農家でチーズを。。 

南房総の真中で最近はもっぱらチーズ作りに励んでいます。

カテゴリー "切り花たち" の記事

ミニ花束への道Ⅱ

グラスの花を束ねてみました。第1作目。
花束に
憧れは、おしゃれなお花屋さんにある小さなーブーケです。
自然の光の加減で写真では何だか素敵に見えました。
→同じもの花束にグリーンチェアー


↓同じものを違う場所で
ダリア花束に


★反省★
まいている紙はもっとぺらぺらのものの方がよかったかな。紙の色もイマイチ。茶封筒のような安い紙でラフにまいて、スターバックスのイメージで。お花、どのくらいもつのだろう。実験実験。
※オアシスを小さく切って、花を挿し、ラップとホイルでまいて紙を巻きました。
あ~楽しい!
スポンサーサイト

ミニ花束への道Ⅰ

憧れは、気軽に作るミニブーケbouquet。
お花って、外で土に根ざして咲いている本来の姿がもちろん美しいですが、摘んだ切り花をグラスに挿してお部屋の中に飾ったときのそれぞれの一本一本に、存在感がぐっと出ますよね。不思議に一つ一つが重みを増して、大事に感じられるというか・・・ビオラやらサクラソウ、ミントも、外では群生して一つ一つに注目することなんかないのにね。野草も部屋にラフに飾ると何だか素敵に見えたりして不思議です。
さてさて、私流。外で摘んできたものを、とにかくがしっとグラスに突っ込んで、
全部をグラスに
一番立ち時間の長い台所の水道の前に。根っこが出たとか、この花は持ちがよいとか、花粉が落ちるとか花びらで汚れるとか、そんなことを観察するためには丁度いい。この花たちもこんな所に連れてこられていい迷惑だろうな。
これを人に差し上げることを目的とするには・・・
*バランス*色合い*花のもちのよさ*香り*汚さない・・・要素は色々あるんですよね。自己流で、失敗を逆手に長い道のりを楽しみましょうっと。創ってみて反省する、これで修練致しましょう。(う~ん、フラワーアレンジメント教室に通いたい・・・あ~月謝、子供達の保育のことを考えたら、、自己流でいっか。)
派手なダリア
↑★自己流反省★ダリア4つも使わない方が良かったな。一つの方が綺麗かも
ハルシャギク
↑ダリアをハルシャギクに変えてみた~メインを派手なダリアから野草的なハルシャギクに。他のグリーンには手をつけず。
ハルシャギク
↑上と同じハルシャギク、中の茶色のわっかが大きいもの。バランス悪し
コスモスのグラス
↑コスモスに変えてみた

メインの花が変わるだけで印象が随分違うんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。