農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

2007年06月の記事

粗雑なDIY

うちにはあちこちに廃材が転がっている。廃材

どうにか利用しようと思い立ち、昨日いきなり始めた棚づくり。小さなテーブルとでもいいましょうか・・・
出来た→完成

なかなか気に入りました。

完成はなだな


完成花棚

黄色いプラスチックのバケツが写真に入らないで良かった~
一生懸命玄関を飾っても、お客さんはほとんど長靴や作業着が脱ぎ捨ててある裏口から来るんだよな・・・
スポンサーサイト

今日の脱走犯

今日の脱走犯は誰じゃ??   ロバ

ロバ2
 ↑犯人のパセリくんです。お母さんはミント、お父さんはバジルだそうです。
 もらわれてきてうちに一頭だけいるロバです。
ロバ3
↑僕にも食べさせて・・・ウシは女性軍、ロバと鶏は男性です。 
ロバ5
↑さてさて、いつものあれを・・
ロバ6
↑ああ気持ち~大好きな砂浴びです。
ロバころ
ロバころ

草食べるロバ
↑あー幸せだな~・・・
 (普段は、仔牛たちと並んで、狭ーいハリバに入っています。ちょっとかわいそうです)

おまけ:↓本日の脱走犯ウシ版。
ウシの逃亡

草刈

喧嘩をして、どこへぶつけたらよいか分からない感情があふれ出てくるので、
草刈

草刈をしました。

草刈

草刈をすると掃除をした後のような爽快感があり、ブイーンという大きな音と振動とでちょっと緊張するので喧嘩していた精神状態と違う次元へ行ける気がします。モヤモヤもふっとんだ!
すっきり↓
草刈


今日は、色んな虫などに出くわしました。
アオダイショウは写真に取れなかったのですが、
ナナフシ
↑ナナフシ
トンボ
↑トンボ
蜂の巣つくり
↑蜂の巣作り

おまけ
牛の脱走
牛が脱走すると、辺りかまわずどこでもウンチをしながら走り回るから困っちゃうんだよね・・・

本日の綺麗.

ルドベキアとブッドレア
ブッドレアは2年前、だんな様が訪れた沖縄の水族館で苗を配っていて、もらってきたものです。1年ごとにどんどん大きくなって楽しみです。“蝶が集まってくる花です”と案内にあったとおり、いつみても蝶やら蜂やらが寄っていて、ブンブン音がしています。

ミント
↑ミントの花。ミントは寂しい場所にちょこちょこ挿していたら、あっちこっちがジャングル化してます。根っこがぶっとくて、コンクリを持ち上げるほどなので、整理しなくてなりません。
ポポー
↑ポポーという果樹をご存知ですか。子供が絵で書くような大きな葉っぱと、熟すととっても甘い香りのする果実が特徴です。この実は本当に美味しそうな匂いがしますが、食べるとそんなに甘味はありません。
個人的に、とてもよい雰囲気をかもし出すこの木が好きですが、お義母さんは葉っぱが落ちるのがよくない、と切ってしまおうと言っています。う~ん、もったいないな・・・
ポポー
↑ポポーの実。
アブチロン
↑アブチロンは、そこらじゅうに挿し芽を植えて、あっちこちで栄えてます。冬でも元気なので重宝してます。

ロベリア
↑今春遅く、色んな種を買ってきて、遅すぎると分かっていたけど蒔いたのです。ネームプレートを挿しておきましたが、子供達のオモチャと化し、毎日差し替えてあるのでもうどれが何の苗か分からなくなって、そのうち気持ちも離れ、ほったらかしになってました。雑草が大きくなってしまってると思ってたら、ロベリアでした!!早速、即席自作バスケットに植え替えてあげました。思う存分咲き乱れてください!!って、今となっては暑くなって、雨も多くて本当に種蒔くの遅くてごめんね・・・
ロベリアカゴに
後ろのタチアオイに負けちゃってますね・・

ドナドナ

本日、牛の出荷でした。
ドナドナ黒
ドナドナトラックの中
 

↑黒、ホルスタインそれぞれ一頭ずつの仔牛を二頭。そんなに珍しいことではなく、日常の風景の一部です。うちにいるのはおっぱいを搾乳するための牛たち。ということはメスの母さん牛達が主役なわけです。そこで、産まれてきたオスのホルスタイン君は、市場へ出荷され、“国産牛”としてスーパーに。黒毛の子はメスですが、未経産母牛が初めてのお産が軽く済む小ぶりな交雑種なので搾乳用ではありません。ということで“黒毛牛”としてスーパーに。生きものに対して使う『出荷』という言葉にも抵抗がなくなってしまいました。。。
ドナドナ
↑子供達もさよならしました。


話は変わりますが、うちの猫達はキュウリが大好きです。
毎年おじいちゃんが植えるキュウリも半分は猫にやられてしまうのです。夢中で食べて、飽きると食べかけで捨ててあり、怒ったおじいちゃんは、網を張りました。
きゅうり畑

きゅうり畑の猫
↑そしたら、早速猫がかかってました。
慌てた彼は、逃げ回ってましたよ。


本日、へんてこなパゴラもどきを作りました。何のために?なんとなく造りたかったからです。禁断の2本足。不安定だし、何の意味もなさそう。本当はハンギングでもぶら下げたかったけど耐久性なさそう。ツルバラでも絡めてあげましょう。
造成中花壇設置後
 
造成中花壇設置後

どうしたらいいの?

うちのだんな様はとにかく多趣味?です。
買い物を例にとってみると・・・近所での買い物はほとんどしませんが、年に2回東京で、ここぞとばかりに、どかんと何だか商談を行ってくるのです。

ザ・コレクションの中で、これはかわいいと使っているのは、
ホースかえる
↑ホースホルダー。
でも雑然とした色んなもの達にのまれて、埋もれちゃってるんだなー。
ホースカタツムリ

猫水道
↑これは本当はしっぽにハンギング鉢をさげたりするんです。
ニャン水道



猫feeder
猫のえさ皿。これは使える。
猫feeder

他にも、使ってない箱入りの色んなものがいっぱい・・・
宝物鶏
こんなものや
宝物ふくろう
そんなもの、
宝物duck
これも
宝物小鳥
あれも
宝物馬車
まだまだ
宝物たち

これ以外にもまだ段ボール一つ分あるんだなあ・・・どうするんだろう。
 ご興味のある方は、是非ご連絡ください。

↑これら買い物は、鉄が好きだからか?!
そうそう、南部鉄の鉄瓶とか、鉄なべもたっくさんあるもんなあ。

買い物だけに限っても、理解の範囲を超える感じで、時々どこへ向かっていきたいのかよく分からないことが。。。商売でも始めるのかしら??
専用の倉庫があって、大きな樽とか棚とか何だかよく分からない彼の宝物でうまっているらしいんですよね。


おまけ。
たこザクロ
たこウインナー?と思ったらザクロの花でした。

本日の綺麗.

ルドベキア
↑ルドベキアです。今年もこんにちは。毎年咲く3年目の手のかからない良い子です。花も持つし、次々咲くし、本当に優秀。多分、種も落としてくれてるみたい。生かされてないけど・・・
雨にぬれたコスモス
↑コスモス。秋に咲く花ですが、自分で種をまいた時期が良くなかったのかな。大輪で清楚です。
薔薇の葉っぱ
↑薔薇の葉っぱ。花芽もついてます。もらってきたもので、種類はわかりませんが、この葉っぱ、スモークツリー的魅力があります。
カクテルつぼみ
↑カクテルのつぼみ。ちょくちょく登場する薔薇ですが、まだつぼみがついてます。

ネメシア
↑ネメシアとカラミンサ。紫のネメシアは、葉っぱを見て夏にも強そうだと直感、とても気に入っているので、うちの環境に合うかよく観察していきたいお花です。うしろの白いカラミンサ、外で見かけてなんて花かとても気になり、執拗に追いつづけ、店にも何回も電話をかけて入手。時期になればあちこちで見られるのにねえ…
小花は大好き。ハルディンの「魅惑の小花シリーズ」みたいに商売心丸出しで売られると買う気は失せますが・・・
ヒメツルソバ
↑おまけのヒメツルソバ。綺麗というわけではありませんが、すくすく育ってるので一番良い場所においてます。お外の雑草ですが、大切に持ち帰って、冬も越させた寵愛ものです。

ジュン昭和的なわが家
↑おまけの昭和的なわが家。サクラ、ウメ、マキに囲まれてます。築70年?近くです。母屋は100年以上!!
さ、これからいろいろ飾っていきたいなあ。

買ってしまった

昨日、袖ヶ浦の某花苗屋さんにて購入。
目的は、クリーム色のペチュニア。→ペチュニア

@88円。これだけ買えればいいと思っていたのに、

購入した苗たち
こんなに買ってしまった・・・
せっかくですので紹介させてください。

オレガノ
↑オレガノ@198円:いつか欲しいと前から思っていて購入。根付いてくれればな。

カラジューム
↑カラジューム@248円:どっかで見た葉っぱの形・・そうだサトイモだ!!と思って図鑑を見たら案の定サトイモ科。和名はニシキイモだそうです。

クフェア
↑クフェア@98円:他量販店で@198円で売っていた。お得。

コルジリネ
↑コルジリネ@198円:値段を見て即決。大きめのステキな鉢に入れて、大人の花壇をイメージ。現実離れじゃ!

トレニア
↑トレニア・バイロニー@198円:黄色と紫色のトレニア。高価ですが妙に惹かれて購入。埋もれさせないように注意!

ハツユキカズラ
↑ハツユキカズラ@158円:これも前から欲しかった冬に紅葉する植物。

ハツユキソウ
↑ハツユキソウ@98円:何だか斑入りの葉っぱに惹かれてます。

ヒペリカム
↑ヒペリカム@198円:@600円の大苗を手にして悩んでいたら、小さい安いものがあり、即決。うちの土壌に合えば年を越すし、だめなら大きくても無理でしょう。

マルバストラム
↑マルバストラム@148円:何だかうちの土に合いそうな予感。色合い・葉っぱが妙に気に入りました。

ワイヤープランツ
↑ワイヤープランツ@100円とプミラ@128円。色んな所に茂らしたい。

宿根アサガオ
↑宿根アサガオ@98円:どんな花が咲くのでしょうか?

購入変な葉のアイビー
↑アイビー@198円:変な葉っぱで本日購入分の中で一番気に入りました。

岩ナンテン
↑イワナンテン@198円:大きくなるのかな?

購入多肉さん
↑多肉植物@128円と@98円。:増やしたいです。

気づいたらこんなに・・・
ガーデニングに気持ちが行っちゃってるので、今年の夏は洋服も買ってないし、他のもんで節約してるのでまっいっか!
さ、私の花壇たちは、どこへ向かっていくのでしょうか。

大雨の翌朝の観察

6月22日、夏至だそうですね。太陽が最も北の高い位置で移動するので頭の上を通ってるんだそうです。
新聞を見たら、日出は4時24分、日の入りは18時59分、朝は早く夜は遅く、一年中で昼間がもっとも長いです。

うちのツキミソウも開き始めるのは19時ごろ。ちょうど、太陽が沈んだら開くようにプログラミングされているのかな。でも、23日の大雨の中でも咲いたしな・・・。

24日朝、大雨の後。日差しもでてきていい天気になりそうです。
大雨のあと、お仕事がたくさんありますね。こんなに晴れたら雑草もぐんぐん伸びそうで花壇の草取りもやりたいな。さあお外の観察。風も吹いたあと、タチアオイやツキミソウ、長身のものが結構倒れてました。鉢も落ちてしまってコスモスがもうだめかなあ?ルピナスも折れて、まがってました。 折れたルピナス

新芽はぐんぐん。もうだめかと思っていたマダガスカルジャスミンに葉っぱが出始めた! マダガスカルジャスミン

種をまいた千日紅も花が!
千日紅

挿し芽たち
貧乏性のため、ついつい砂に挿してしまう挿し芽たちも活き活き。そろそろ元気な根っこが出てるものも多そうなので、そろそろ鉢にあげてあげよう。
ルドベキア
青い花が咲くボリジだと思い込んで、今年は葉っぱがへんてこだなあと思ってたら、花芽がたっくさん。黄色い花が咲くルドベキアだったのでびっくり。
ポーチュラカ
昨日まで何もなかったプランターに、3年目のポーチュラカの芽が! 夏中大変お世話になる頂きもののプランターです。雑草だらけになる土手にがんがん挿し芽してあげると2週間くらいで花だらけになります。

大雨の日の次の朝の観察は発見がいっぱい!

ブログ内ガーデン作り

本日、金魚3匹と、タナゴ3匹がそれぞれ入った2つの水槽を洗いました。
このごろ、ブログのことで頭がいっぱい!料理中も牛のウンコ掃除の最中も、いつでもです。今日でブログ開始からちょうど1週間。何か新しいことをやるということは、今までやっていた何かの時間や労力を省いて、調整してそのための時間を作るということですね。みみっちいことを考える時間を削ったのじゃ!ということで、気づいたら
汚い水槽
こんなになってました。かわいそうな金魚。いや、いい感じに藻がくっついて金魚にとっては良い環境だったかも。
洗ってすっきり!綺麗な水槽

そうそう、今の私って、素敵な庭を造るガーデニングじゃなくて、ブログサイトを素敵に見せるべくガーデニングをしてる!!
でもそれがすごく楽しいのです。誰かに見せるべくを目的にガーデニングをする。もちろん、実際足を運んでもらってリアルに植物を楽しむオープンガーデンも憧れますが、これは夢のまた夢です。
オープンガーデンを実現させようと本気で思うと、雑然とした農家という環境では、とてもストレスが多いのです。
*広大な敷地の雑草たち‥雑草を敵にまわすと夜も眠れない。だって、夏の間中、草刈機を朝から晩までもって刈ってもすべてが綺麗になるなんてありえないですもん。この前刈ったところすぐ草ぼうぼうですから。
*いつ使うか分からない古い鋼材やら木材‥農家ではいつ何が起こるか分からない。何かのためにいつかつかえるかも!と捨てられないものがザックザク。
*くもの巣、ハエ、色んな虫たち‥自然が豊かということです。特殊な環境でもありますし。
*膨大な量の牛のウンコ‥お手上げです。
他にも色々とありますが・・・。あ~素敵な庭造りにあこがれるなあという私の欲求不満を見事解決してくれるのがこのブログの更新ですよね。デジカメのフレーム外のものはアップされないのだから、ウンコも雑草も撮らなきゃいい!気に入ったものだけで、綺麗に美しく演出すれば!!だんだんナルシシストな自分にいいのかなあと思いますが、人間、おナルな部分がなくなると、潤いがなくなりますもんね。ま、いいか。
ということで、リアルな現実とかけ離れ、ナルシシズムに満ちた私のガーデニングサイト。(現実的な汚い水槽はのせないで、綺麗なものだけのっけるべきか?)
これからも、よろしくお願いたします。
リアルな裏ブログサイトってのも興味あるんですよね。イノシシの生け捕りネタとか、牛の胃袋手術とか、タランチュラみたいなクモが家にいたりマムシのアルコール付けとかすさまじいハエやUJI・・・結構アウトなネタになりそうな出来事があるんだがなあ・・・

本日の綺麗.

ローダンセRhodanthe↓ローダンセー
種から育てました。発芽率がよく、淡い色の葉っぱもしっかりしていたので有望視していましたが、花の茎がひょろひょろ、もっと力強く咲いて欲しかったです。ドライフラワーにもといいますが、うちのこれではちょっと・・・
ノカンゾウHemerocallis(と思われる)↓ノカンゾウ
綺麗なのにイシニワジャングルで埋もれてます。
埋もれてるノカンゾウ

薔薇カクテルCocktail↓
カクテルアップ

二番花ですがまだあと10個以上つぼみがついてます。さすが四季咲き。カクテル

ツキミソウ2

先日もお伝えしましたが、ツキミソウ(オオマツヨイグサ)は月が出るころ花開く、ということで観察しました。開花の様子、4歳の娘は手をたたいて感動してましたよ。
日中のツキミソウはショボショボ。今晩咲きそうなつぼみ、見当がつきます。↓
日中のツキミソウ

ふっくらしたつぼみがだんだん開いてきます。今日の19時ごろ↓
開きそうツミミソウ

スコンと、風車のような形になる。↓
風車ツキミ草
開きそうツキミソウアップ

スコンと、開いた!↓
開いたツキミソウアップ

ショボショボ状態から、ほんの15分くらいでこんな感じに↓
開花後ツキミソウ全体


一つの花が咲くのにかかる時間は、ほんの30秒~1分ほど。目の前で次々開花していく様子が見られて、感動しました。「あっこれ、あっつぎこれ!!」って、子供は手をたたいて喜んでました。とてもダイナミックで、スコン、スコンと2段階を踏んで開花する様子、毎日の出来事なのですよね、なかなか観察する機会はありませんが。電池も入ってないのに‥生きてるんだなあと改めて思いました。

ミニ花束への道Ⅱ

グラスの花を束ねてみました。第1作目。
花束に
憧れは、おしゃれなお花屋さんにある小さなーブーケです。
自然の光の加減で写真では何だか素敵に見えました。
→同じもの花束にグリーンチェアー


↓同じものを違う場所で
ダリア花束に


★反省★
まいている紙はもっとぺらぺらのものの方がよかったかな。紙の色もイマイチ。茶封筒のような安い紙でラフにまいて、スターバックスのイメージで。お花、どのくらいもつのだろう。実験実験。
※オアシスを小さく切って、花を挿し、ラップとホイルでまいて紙を巻きました。
あ~楽しい!

ミニ花束への道Ⅰ

憧れは、気軽に作るミニブーケbouquet。
お花って、外で土に根ざして咲いている本来の姿がもちろん美しいですが、摘んだ切り花をグラスに挿してお部屋の中に飾ったときのそれぞれの一本一本に、存在感がぐっと出ますよね。不思議に一つ一つが重みを増して、大事に感じられるというか・・・ビオラやらサクラソウ、ミントも、外では群生して一つ一つに注目することなんかないのにね。野草も部屋にラフに飾ると何だか素敵に見えたりして不思議です。
さてさて、私流。外で摘んできたものを、とにかくがしっとグラスに突っ込んで、
全部をグラスに
一番立ち時間の長い台所の水道の前に。根っこが出たとか、この花は持ちがよいとか、花粉が落ちるとか花びらで汚れるとか、そんなことを観察するためには丁度いい。この花たちもこんな所に連れてこられていい迷惑だろうな。
これを人に差し上げることを目的とするには・・・
*バランス*色合い*花のもちのよさ*香り*汚さない・・・要素は色々あるんですよね。自己流で、失敗を逆手に長い道のりを楽しみましょうっと。創ってみて反省する、これで修練致しましょう。(う~ん、フラワーアレンジメント教室に通いたい・・・あ~月謝、子供達の保育のことを考えたら、、自己流でいっか。)
派手なダリア
↑★自己流反省★ダリア4つも使わない方が良かったな。一つの方が綺麗かも
ハルシャギク
↑ダリアをハルシャギクに変えてみた~メインを派手なダリアから野草的なハルシャギクに。他のグリーンには手をつけず。
ハルシャギク
↑上と同じハルシャギク、中の茶色のわっかが大きいもの。バランス悪し
コスモスのグラス
↑コスモスに変えてみた

メインの花が変わるだけで印象が随分違うんですね。

ダリアに夢中

昨年までなんとも思っていなかったダリア。ふとお義母さんの花壇を見ると素敵な花が・・・これは確かダリア??
ダリアローズ花壇

細かい種類はわかりませんが、そういえば毎年この場所に必ず咲いている優秀な花株。なぜか今年の私はこの株に心を奪われました。力強さとか、葉の渋さとか花びらの乾いた感じとか色とか・・・
そんな時に、いつもの八百屋さんに@60円でこれまた素敵な色の可愛いダリアの苗がカラフルに置いてありました。もちろん買って帰りましたよ!
ダリアうすおれんじ
ダリア3人衆

このミニなダリアはお義母さんの花壇のもののようにおおきくなるのかな?
放任主義の栽培方法が(球根の掘り起こしもせず、まったくそのまま)よいのでしょうか。種類が適当なのでしょうか。まったく謎だらけなので、失敗も勉強、とりあえず育ててみましょう。
*疑問点*
ダリアは干からびた山芋のような球根7cmくらいの1つで@400円くらいするのに、私の購入した@60円のミニダリアはどんな存在なのでしょう?やっぱり八百屋さんで売っているものなので、栽培農家のはじいた間引き分のようなものなのでしょうか?

猫咲くプランター

玄関前、少々坂道になってます。本日の様子。
猫咲くプランター

↑猫のお尻の所にはパセリの花。
猫咲くプランター

↑なんか、かわるがわる色んな猫が咲くんですよね~。

今日の坂道


猫ネタは山ほど。後日ご報告いたします。

作成中花壇2

背板完成の図

先日作成した背板です。
背板完成の図

買ってきた板を切る作業もほとんどなく、板の離し具合はテキトウに、インパクトドライバーでの接続作業も板を割りながら!なので、我ながら感心する1時間弱という短時間で完成しました。緑のペンキ塗りも子供が昼寝をしている30分ほど。超簡単背板の完成です。
これの目的は~①とにかくのっぺりした低位置の花壇にメリハリをつけたかった、のと②後ろの雑草畑を隠したかったのです。雑草畑‥それでも昨年までの踏み込めもしなかった雑草ジャングルよりずっと今はすっきりしてますよ!?(そのうちカレンデュラとミントの畑になるでしょう)まあ、隠してもその又後ろは紛れもなく堆肥舎、すなわちウンコ置き場なので私の努力はささやかな幻ですが。

後ろを隠せ!

↑背板の後ろ側。これは立派な花壇じゃ。

五時からフラワーのツキミソウ

ツキミソウ全体

これも手入れいらずで咲き乱れている、ツキミソウevening promroseです。
蛍光色がかったレモン色は軽やかで、夕方から咲き始め、翌日日中にしぼんでしまいます。酪農家の搾乳仕事のパターンは、早朝と、夕方から夜にかけて。
なのでこのツキミソウにエールを送ってもらっているような・・・何だか身近な存在です。夜中、下からライトアップしたら幻想的なんだろうな。
ツキミソウとタチアオイ

↑↓朝、8時ごろです。
ツキミソウのアップ

作成中花壇1

作成途中花壇

造成途中の花壇です。なかなか進みません。背板をつけたりアブチロンを植えたり焼き杭を立てたり・・・構想は色々あるのですがなかなかです。左手H鋼を立て、2mコンクリ土留め板も入れるつもりです。そうすればあと4m花壇が伸ばせる!それで一旦、花壇の作成にメドが付くのですがそれまで気持ちが宙ぶらりんですね。
背板材料

↑この材料で緑色の背板を作りました。後日写真アップします。
以前、だんな様が充電式の簡単充電ドリルを私にプレゼントしてくれました。やったー!最初は嬉しかったのですが、よくよく考えたら“あなたのおままごとDIYには僕は付き合えませんのでどうぞご勝手にやってくださいってことかな?”と。結局それだけでは事足りず、だんな様の充電式12Vのインパクトドライバで板を割りながら造りましたよ。

頑張れ多肉植物達

多肉植物

2年前購入し、管理不行き届きのため、かわいそうな状態にあった多肉さんたち。元気なものはどんどん増え、どうしたらよいでしょう?ということで、何気に禁断の石の上に置きました。ただ置いただけです。ふと見たらなかなか生き生きいい感じです。頑張って!冬にはお引越しか、カバーをしてあげるね。

カスミソウ~最後の一苗

カスミソウラストワン

種から育てた一重の白花カスミソウGypsophila、いよいよ最後の一株になりました。重くて枝垂れてます。秋に種を蒔いて、ブルーのワスレナグサとチューリップとのコラボレーションを楽しみにしてましたが、春になると、草丈が70cm近くにもなり、チューリップを覆い隠すほど。ワスレナグサ?本当に忘れられて影にも見えません、発育不良でした。
うちの環境は特殊です。土も空気も牛糞のエキスが効きすぎるのでしょう。合わない植物はまったく育たず(私の管理にも問題あり)、fitするものはぐんぐん大きくなります。カスミソウも花は1cm以上、これ、ほんとうにカスミソウですか?とよく尋ねられました。あっちこっちがカスミソウのうちの花壇でしたがいよいよ終了です。
5月のカスミソウ

↑5月の様子向こうがカスムようだからカスミソウ

ルピナスとザクロ

ルピナス

ガラガラヘビのようなルピナスLupinus。うちのタチアオイの元気な様子を見て、私の母がここの土はノボリフジやジキタリスみたいな直立ものが合うのでは?とアドバイスをくれ、試しに1株植えてみました。本当に咲くかなと思っていましたが、やっぱり土が合うようです。木の元で半日陰ですがちゃんと咲きました。これは2番花です。もっと沢山植えてみたくなりました。

関連性は何もありませんが後ろにちょっと写っているのはザクロPunica granatumの花です。
ザクロの木

鮮やかな朱色で、つるっとした弾けたピーナッツの先にポピーの花びらがついた感じでなかなか可愛いです。
ザクロの花

朝の一こま~早朝散歩

鶏早朝散歩

うちで唯一残った鶏君。チャボと呼んでます。多いときには7羽もいて卵を産みヒヨコを孵したり、深夜2時に鳴きはじめ、放し飼いでそこらじゅうを好き勝手に歩いていた彼ら。でもここ数年で1羽に減ってしまいました。皆はムジナ(たぬき?)に食われたのだろうと言っています。何だかとってもいとおしい。丹精込めて作った花壇で砂浴びしようが何をしようが許してしまいます。

びわを猿から守れ!

今年はびわが沢山実をつけました。房総のびわといえばちょっとした特産物。しかしうちのたわわに実った果実はニホンザルにほとんど捕られてしまいます。
先日も、朝からキャッキャと声がすると思えばびわの木がわっさわっさと揺れています。ああ、もうやられてしまう!と、最初はドナリ声をあげておいはらっていましたが(食べてもそう美味しくはないが、猿にやられるとなるとやはり悔しい!)何しろ相手は十数匹という数でやって来ます。途中から諦めました。
子供達は諦めきれず、捕獲するため?の虫取り網を片手に猿の番をしてます。
ちなみに、ひいおばあちゃんの畑のトタンの囲いはイノシシよけ。

びわの見張り番

庚申薔薇

コウシンバラR.Chinensis(ロサ・キネンシス)、遠目からとても綺麗です。何の手入れもせず、昔からそこにあったと、おばあちゃんは言っていました。いったいいつからうちに根付いているのでしょう。住まいの裏にひっそりと咲いているんです。四季咲き現代バラのご先祖として有名で春先から寒くなるまでいつ見ても花が咲いてます。中国原産、キネンシスって名前、チャイニーズChineseから来てますね。
庚申バラ


ベッドの横の窓から見えるバラ。余談ですが夏の朝、この窓の網戸にミヤマクワガタや、コクワガタが張り付いていることがあります。


2階から見た庚申バラ

ジュリア

ジュリアが咲きました。
昨年、自分で初めて購入したバラです。今年になって色んな種類の薔薇を目にするようになって改めて考えたらなんて地味な薔薇でしょう。反省も込めて少々冷めた気持ちで開花を待っていました。
いざ咲いてみるとやはりfirst impressionで買ったもの。なかなかいい味出してます。ただ本当に地味なので、うちのごちゃごちゃした花壇のどこに置けばよいのでしょう!完全に埋もれてしまいます。工夫と演出で価値の出る鉢でしょうが。。。とりあえずセピア色のスモークツリーベロペロネと一緒に、夕暮れ時の鑑賞が一番よさそうです。

ジュリア


20070617115554.jpg


ジュリアとスモークツリー

アジサイたち

柏葉アジサイ

柏葉アジサイ見頃です。うちへ来て2年目。昨年は、小さめの花がが3つでしたが、今年は大きく11個。今は鉢に入っていますが地におろそうかどうか。
紅葉もする柏葉の形の葉っぱもシックで花がない時期も十分楽しめるもの。見ごたえもあるので、鉢に入れておけばあっちこっち、好きな場所におけるしなあ。よし、どんどん挿し芽をして増やしていこう。地味ながらも雰囲気が大好き。
柏葉アジサイアップ



アジサイ白
 純白のアジサイ


アジサイ青紫
 青紫。土が成分が微妙にずれているのか、最初はくすんだ感じでした。だんだん深みが出てきて写真よりいい色になってきてます。一雨ごとに色が深まるのですって。

20070617102049.jpg
 ブルー。お墓のところにあります。鮮やかできれいなブルー。

アジサイピンク
 昨年挿し芽で育てたものが3箇所で花を咲かせています。うちの敷地にはピンクのものがないはずなのに、どこのものを挿したか忘れてしまいました。青紫のものなのかな。土の成分で花色が変わるリトマス試験紙のようなアジサイですが、地に植えるとこの鮮やかなピンクではなくなるのでしょうか。

自作花壇第一号~四年目の朝

レイズヘッド

住まいの横の今日の朝の様子です。
ここは嫁に来たときには、鶏たちの砂浴び場でした。夏はあさがおがジャングルに。なので、枕木とレンガを置き、まずは、パンジーから始まりました。今は、うちでは冬にも花咲くアブチロン・メガポタミクムAbutilon megapotamicum(ウキツリボク)と、チェリーセージCherry sage、ユーリオプスデージーEuryops pectinatus等手のかからないものを植えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。