植物が大量に置いてありました。これから流行るのかな。ハワイのレイを作るお花が咲くんだそうです。

ウラベニショウ
↑本日購入したウラベニショウトリオスター。別名ストロマンテ。色々欲しいものがありましたが、一つだけ購入。@450円でした。
全体的に価格は高め。珍しいものや、なかなか量販店に並ばないものがあって、わ~欲しいな~~って、意気揚々としてしまいますが、冷静に我慢しました。袖ヶ浦の苗屋さんに行けば半額、運良く八百屋の激安苗に出会えれば一つ100エンを切る可能性もあるし・・・。以前80円で買ったムラサキオモトが400円だったり、298円で買ったのコルジリネもここでは800円近かったり。
でも、植物園だと思えば、とっても楽しめました。
ウラベニショウ花壇

ウラベニショウ

↑さっそく、あっちこっちに試し置き。どこに置こうかな。

ジンジャー

ジンジャーの花が咲きました。仄かに甘く、やさしい香りが漂っています。
ジンジャー
当分、このいい香りの花が咲き続けるので、嬉しいな~
でも、問題は葉。丈1m50cm以上、毎年お花が咲くまでに、邪魔すぎて一部刈り込まれます。って、垣根から飛び出てるのが問題ですよね。いったいいつ誰がこんな所に植えてしまったのだろうか・・・きっと何十年も経っているんでしょうね。
垣根はマキの木。これはお祖父様の遺言で絶やすべからずとのこと。だんだん縮小してはいますが、ここのマキの木は必須なのです。でも、雰囲気をなんとかしたいと思い、羽衣ジャスミンやらアブチロンやらを這わせていたらどんどんもじゃもじゃに…。更に、このジンジャーは移植不可能なほどの大株なので毎年様子見を繰り返しています。

垣根前
ジンジャー裏
↑縁側への通路もかき分けねば通れません。
↓見るに見かねて写真を撮った後整理しました。(といっても縛っていたヒモをきつく結び直してだけ)ついでに垣根も剪定。多少はサッパリしたでしょう。。。あまり変わらないか。
垣根後


↓高砂百合?鉄砲ユリ?が咲きました。オニユリよりずっと清楚ですね。
ユリ

アブチロン
↑縁側の向こうでアブチロンのジャングルになっています。

ゼラニウム
↑ゼラニウムが繁栄して、一緒に植えてしまったカクテルを救出しなくてはいけないと思いつつほったらかし~
ヒペリカム
↑ヒペリカムの花が咲きました。実だけに興味がいっていましたが、花が咲くとやっぱり嬉しいですね。


ゴーヤー
↑本日の収穫。怖くてよく見られませんでした。畑にはまだまだごっそりとあったご様子。ひん曲がったキュウリは水不足だったためとか。


↓べつにどうでもいいのですが、捨てるには惜しいので写真のっけます。
子どものちびっこクラブにおやつとして持っていこうと思いましたが中身は、馬鈴薯でんぷんのいわゆる3cm位の揚げえびせんのようなものが一袋入っていただけなので(外箱は18cm×30cm位なのに)諦め、家でひっそりと食べました。
箱がこうなるだけで、お土産として売れるからすごいな~。100エン位のものが、500円になっちゃうんだものね、東国原知事は支持率NO1って、分かる気がする・・・
せんべい



『ハゲタカ』が終わってしまって寂しいです。

ベゴニア

雨が降りましたね~
雨が降りそうもないと書いた途端雨が降って、ニュースに疎いことがバレてしまいますね・・・
夜中の強風は、縁側の網戸を土手の下まで吹き飛ばし、朝起きたらトンボやらハエやベンジョバチ等、色んなムシが家の中に入り込んできていました。


先日購入したベゴニアを紹介します。ジョイフル本田で@399円也。前から欲しかったものです。いつも苗を購入する際に、300円以上だと、真剣に悩んでしまいます。来年も咲くかな、大株になるかな等々、以前はほいほい買って、枯れてしまって悲しい思いを繰り返しているので、枯れてしまってもなんとか納得できる価格のボーダーが自分的には300円位ということです。大事にして何年も育ててあげるんだ~
これは、レックスベゴニアのカーリースターダストかな?種類ははっきりしません。
ベゴニアって、シュウカイドウ科のベゴニア属、原種は2000種類余りあって、交配種は数知れず、うちのがなんて種類なのかはちょっと分かりません。
ベゴ

ベゴ
↑↓お気に入りなのであっちにやったりこっちにやったり。早く良い鉢に植え替えてあげればよいのに、まだ黒ポットのまま、どんな鉢が似合うのかな~とかどこに置こうかな~とか思いながら眺めてます。
ベゴ


↓ベゴニアといえばよくあるこのベゴニア・センパフローレンスをイメージします。うちではこぼれ種で、あっちこっちに生息しているので、邪魔者扱いです。花の左下のものが種の入ったものです。はじけてたくさんの種が落ちるみたい。種は本当に極小、粉みたいなつぶつぶです。
ベゴニア
最近では、この木立ベゴニアにも色んな種類が出回って葉っぱが水玉だったり、魅力的なものがたくさんありますね。
レックスも、木立性のものと同じような花がさくのでしょうか。似ても似つかないけどベゴニア科なんですね。。。



シクラメン
↑昨年八百屋で@200円で購入した白のシクラメン。ドライ法でカラカラにして夏越しさせようとしていましたが、毎日少しずつ水があたっていたようで、気づいたら葉っぱがいい感じで育成していました。お花が楽しみ~
アンジェラ
↑春先には調子がいまいちだったアンジェラが今になって元気になってきました。葉っぱも以前よりずっと活き活きしています。何か吹っ切れたご様子。
トケイソウ
↑トケイソウは、花の蕾が少なくなってきて、ツルを伸ばす方に転換したみたい。

頑張れお花たち

雨が降りませんね。
山を見ると木々が枯れそうな感じがしたり、花を植えている土手のところがガチガチでひび割れてしまっていたり、畑の作物達も良く生き延びていると思います・・・昨日の日中には山火事があったため、消防団の夜警が回ってきています。
ジリジリと照りつける日差しに加え、昨日からこの辺りでは強い風が吹き荒れていて、3mのユーカリの木が倒れ、薔薇やゼラニウムの鉢が倒れ、少々ながらも影響が出ています。
セラスチウムはもう駄目でした。セラスチウムは毎年懲りもせず植えているのですが白い花をたくさん咲かせたのは2年目の一回だけ。それ以外は毎年この時期になると徒長して根元の辺りから黄色くなっていき枯れたようになっていきます。暑さに負けているのでしょうか。蒸れとも違うような気がします。

花壇
↑特に変化はありませんが、みんな頑張って咲いています。強い植物の集まりなので、この日差しの中でも混み合ってくるので、さきっちょを摘んで又挿し芽をして、あちこちに挿しているので、どこの花壇も同じような単調な感じになっています。この時期、咲いてくれているだけいいか。でもホットカラーものばかりなので、なんとなく、おばさま的センスの花壇達です。。。来年はもうちょっと色合いを研究しましょう。
ハゲイトウ
↑良いんだか悪いんだか。目立ちすぎるハゲイトウさんは、脇芽の葉っぱが大きくなってきました。バランスがくずれてくるかな~
ポーチュラカ
↑雑草予防のポーチュラカ。
黄花コスモス
↑これからどんどん大きくなる黄花コスモス。う~ん、ますます花壇の雰囲気が変わってしまうな~
コリウス
↑コリウスって花が咲くんですね。初めて知りました。葉っぱの色からは想像ができない薄紫色。バジルやらシソ系の花に似てる。
サルビア
↑↓サルビア達が多かったら、もっと花壇の雰囲気がシックになるんだろうな~
サルビア

マガリ
↑薔薇の辺だけロマンチックな感じ。
薔薇
↑でも、夏に咲かせてしまうのは可哀想な感じ。
トレニア
↑小学校の花壇のような植裁ですが、何となく気に入っています。色味が多すぎますがね~
センニチコウ
↑センニチコウだけは日差しが強かろうが、安心して見ていられます。
ダリア
↑真夏にもこんなにダリアって元気でしたっけ?本番の秋口まで持つかな~?
ハツユキソウ
↑市民会館の所のハツユキソウです。茎の太さが1cm以上合って、とっても羨ましい。私のハツユキソウは、茎が3mmもなくて、ヒョロヒョロ。種類が違うのかな?とても同じものには見えません。。。

天気予報を見ても、当分雨が降りそうもありません。山の木々は大丈夫かな~??牛たちも、扇風機をガンガンあてていますが息がハァハァいっています・・・(電気代が牛舎だけでも十数万ですよ~・・・)
植物さん達も、頑張れ~!

しそジュース

何気なく畑に行ったら、ゴーヤがたくさんなっていました。うちの畑にあるとは思っていなかったし、いつの間にこんな状態になっていたのかととてもびっくり。
ゴーヤ畑
↑好き放題に伸びてます。ゴーヤなのかカボチャなのか?って見たらほとんどゴーヤでした。
ゴーヤ
↑たくさん採れても私以外誰も食べません。畑では黄色くなったゴーヤさんも何本か・・・チャンプルーもよろしいですが、薄く切って塩もみし、甘酢とカツオブシで頂くのが一番好きです。


そして、赤しそもたくさん。
しそ
先日おばさんが作ってくれた、シソジュースもなくなったことだし、そろそろ作ってみようと、赤しそをたくさん採りました。
葉っぱだけをむしって、どこで洗おうか・・・うちの簡易台所はとても狭いのでゼッタイ無理、しかたなくお風呂場で。ここも半端じゃなく狭いのですが赤しそぐらいは洗えます。3年前にだんな様にシソジュースの作り方を習った時、“適当にジャブジャブ洗えば良いんだよ~”って、バケツで一回だけ水に通して鍋に入れた様子を見て“果たしてこれで良いんだろうか?”と思い、その年はあまり飲まなかったことを思い出しました。翌年は神経質に一枚一枚を1時間以上かけて洗ったな~確か・・・。
今日、葉っぱをむしっていたら、やっぱり、ヘンテコなムシとか、ムシの卵とか、蝉の抜け殻とかついてましたよ。

風呂場
↑今日は風呂場で15分位洗いました。ちょうど良いでしょ。

クエン酸
↑直径42cmの大鍋に水を沸騰させ、葉っぱを煮立てて取り出した後に砂糖とクエン酸を入れました。赤ジソの葉400gに対し砂糖1kg、クエン酸25g、水2㍑だそうですが、今日は分量は適当。お砂糖は4kg使いました。
クエン酸は薬局で500g@1000円でした。これを使って乳酸飲料なんかも作れるとか。食品添加物の酸味料です。


ドスグロ
しそジュース
↑葉っぱを煮立てたときはドス黒緑(上)ですが、クエン酸を入れた途端に、綺麗な赤色になります。これを氷水で割って(下)飲みます。

花壇のしそ
↑赤しそはあちこちに点在していて、花壇の中にも何気なく根を下ろしています。

しそにはいろんな栄養成分があって、免疫力強化、血行を良くするので貧血、冷え症、低血圧に作用したり、健胃、発汗、利尿剤として効果があるそうです。殺菌効果もあるしね。って、どれだけ効いてるかは分かりませんが、おいしいです!

結局計12㍑できました。冷蔵庫のどこに入れようか~入らないよ~
常温に置いておくと発酵してスパークリングのワインになっちゃうし~

夜の花

何故、夜桜と言う言葉があったり、花見を夜桜の下で行ったり、桜だけ特別扱いなんでしょうね。
“夜猿滑り”っていってもサマにならないし、この時期お花見したら蚊に食われまくりですね。でも、とってもキレイです。
サルスベリ

ダリア
フレンチレース
クリムゾングローリー
↑夜ダリア・夜薔薇もキレイです。

ハチのその後とカメ

ハチの巣がどんどん大きくなっています。
ハチ
↑暗くなってからのハチの数が多いです。ハチの巣を埋め尽くすほど。相変わらず水やりの時に水をかけても怒らない穏和な方々です。程良い共存関係を築いています。
ハチ
↑日中はこんな感じ。みんな穴に頭をつっこんで、食事中か?何をやっているのでしょうか。

はち
ハチ
↑本日、だんな様の牽引用の荷車にもハチの巣を発見。写真を撮った後、焼き払われてしまいました。中には、幼虫がたくさんいました。

マユ
↑おかいこ様は、相変わらずですが、マユになってすぐ赤蟻が集まってきていて、現在は小さな穴が5つほどあいているので留守中に食べられてしまっているかも?確認する勇気はありません。。。


カメ
↑うちに来て1年以上になるカメさんです。ひいおばあちゃんがカメが好きなことを知っているおじさんが、タンボで見つけて持ってきてくれました。台風の中でも、暑くても、寒くても、忘れられても文句も言わず、かわいいカメです。

夏も後半に入ったか・・・

おあっつございますね。
キョウチクトウ

キョウチクトウ

キョウチクトウ


お盆をすぎて、夕方のキョウチクトウやら、夕陽の落ちる海なんかを見ているとなんだか夏の終わりのにおいがしてきたかな~と思うこの頃です。なんだか空が高くなったかな~と感じたり、土日の夜に花火が打ち上げられている様子も、思い出づくりのために一生懸命輝いているみたいな・・・なんだかセンチメンタルな気分になりますよ。この砂浜も本日をもって今年度の海水浴場設置は終了だそうです。

今日は実家の父が房総の方へと遊びに来て夕方に合流。内房の大貫という場所に一人テントを張ってキャンプをするとか・・・このご時世、やんちゃな兄ちゃんらに絡まれたりしないだろうか~心配だ~。。
夕飯にちょいとここらじゃ有名な良い肉のビアガーデンにみんなで行きました。農林水産大臣賞を受賞した牧場で作られた一切れ数百円の肉達です。
国内有数の良い肉ですが、紙皿と紙コップ、瓶ビールケースに板をのっけたちょ~屋台風ですが、味は格別にうまかった~。本格レストランで同じものを食べたら、もっとずっと高いんだろうな~

明日からの慎ましい生活になんだかホッとする気もする・・・

本日のお花と摩邪

ジニア
↑ジニアがこんなに強くて花付きの良い花だとは・・・又来年も植えましょう。

ミソハギ
↑お盆の行事に大活躍のミソハギ。この辺りの農家ではどこでも植えています。

マランタ
↑マランタMarantaの花。毎日、ポツポツと咲いています。とてもかわいい花。目をこらして見ないと分からないほど。
マランタ
↑普段はこんな風に広がった葉ですが、暑いと(湿度が不足すると)蒸散を防ぐために葉っぱが植えに上がってきてかわいい。生きてる~って感じがします。↓
マランタ



ギボウシ
↑ギボウシ。まだ咲いています!

夕顔
↑夕顔の花。夕方に咲いて朝しぼむというけど、そうだったかな~今度よく観察してみます。ちなみにこの写真は朝7時に撮ったもの。
夕顔
↑こんな感じで実が大きくなります。
夕顔
↑夕顔の大きくなりつつある実。ひょうたんもこの仲間です。30cm以上の大きさになって、薄く長くむいて、乾かしてカンピョウにします。
房総は海苔巻きやお寿司をよく作るのでカンピョウは重宝ものです。





今日、ジャスコに遊びに行きました。この辺で一番大きなショッピングモールです。2歳の息子は今、エスカレーターが一番のお気に入りで、何よりも先に乗りたがります。“もいっかい、もいっかい”と言われ、上がったり降りたりを3回ほどやってたら、下でキャ~ってやたら騒いでいるのでゲキレンジャーだかプリキュアだかが来ているのか?と思ってみたらまちゃまちゃでした。イベント会場には、レジャーシートで場所取りして座ってる人、2階、3階まで人だらけ。よくここではイベントをやるんだよな~。以前、アンパンマンショーを見に来たらやっぱり人だらけで全然見られませんでした。
でも今回は息子のおかげで、相当近くのエスカレーターで見られてラッキー。だけど、何回も行ったり来たりして挙げ句の果てに写真まで撮っちゃったので、後日、「この前ジャスコで、まちゃまちゃの所にいたでしょ~」とかって、ママ友達に言われるに違いない。あ~恥ずかしい・・・
まちゃ
↑貴重な後頭部の図。髪の毛を黒いパチンってやるピンでとめてたぞ。彼女の実家は美容師だそうだ。(君津出身ね。)
まちゃ
“摩邪”って書いた水着みたいなのを着てた。「ゆっぞ!ハッ!ゆっぞ!」って言ってた。

まちゃ
3階から撮れた。若月って人達も来てた。でも私は知りません。

ムシ

花壇で発見してしまった。。。

ムシ
↑黒い幼虫と、灰色の幼虫。別の種類だと思いましたが、写真だと同じもののように見えますね。たぶん、どっちもスズメガの仲間でしょう。成虫を想像するとぞっとします。
タマムシ
↑だんな様が珍しいからと、とっておいてくれました。
タマムシ
↑お亡くなりになられていますが、標本と思ってご覧下さい。本当にきんきらきんで、綺麗な体です。足一本一本まできんきらきん。
でも、形は、ゴキブリみたい。


つたもの

つたものが栄えています。要は雑草です。名前もよく分からないものばかりです。
カラスウリ
↑カラスウリの花
カラスウリ
↑カラスウリの実が大きくなりつつあります。
カラスウリ電柱
↑電柱も登ってしまってます。
ツタ
↑花壇にまで浸食してきて・・・
ツタ
↑お花たちを襲いそうな勢い。
ツタ
↑これは先日載せました宿根アサガオの葉。こんなに栄えてしまった・・・
↓畑やら、色んな所にこの白い花が栄えています。ジャスミンのような、でもほんのとても仄かな香りはしますが、強くありません。何という花なのでしょうか。
白い花

白い花

白い花

白い花
↑葉っぱはこんな感じ。

羽衣
↑羽衣ジャスミン。これは雑草ではありませんが、壁づたいにどうしたらよいか分からないくらい伸び続けています。東京電力のメーターにも覆い被さっています。
花壇
↑つい、最近まで自分的には花壇だった場所。ギボウシと、コウシンバラの赤色がかろうじて見えますか。実家帰りしている間にジャングル化してしまいました。
ツタ
↑桜の枯木もこんな感じ。。。

海へ!!

本日は親戚11人で海へ!
だんな様も、甥っ子に100倍楽しくなるから一緒に行こうと誘われ、忙しい所、お付き合いしてくれました。本人が一番楽しんでましたね~
今朝は早朝から、具合の悪いウシがいたりして朝のお仕事がいつもより1時間以上遅れてしまい、家からの出発も10時半過ぎ。
それでも、なんもかんも行き当たりばったりのイベント好きの集団なので楽しかったです。

海1
↑カンカン照り。海水浴場ではなく、穴場の岩場。車を止めた所から結構歩くんだな~。
トイレもヒトケもないんだな~。
でも白い岩場でいい感じ~。砂で汚れないし~

↓水は澄んでて魚もいっぱい。空にはカモメも。私は泳がず、子どもの見張り。すっごい潜りたかったけどグッと我慢。
海3
↑フィンをつけてのシュノーケリング。やりたかった~
海3
↑2歳の息子は泣きもせずだんな様の餌食に。。。
海4





お花です。

アサガオ
↑宿根アサガオ。こんな感じで咲きました。午後2時くらいまで開いています。葉っぱはヘンリーヅタみたいでしたが、花は、やっぱりアサガオ。花が咲いて一気に和風チックになりました。葉っぱは成長力旺盛で、梅の木を浸食しつつあります。
コウシンバラ
↑コウシンバラ。バラって、やっぱり春先から初夏の季節が合いますね。同じように花を咲かせていても、春先のバラとは別の植物みたい。日差しが違うからかな~?植栽が違うからかな~?
フヨウ
↑The SUMMER!! フヨウです。花びらが厚くてすごくしっかりした花です。葉は、青虫の食害に泣いています。
フヨウ

ルドベキア
↑夏本番ですね。


又、今日も焼けました。お肌ボロボロ~

楽しい一日

今日は親戚達が集まりました。そこで

プール
プールですか

プール
よくやるわ~

プール
いい迷惑よ~

バーベキュー
↑夜はバーベキューを。
ガーデングリル
↑だんな様の宝物のガーデングリル登場!
花火
↑シメは花火で。牛糞はインドじゃ燃料なんだよって話でもりあがり、牛糞燃やして遊びました。木炭みたいに燃えるんですね。

Kくん、Kちゃん、お盆の田舎はこんな感じでした!
是非、又一緒に遊びましょうね~


ゼラニウム
ゼラニウムは夜でもキレイね~

うちの花

昨日13日は盆の入り。田舎ではお仏壇を飾り、夕刻、迎え火をたいて、ご先祖様をお迎えしました。
麦がパチパチと音を立てて燃える所に、ミソハギをお水にぬらし、パラパラふりかけ、お米も、焚き火に投げ入れ、「焼き米食え食え、水飲め飲め」といって、お迎えするそうです。13日は夕刻のできるだけ早い時間にお迎えし、16日、できるだけ遅い時間に送り火で名残惜しくお別れするそうです。京都の大文字焼きも、大がかりな送り火の一つとか。あと、お飾りを灯籠流しで送るとか、っていうのもお盆の行事ですね。



お花です。
うちの敷地にはサルスベリが3本あります。
剪定等ほとんど手を加えないので、その年によって咲いたり咲かなかったり・・今年は、白の大株がきれいに咲いています。道に被さって、トンネルみたい。
サルスベリ

アスパラにサルスベリ
↑下のアスパラガスにサルスベリの花びら。
ハラハラ花が落ちる様子は雪が降っているみたいで趣があります。

↓わざわざ花壇に植えることないのに~
こんなに大きくなってしまったサトイモです。義母さんは、イノシシに掘られないかなあ、と心配しています。
観葉のクワズイモは何とも素敵なのに、サトイモは何で野暮ったいのでしょうね。そっくりなのに・・綺麗な鉢に入れれば良いのかしら?
サトイモ大

サトイモ小

サトイモ中

↑3つのそれぞれのサトイモは全部同じぐらいの大きさだったんですよ。赤カラジュームの横のものは葉の大きさ10cm位、白カラジュームの横は20cm、地植えのでかいのは、もう50cm以上です。えらい違いです。




全体
↑花壇です。キレイでしょ!!!だんな様が、留守中もちゃんとお水をあげていてくれていました!!半分諦めていたのですごく嬉しいです。2つ鉢物がダメになっていましたが、これは、わたしがヘンテコリンな所にぶら下げていたものなのでしょうがない。

アガペ
↑タコチュウみたいなアガベ

ランタナ
↑ランタナも活き活き

ハゲイトウ
↑ハゲイトウは色鮮やかになってきました。

センニチコウ
↑夏本番。おいらの出番といわんばかりのセンニチコウ。種から育てて、ちゃんといっちょ前になり、後半には、ドライフラワーにして一年中家に飾る重宝もの。

ポーチュラカ
↑そこら中に挿しているポーチュラカの親株。
やっぱり、強い花が好きです。

ブロッコリースプラウト~成長記録

千葉に置いていこうとも思ったのですが、実家まで持っていって観察しました。

袋
↑先日購入した種。

ブロッコリー7日
↑8月7日。殻がパカッとむけて子葉がニュッと出た。クリーム色だったのが緑になるのが不思議。

ブロッコリー9日
↑8月9日

ブロッコリー10日
↑8月10日

ブロッコリー11日
↑8月11日

ブロッコリー12日
↑8月12日


ブロッコリー14日
↑8月14日

気の利いたコメントを考える間もなく・・・
成長の様子にただただ驚くばかりです。
植物って、知らないところでニョキニョキ伸びているんですね。
これ以上の水だけでの成長は、ひょろひょろで可哀想。だから、一週間で食べられますって書いてあるのね。
そうそう、実家から約1週間ぶりに戻ってきたら、あっちこっちにカラスウリのツタがはびこっていました。いやになっちゃった・・・
カラスウリ
↑多肉さん達にはびこるカラスウリ。秋にはオレンジ色のみをたくさんつけます。が、当然むしり取りました。

実家のお花たち

うちの実家は商店街にあり、歩くのが可能な駅は5~6駅、とても便利で賑やかなところです。でも大げさに言えば建坪率95%、残念ながらお庭はありません。ということで、屋上とベランダとうちの中に植物を置いています。母は、水やりをするのにバケツ一杯の水を持って急な階段を一日に何往復もするので膝を痛めたほどです。先日、雪柳、ヒマラヤユキノシタ、アジサイ、ゼラニウム、たくさんのバラ等々、、、2t車で東村山から富津の家まで、運びましたが、それでも屋上にたくさんの植物が・・・。やっぱり自然と挿したり撒いたりで増えるんでしょうね~


スイカ
↑食べたスイカの種で育ったらしい。品種改良された一代雑種の種だろうからお店で売ってるようなおいしい実はならないだろうけど。。。
スイカ
↑スイカの芽。父がプププって飛ばしている様子が目に浮かぶ・・・
ゴーヤ
↑ゴーヤさん。こちらも、お店で買ってきたお野菜の種からだそうです。
花瓶
↑ポツポツ咲いているものを集めて。

サボテン1
↑サボテンの花が咲きそう・・・咲いた様子を見たかったけれど・・・残念!!
サボテン
↑このサボテン、12年前の購入時にはまだ30cm位だったのですが、今では1m20cm位に伸びました。はじめての花です。

レオ

レオ
↑お姉ちゃんのところのミニチュアダックスのレオくんです。
今年の5月14日産まれの3ヶ月子犬。本当に本当にかわいかった~
か~わ~い~い~・・・

お久しぶりです

東村山から帰って参りました。
東京は暑い!と連発していっていましたが、帰ってきた千葉はとても蒸し暑かった!食事する手に汗の珠ができ、子ども達の背中は着替えても着替えてもびちょびちょ。これが本来の暑さかな。


実家では、公園へ行ったりプールへ行ったりデパートへ行ったり・・・子ども中心の毎日。田舎から出てきて、また田舎へ行く必要はないのに、奥多摩の方へも遊びに行きました。
川
↑多摩川
川遊びといって木陰のサヤサヤと流れる川を想像して行ったら、荷物を下ろしたのはカンカン照りの河原。水はカヌー遊びのお兄ちゃん達がいっぱいのスポット。流れが急で大人でさえ流されそう。。。
雰囲気だけ味わって即退散。でも十分楽しかったです。
川
↑カヌー人達の発着地なのかな~

橋
↑奥多摩澤乃井園で休憩。清酒「澤乃井」の醸造元小澤酒造の酒蔵があったり、豆腐料理が楽しめたり。そこから多摩川に架かる橋。
寺
↑寒山寺。無住寺だそうです。涼しげ~
レンゲショウマ
↑レンゲショウマ
せっかく御岳のふもとをうろうろしていたのにこのレンゲショウマの群生を見ずに帰ってきました。
御岳ではレンゲショウマ祭りなるものを毎年やっているとか。レンゲショウマはキンポウゲ科の多年草で、5万本位群生しているそうです。
薄紫の花が下向きに咲いて、とっても可憐なかわいい花でした。「森の妖精」ともいわれているそうな。
見に行けば良かったな~
レンゲショウマ

お休みのお知らせ

いつも覗いていただきありがとうございます。

急に明日から実家の方へ遊びに行くことになりました。少々お休みを頂きます。せっかくブロッコリースプラウトの観察を始めようと今朝は思って封を開けたのですが、その後行くことになりました。。。
こんなことだったら、帰ってから観察を始めれば良かったです。
みずやりはだんな様に任せましょう・・・

毎日が非常事態のような生活?!なので、何でもアリです。
またよろしくお願いします。
行ってきま~す!!

っひがっしむらや~ま~

ブロッコリースプラウト

「種から育てる ブロッコリースプラウト 栽培キット」なるものをスーパーの野菜売り場で発見し、思わず購入してしまいました。@九八円也。
袋
↑夏休みの自由研究の素材にいかがというところでしょう。
種
↑中には種とスポンジが。
種をふやかして、スポンジの上に置きました。一週間ほどで、スプラウトsproutができて、食べられるそうです。ベビーリーフ?ブロッコリーもやし?
説明書によると、このブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンには体の中の有害な化学物質や活性酸素などの健康に悪い働きをするものを取り除く効果があるそうです。このさい有害なものは全部出てくれればいいのに~


種
こんな感じでスポンジの植えに。種が多すぎるので、一部土でも育ててみよう。育ちに違いはあるかな~
卵種
イリスの庭式に・・・




ポーチュラカ
↑ポーチュラカ:去年のこぼれ種で、コンクリの隙間から元気に出てきました。
トケイソウ
↑トケイソウ。ここ毎日必ず咲いています。律儀です。まさしく時計ソウ。

トケイソウ蕾
↑次々並ぶ蕾がとても頼もしい!





ベンジョバチ
↑ベンジョバチ便所蜂です。正式名称を調べたところ、コウカアブといって、ハチではないそうです。牛の堆肥舎で大発生しているので、家の中にも多発です。悪さはしないのですが、ブンブンうなって、壁にガッツンガッツンぶつかって、ウルサイので、ハエタタキの対象になっています。動きがとても鈍くて、手でもはたけます。四歳の娘でさえ捕まえちゃいます。



本日のプール

今日のプールはだんな様が用意してくれました。
プール
↑挿し枠付きのステンレスを張ってある荷台に水を張ったもの。ウンコ堆肥を搬送したり、収穫した米を搬送したり、プールになったり、大活躍の2t車です。
プール
↑いい感じにスロープになっていて子ども達は大はしゃぎ。
プール
↑ダンプなので、ボタン一つで、荷台が上下し、波のプールになります。

堆肥舎
↑やってる場所は堆肥舎の所です。目の前が乾燥ウンコであろうが、関係ありません。

センダン
↑子ども達は堆肥は眼中になく、センダンの木がキレイね~と上機嫌で言ってました。





オバケキュウリ
↑畑に亡くなった猫を埋めていたら、オバケキュウリに気づきました。40cm位あります。やっぱり猫に食べられています。本当の5円玉は下のもので上のやつは日本文化センターから送られてきた御縁玉です。


サルビア
一応ガーデニングブログなので一枚だけ。

夜11時半、また義母さんが「牛子が2つ産まれてんぞ~」と行ってきたので親ウシと双子ちゃんそれぞれを移動してきて、搾乳と哺乳と親ウシへの栄養補給をしてきました。だんな様が。。。私も哺乳にチャレンジしましたが、難しかったです。

うんざりされていると思うので、アシナガバチのその後にご興味ある方は、続きをお読み下さい。お願いします。。。

続きを読む

本日の綺麗.と気持ち悪いもの

ニチニチソウ
今年はたくさんのニチニチソウを植えました。大きく育ったものもあれば、ほとんど育たず花もつけないものもあります。日当たり条件や土の違いで随分違うんだと実感します。
ニチニチソウ
↑玄関先のものは日当たりが良いわけではないのに大きくなりました。鉢に植えたものの方が状態はよいようです。人目に付くところに置いてある方が良いみたいです。水やりの違いかしら・・・
ペチュニア
↑欲しかったペチュニアは、イメージのようにこんもり華やかに咲き乱れず、ぽつぽつです。栄養がたりないのかしら。

トケイソウ
↑トケイソウは初めて一度に3つ咲きました。いつもはひとつずつ。
オクラ
↑先日花芽がついていたオクラは雨のせいかきれいに咲かずとろけて落ち、そのあとにオクラのがなり始めました。

ハクロニシキ
↑ハクロニシキ。パステルカラーでいい感じの木なのですが、なかなかうまく生かせてません。挿し木で増やしてその辺にあちこち植えています。他の家ではもっと見応えあるんですが、、、
ビオラ
↑こぼれ種のビオラだと思います。とても良い色で咲いています。

ギボウシ
↑ギボウシもいい感じです。

オレガノ
↑オレガノがしょぼしょぼです。地植えで水はけが悪かったのかもしれません。鉢に植え替えました。ハーブは、うちの環境に合うものと合わないものがあり、随分種をまきましたが大半失敗しているかも。。。
マジョラム
↑マジョラムは割と良いんです。もう4年目になります。


アシナガバチ
↑アシナガバチの巣は、こんなに大きくなりました。ハチの数もどんどん増えている気がします。最初は一匹だったのに。。。それが女王蜂だったのかな??
アシナガバチPaper waspは、黄色と黒のシマシマの警告色で、スズメバチ科なんですよね。アシナガバチ族のハチの総称で、26属900種もいるそうで、うちのものはセグロアシナガバチ?キアシナガバチ?なんでもいいね。
アシナガバチ
↑ずっと見ていたら、2匹のハチが黄緑色の小豆大のものを出したりしまったりし始めました。卵か?餌か?図鑑で調べたら、青虫ダンゴといって、モンシロチョウの幼虫なんかを捕らえて噛み砕いて団子状に丸めて運んで巣にしまっておくそうです。私がずっと見ていたから危険だと思ってしまい直したのかも。カメラも超接近。怖いより見たいが優先してしまった。
先日は、襲撃されましたが、いつもは水をかけても何ともない穏やかな方々です。

そうそう、気持ち悪いムシを追記しましたので、ご興味のある方は続きを読むをクリックしてください。相当気持ち悪いです。嫌いな方は、ご遠慮下さい。

続きを読む

鴨川のプール

本日は、鴨川駅の先、前原海岸へ行って来ました。
台風の影響もあり、波が高く海はサーファーのみ。
できたら海にも入りたかったですが断念。荒れ海


公園で遊んで、プールへ。公園

ここは、無料の駐車場の目の前に、海と公園と市営プールがあるのです!!未就学児を連れた親には素晴らしい場所です。
プール
↑穴場なのかな~みんなこのスポットは海遊びって頭にあるようで常にガラガラです。気持ち~

海人ボチボチ
荒い波でも若者にとっては関係ないようです。。。


椰子

ハマユウ
↑ハマユウでしょうね。
家から30分で、南国気分です。


デルフィ

↑家に帰って夕方、何気なく水やりをしていたら、種から育てたデルフィニウムに花が咲いていました。いつから咲いていたんだろう。存在感がなくて気づきませんでした。蕾は気づいていたのですが・・
切り花で豪華な印象のデルフィニウムと大違いで、野草的な感じがしました。
花屋のものとは別物みたい。。咲かせる季節を間違ってるし~

繭

朝起きたら、葉っぱにくるまって、繭の形になっていました。夕方見たら、もうしっかりしたものに。。。火曜日にうちに来て、金曜日にはマユになってしまった。早い展開でしたが、、つまらな~い・・・もっと観察したかったです。

しょうがないにゃんにゃんでも観察しましょう。・・・よっぽど暑かったんでしょうね。
水道が使えませ~ん!
にゃんにゃん

暑いですね~

ムシ暑いですね~
うちのムシは元気ですよ~


カイコ
↑今日は桑の葉っぱを食べないな~と思っていましたら、イトが出てきました。

カイコアップ
↑分からなかった方のために アップでどうぞ。いよいよ繭になるのかな~
どんな成虫になるのかなって調べたら、かなり気持ち悪かった。
う~ん、どうしよう・・・
カイコ図鑑
人間が管理しなくては生きられませんとはどういうことでしょう?


蝉の抜け殻も至る所に・・・
セミ抜け殻
↑見えないかもしれませんが左下にももうひとつ。

カエル
↑緑色の小さいアマガエルは大好きです。頭上にもいました。木からぶら下げている竹に。

ムシ嫌いの方、ごめんなさい。。。

涼しげなお写真をどうぞ~

水遊び
↑農協のおっちゃん達が「いいな~おじさんも入っていい??」って~
娘達は「・・・」沈黙。
ダリアと二人
↑二つ並んだダリアと、二人の子ども達がなんだかかわいかったです。

しゅっこんあさがお
↑宿根アサガオ。わ~ヘンリーヅタみたい~とかって、買ってきたらぐんぐん伸びて後は花が咲くのを待つのみ。どんな花が咲くのでしょう。楽しみ・・・

ペチュニア赤

ペチュニア
↑なかなかうまく育てられないペチュニアです。無謀にも八重ですが、かろうじてポツポツ咲いてます。

トレニア
↑バイカラーのトレニアはこんなに元気になってきました。

ベル
↑ポストの下はもじゃもじゃに。なんだかいい感じ。

ポーチュラカ
↑ポーチュラカ:毎年初夏に頂き、あっちこちに挿しまくります。ガーデナーにはあるまじき行為??雑草防止です。イメージはモロッコあたりの遺跡入り口みたいな~

マガリ
↑バラは涼しげで良かね~・・

タマスダレさま

タマスダレが咲きました。
タマスダレ

ここの花壇を作るにあたりたくさんのタマスダレ様方にはお立ち退きいただきました。群生する彼らとどうお付き合いすればよいか分からず、目の敵のようにどさっと束で引っこ抜いては投げ捨てる、大変ひどい扱いをした一年間でした。
この度、白い清らかなお花を見たら、大変心苦しく、申し訳なく思ってしまいました。でも肉厚で剛健な葉っぱと花のない長い時期をともに過ごさなくてはならず、どう共生して花壇を作り上げればよいか分かりませんでした。
とても勝手ですが、一年ぶりにお目にかかれて良かったです。。。




先日のハゲイトウの、花です。茎の脇にたくさんついています。
ハゲイトウの花
てっぺんの葉っぱの様子に比べるとなんてチンケな感じ・・・

野性的なダリア
↑草丈2mの野性的なダリアは、場所をとるし・・・
それでも一番綺麗なときでしょうか。

?
↑ミントとコウシンバラとオニユリ。農家でしかありえない組み合わせでしょうか。

ダリア
↑やっぱりダリアは大好きです。
カイコ
↑もらいました。相当嬉しかったです。カイコです。観察したいと思います。桑の葉っぱをもりもり食べています。すごい勢いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。